最新入試情報

【東京都】2020年度から年収910万円未満の世帯で私立高校授業料は実質無償に!

私立高校生には、公立高校生と同様、年収目安910万円未満の世帯を対象に、国からの就学支援金制度があります。この就学支援金が、2020年度より引き上げられることがすでに発表されていますが、上乗せ部分にあたる東京都独自の「私⽴⾼等学校等特別奨学⾦」について、概要が発表されました。

【東京都】2020年度から年収910万円未満の世帯で私立高校授業料は実質無償に!

年収目安910万円未満の世帯まで授業料最大46.1万円の支援

東京都では、「私⽴⾼等学校等特別奨学⾦」によって、年収目安910万円未満の世帯まで授業料の実質無償化の対象を拡大します。

これまでの対象は、年収目安760万円未満の世帯まででしたが、今回の東京都独自の上乗せ額の拡大により、共働き世帯などでも無償化の対象になる世帯が増えることになりそうです。

また、国の就学支援金は、全国私学の平均授業料を勘案した額(39万6千円)までの支給となりますが、東京都の上積み分も合わせて、都内私学の平均額(46万1千円)が上限となります。

2020年度からの国の就学支援金制度と東京都の「私⽴⾼等学校等特別奨学金」

詳細は、東京都私学財団「私立高等学校等授業料軽減助成金事業」でご確認ください。

子どもが3人以上いる世帯は年収に関わらず授業料の負担軽減を実施

さらに東京都では、2020年度から、23歳未満の子どもが3人以上いる世帯に対し、世帯年収にかかわらず、公立高校の授業料の半額相当(59,400円が上限)が「私⽴⾼等学校等特別奨学⾦」として支援されます。

また、住民税非課税世帯および年収目安約380万円までの世帯には、東京都立産業技術高等専門学校(産業技術高専)への入学金も減免されるようになります。

東京都内私立高校の授業料・入学金・施設費

東京都の調査によれば、2020年度の都内私立高校の授業料などの平均額は以下の通りです。

東京都内私立高校の各費用の平均額
授業料 入学金 施設費 その他
466,708円 251,637円 41,049円 174,645円
初年度納付金(総額) 934,038円

都内にある私立高校の約7割は、授業料がこの平均よりも安いので、世帯年収目安が910万円未満であれば、授業料の実質負担は0円となります。

<高校入試情報サイト>では、東京都をはじめとした全国の私立高校の授業料・入学金などの学費、延納制度の内容について掲載しています。

私立高校を受験する場合、「入学手続き時納入金」の支払いを、公立高校の合格発表後まで待ってもらえる延納制度の有無も重要です。
気になる高校の学費、延納制度を確認しておきましょう。

授業料以外にかかる費用にも注意

高校では、制服代、教科書代、PTA会費、修学旅行のための積立金、部活動などの費用もかさみます。これらについても、高校のWebサイトや募集要項、学校説明会などでしっかり確認しておきたいポイントです。

授業料以外の費用も、保護者の所得によっては、奨学給付金の支給を受けられる場合があります。詳細条件などは、東京都生活文化局のWebサイトでご確認ください。

この記事を書いた人

東京都<br>入試分析担当

東京都
入試分析担当

進研ゼミ『中学講座』

東京都の高校入試分析を担当しています。進研ゼミのサービスをフル活用して志望校に合格できるよう、受験生と保護者に役立つ情報を提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(東京都)

特集

過去の高校受験ニュース(東京都)

無料体験教材のお申し込み ×