特集

【高校選び】農業高校・農業系学科の特徴と魅力

農業系の専門学科が設置されている高校では、園芸系、畜産・動物系、食品系、環境系など、さまざまな農業分野の知識や技術を重点的に身につけることができます。農業のスペシャリストをめざして、どのように取り組んでいるのでしょうか。その特徴や魅力をご紹介します。

【高校選び】農業高校・農業系学科の特徴と魅力

農業系の教育に力を入れている高校・学科の最近の特徴は?

農業高校・園芸高校などでは、園芸系、畜産・動物系、食品系、環境系などの学科が設置されています。将来農業をやりたい人、草花や果樹の栽培技術を学びたい人、家畜やペットなどの動物と触れ合うことが好きな人、ジャムや味噌、缶詰などの加工食品の製造技術を学びたい人、都市の環境づくりや土木、林業に興味がある人など、さまざまな興味・関心や夢に合った学科が用意されています。

植物バイオテクノロジー、食品の安全、都市園芸、フラワーアレンジなど、最近の社会のニーズに対応した内容を学べる高校・学科もあります。それぞれ、自分の選んだ分野の基礎的な知識や技術などを学んだり、さまざまな資格を取得したりして、直接将来につなげていけることが農業系学科の魅力です。

農業系学科:たとえばこんな時間割!

農業系の教育に力を入れている高校では、どんなことが学べる?

具体的にはどんな取り組みをしているのか、例をご紹介します。

それぞれの分野について、専門的な知識・技術が身につけられる!

たとえば園芸系の学科では草花・野菜・果樹などの栽培技術や植物バイオテクノロジーによる植物組織培養技術を、畜産・動物系の学科では乳牛、ブタ、鶏などの飼育管理技術を、食品系の学科ではお菓子やソース・缶詰などの食品加工・製造技術を、環境系の学科では緑を育て暮らしに役立てる知識や技術を学びます。さまざまな分野で実際に役立つ専門的な知識と技術を身につけることができます。

将来の職業に役立つ資格取得をめざすことができる!

日本農業技術検定、毒物劇物取扱責任者、食品衛生責任者、ボイラー取扱者、測量士・測量士補、園芸装飾技能士、造園技能検定、小型車両系建設機械運転、食生活アドバイザーなど、それぞれの分野で将来活用できる資格取得をめざすことができます。

実習や実験の授業が多く、豊富な体験をすることができる!

敷地内に農地や果樹園、畜舎などの設備が整っている高校も多く、授業のなかで草花栽培実習、果樹実習、畜産実習、食品加工実習、造園実習、施工実習など、実際に作業体験をしながら、知識や技術をしっかりと身につけていくことができます。

農業系の教育に力を入れている高校・学科の卒業生の進路は?

2019年度は、卒業生のうち、就職した人が約53.7%、大学・短大進学者が約14.1%、専門学校進学者が約26.0%となっており、就職する人がやや多い傾向です。おもな就職先は、製造業、卸売業・小売業、サービス業などとなっています。(文部科学省「学校基本調査」(2019年3月卒業者)から作成。)

実際に通っている先輩のナマの声をご紹介!

実際に農業系の高校・学科に通っている先輩たちが書いてくれた「高校大自慢」をご紹介します。農業系の高校・学科ならではの魅力をチェックしましょう。

先輩体験談
栃木県 宇都宮白楊高校 農業経営科
なぁちゃん先輩

県内でも珍しい馬術部があり、優秀な成績をおさめているよ!文化部運動部ともに一生懸命頑張っているよ。また、専門教科の勉強もかなり充実していて、資格はもちろん、主に農業などの授業も受けられる。また学校専用の農場があり、かわいい動物たちもいるよ。中学には無かった山岳部、弓道部などの部活もあるよ。先生たちも親身になってくれる。とっても楽しい学校です!(2019年度情報)

沖縄県 中部農林高校 食品科学科
ヤマイカ先輩

実際に自分たちで野菜を育てたりする、研究やプロジェクトなど、積極的に活動に参加している人も多い。普通高校では取れない資格も多く取れるらしい!講座も頻繁に開いてくれて勉強しやすい空間がある。「中農マナトレ」といった、社会に出た時に必要な挨拶や声出しを日常的に取り入れたりしているので、社会に出ても大丈夫な必要な情報やマナーを学ぶことができる。(2019年度情報)

※進研ゼミ<高校入試情報サイト>「先輩体験談より。最新の情報は各高校のWebサイトなどでご確認ください。

農林水産系の学科がある高校を検索してみよう!

<高校入試情報サイト>では、農林水産系の学科がある高校の情報と先輩体験談を検索することができます。興味のある高校の先輩体験談を読んで、志望校選びにご活用ください。

この記事を書いた人

高校入試情報担当

高校入試情報担当

進研ゼミ『中学講座』

高校入試を取り巻くさまざまな情報、役立つ情報を「プロの視点」から発信していきます。

この記事は役に立ちましたか?

特集

最新入試情報

無料体験教材のお申し込み ×