特集

高校入試の過去問はいつから始めればいい?

高校入試の受験勉強で欠かせないのが、実際に出題された入試問題に取り組む過去問演習。効率よく合格に近づいていくために、「いつから過去問を解き始めるのがベストか」をご紹介します。

高校入試の過去問はいつから始めればいい?

過去問は9月後半からスタート!

過去問に取り組み始めた時期

高校入試の過去問に取り組み始める時期は、9月後半からがオススメです。高校生の先輩たちも、「9~10月に始めた」という人が少なくありません。

過去問を解く1番の目的は「ニガテ発見」

そもそも、過去問を解く目的って何?

そもそも、過去問を解く目的って何?

「9月後半から」と聞くと、「問題形式に慣れたり、力試しをすることが目的なら、もっと入試が近づいてからでいいのでは?」と考える人がいるかもしれません。
もちろんそれも過去問演習の大切な目的です。でも、もっと大事な目的があるのです。それは「ニガテをあぶり出す」こと。「解けない問題」イコール自分の弱点なので、そこから復習することで、ニガテをつぶしながら入試本番の得点力をどんどん伸ばしていけるのです。逆に考えると、入試直前まで過去問を解かないままだと、自分のニガテを発見する時期が遅れて、弱点克服の時間が足りなくなってしまう不安もあります。
さらに、過去問は解き直しをすることも大切。入試直前だとその時間も取れなくなってしまうので、早い時期に始めるのが正解です。

秋から過去問を始めた先輩の体験談

秋からは、学校の先生に過去問をコピーしてもらって、どんな問題が出るのかチェックを始めました。
(北海道・札幌旭丘高校 I先輩)

過去問を解き始めたのは秋から。まずは入試問題に慣れるところからスタート!
(茨城県・土浦第二高校 T先輩)

入試本番まで勉強に使える時間は意外と少ない!

受験対策に使える時間は意外と少ない!

また、高校入試本番までには時間がありそうな気がしますが、定期テストや模試、学校説明会などたくさんのイベントがあります。これらの時間を差し引くと、受験勉強に使える時間は、意外と限られているのです。
だから、次の定期テストまで時間がある9月後半から、「まだ早い」と思わずに、少しずつ過去問を解き始めましょう。この時期からの頑張りが、合格への大きな力になります。

ただし、9月後半の時点ではまだ習っていない範囲も多く、過去問の中でも解けない問題がたくさんあるはず。そこは飛ばしてよいので、習ったところからどんどん進めておきましょう。

併願校対策にも過去問は有効

2021年度入試では、新型コロナウイルス感染拡大の影響で都道府県により、公立高校入試の出題範囲の一部が削減されました。今後もさまざまな要因により、同様の状況になることも考えられます。
しかし、公立高校入試で出題範囲が削減された場合でも、併願する私立高校や国立高校で出題される可能性があるので要注意。特に英語・数学・国語は、基本的には全範囲の過去問を解いてみましょう。理科・社会も、私立を5教科受験する場合を想定して、まんべんなく過去問演習に取り組むことをオススメします。

過去問は「今から」が始めどき!

過去問は「今から」が始めどき!

「過去問は、すべての範囲を習い終わった冬から」と考えていると、解き始めるのが1月を過ぎてしまい、対策に十分な時間がとれなくなる可能性もあります。9月後半以降ならいつでも、「今から」が始めどき。まずは解けない問題は気にせず、できるところから進めていきましょう。

この記事を書いた人

高校入試情報担当

高校入試情報担当

進研ゼミ『中学講座』

高校入試を取り巻くさまざまな情報、役立つ情報を「プロの視点」から発信していきます。

この記事は役に立ちましたか?

特集

最新入試情報

無料体験教材のお申し込み ×