栃木県の高校入試情報
入試日程 入試制度 内申書 学区 出題傾向分析と対策

栃木県 入試データ

栃木県 公立高校入試日程 (2023年度/令和5年度)

特色選抜

出願受付日 2023年2月1日(水)〜2月2日(木)
検査日 2023年2月8日(水) ・2月9日(木)※
内定通知日 2023年2月14日(火)
備考 ※1日で行う場合は2/8に実施

一般選抜

出願受付日 2023年2月20日(月)〜2月21日(火)
志願変更日 2023年2月24日(金)、2月27日(月)
検査日 2023年3月8日(水)
合格発表日 2023年3月14日(火)
備考 受検票交付期間:2/28~3/1

栃木県 公立高校 調査書(内申書) (2022年度/令和4年度)

中一から中三までの成績が評価の対象となり、9教科を5段階で評定します。その際、中三の成績は年間を見通して評価します。一般選抜では、中一から中三までの9教科の評定合計を点数化(500点満点)し、各高校・学科(系・科)が定めた学力検査点と「各教科の学習の記録」の評定(内申点)の比重に基づいて選抜します。

一般選抜での「各教科の学習の記録」の評定(内申点)の内訳
中一中二中三
9教科×5段階評定
=45点満点
9教科×5段階評定
=45点満点
9教科×5段階評定
=45点満点

栃木県 公立高校入試 特色選抜 (2022年度/令和4年度)

特色選抜は全日制課程のすべての高校が実施します。募集枠は定員の30%程度が上限のところが多く、高校・学科(系・科)ごとに割合は異なります。出願は1人1校、1学科(系・科)に限ります。中学校長の推薦は必要ありませんが、各高校・学科(系・科)が求める「資格要件」を満たす人が出願できます。
学力検査は行わず、合否は調査書(内申書)、特色選抜志願理由書、面接(全員)、各高校が選択して実施する作文・小論文、学校独自検査などから総合的に判定します。学校独自検査は高校ごとに独自に設定した検査で、学校作成問題、口頭試問、実技などです。2022年度は、学校独自検査として2校が学校作成問題を実施します。

栃木県 公立高校入試 一般選抜 (2022年度/令和4年度)

一般選抜は全日制課程のすべての高校※が実施します。合否判定は学力検査(5教科500点満点)と調査書(内申書)、高校によっては面接や実技検査などの結果をあわせて行います。学力検査点:「各教科の学習の記録」の評定(内申点)の比重はほとんどの高校が「各教科の学習の記録」の評定(内申点)よりも学力検査点の比重を高く設定し9:1、8:2、7:3、6:4、5:5の範囲で実施します。
選抜は2段階で行われ、第1次審議で学力検査点と「各教科の学習の記録」の評定(内申点)を各高校の比重で計算し、その合計が定員(定員に満たない場合は受検者)の上位80%以内の人を原則として合格とします。第2次審議では面接・実技検査(実施校のみ)なども総合的に考慮して残りの合格者を決定します。学力検査で傾斜配点や配点の増減を実施する高校・学科もあります。

※宇都宮東高校は特色選抜の合格者が定員の100%に達した場合、一般選抜を行わない場合があります。

栃木県 公立高校入試 出題傾向分析と対策 (2022年度/令和4年度)

英語
傾向1
長文読解が大問5問中3問も出る!
対策
問題が多く、長さも約450語の長文が出ますから、スピードを意識して解く練習をしていきましょう。栃木県の長文読解は、出る形式が毎年ほぼ同じです。その形式の解き方をおさえることが重要です。
傾向2
与えられたテーマについて5文程度で書く英作文が出る!
対策
栃木県では「与えられたテーマについて書く問題」が例年出ています。長い英文を書くコツは、自分の知っている表現で答えることです。
数学
傾向1
記述式の 「図形の証明問題」 が出る!
対策
例年出ている重要問題です。記述式ですから、しっかりと書く練習をしましょう。わからなかったら一度答えを見て流れをつかんでから、もう一度自力で証明を書いてみましょう。
傾向2
「方程式の文章題」 が出る!
対策
例年出ているので注意が必要です。文章の読み取りでつまずかないように、問題文に下線を引きながら読みましょう。問題文から等しいものを見つけて式に表す練習をしましょう。
国語
傾向1
読解、国語知識など幅広く出る!
対策
基本的な読解力や知識が求められていますから、様々な問題に取り組んで点を取れるようになりましょう。
傾向2
300字の「テーマを与えられて書く作文」が出る!
対策
長い字数を書く必要のある作文は、与えられた素材からどう自分の意見に結び付けるかがポイントです。点を取りきるためのテクニックを身につけましょう。
理科
傾向1
「物体の運動」が出やすい!
対策
特に、「台車を使った実験」や「エネルギーの移り変わり」の問題が出やすいです。物体にはたらく力と運動のようすを理解して、台車の速さや距離の変化のしかたを考えましょう。
傾向2
「地震・火山」が出やすい!
対策
特に、「地震の波のグラフの読み取り」の問題や「火山の種類とその特徴」を問う問題が出やすいです。初期微動継続時間や地震の波の速さ、震源からの距離の求め方をおさえましょう。
社会
傾向1
差がつきやすい、資料を読みとり文章で記述する問題が出る!
対策
資料の読みとりや記述する問題をたくさん解いて慣れることが大切です。答え合わせをして解き方を理解することを繰り返せば、入試本番までに必ず解けるようになります。
傾向2
ただの暗記では解けない、歴史の並べ替え問題が出る!
対策
一つひとつのできごとを、ただ暗記するだけでは並べ替え問題を解くことはできません。なぜそのできごとがおこったのか、理由とあわせて暗記を進めることが重要です。

最新入試情報(栃木県)

特集

過去の高校受験ニュース(栃木県)

無料体験教材のお申し込み ×