特集

高校受験:志望校はいつまでにどうやって決める?

志望校はいつまでに、どうやって決めればいいのか。毎年受験生から多くいただく質問です。先輩たちの体験談、アンケートから志望校決定について見てみましょう。

高校受験:志望校はいつまでにどうやって決める?

志望校はいつまでに決める?

最終的に受験校を決めるのは、12月ごろの三者面談までですが、秋から志望校対策を始めるためには、どんな学科に行きたいか、公立・私立どちらにするかは夏の間には決めておきたいところです。

高校受験での志望校は早めに決めることが望ましいです。志望校が決まることによって、具体的な目標が設定でき、ゴールまでの実力アップの対策が明確になるからです。めざす高校に合格するために「内申点はあといくつ上げるべき?」「学力検査では何点必要?」ということを早めに知ることによって対策が立てられるのです。

まだ志望校が絞り込めていなくても、高校のWebサイトでどんなことが学べる高校・学科なのかを調べたり、先輩の体験談を読んだりして、気になる高校を少しずつ洗い出しておきしょう。

いつごろから志望校を探し始めた?

高校に合格した先輩の3人に1人は、中3になる前から志望校を探し始めていたようです。時間に余裕がある中1や中2のうちから高校探しを始め、仮でも目標とする高校が見つかれば、意識が高まって学習へのモチベーションもアップします。
機会があれば、中1や中2のうちからオープンスクールなどに参加してみるのがおすすめです。

何を決め手に志望校を決める?

志望校の決め手は、さまざまですが、自分の実力に合っていることや、卒業後の進路から逆算して決めたりする先輩が多いです。
また、部活動や勉強する内容、高校の雰囲気、環境など、充実した高校生活を送ることを重視して志望校を選ぶ先輩も多いです。

何を決め手に志望校を決めた?

説明会や体験談をヒントに志望校を決めよう

やりたい部活動はあるか、気の合う友達はできそうか。充実した高校生活を送るためには、細かい部分のチェックも必要です。先輩たちは、高校見学で、施設・環境、授業内容、肌で感じる雰囲気、大学進学率など、さまざまなポイントを納得いくまでチェックし、総合的に判断しています。

進研ゼミ<高校入試情報サイト>の「先輩体験談」では、パソコンやスマホで気になる高校の先輩体験談を読むことができます。

新型コロナウイルス感染症の影響で、高校見学や説明会を中止、延期する高校も多くなっています。また、今後もいつ新型コロナウイルス感染症の第二波、第三波が訪れるかもしれません。
おうちで先輩体験談を読んで、秋冬の説明会に備え、志望校を絞り込んでおくことが大切になってくるかと思います。進研ゼミ<高校入試情報サイト>をご活用ください。

オンラインの高校入試説明会も積極的に活用を

新型コロナウイルス感染症の影響で、夏の高校見学会を実施しないところも多くなっています。オンラインで高校入試説明会を開催しているところもありますので、興味のある高校はぜひ参加してみましょう。

この記事を書いた人

高校入試情報担当

高校入試情報担当

進研ゼミ『中学講座』

高校入試を取り巻くさまざまな情報、役立つ情報を「プロの視点」から発信していきます。

この記事は役に立ちましたか?

特集

最新入試情報

無料体験教材のお申し込み ×