特集

併願校の過去問はいつから、何年分やればいい?

例えば公立校が第一志望の場合、併願する私立校の受験対策は過去問演習が中心になります。では、その過去問は、いつ頃から、どのくらいの分量解けばよいでしょうか? 迷っている人のために、併願校の過去問を「いつから・何年分」やればいいのか、めやすをご紹介します。

併願校の過去問はいつから、何年分やればいい?

冬休みから始めるのが一般的

入試日程にもよりますが、併願校の過去問に取り組み始める時期は、冬休みからが一般的です。それまでは、定期テスト対策や第一志望校の過去問演習に忙しく、「併願対策にまで手が回らない」という人が多いでしょう。ただし、地域・学校によっては冬休み明け直後に入学試験が行われる場合もあります。直前からだと問題形式に慣れるのが難しいので、できれば試験日の1か月前からは併願校の過去問を少しずつ解き始めましょう。

併願校の過去問でも3年分は取り組む

併願校であっても、過去問は3年分は取り組むのがオススメ。「第一志望校じゃないし、過去問は1年分で十分」と思う人もいるかもしれませんが、直近1年分だけだと、急に出題傾向が変わったときにあわててしまいます。最低でも3年分は解いて、いろいろな問題のパターンに慣れておくと安心です。

1回目はノート、2回目からは問題用紙を使って解く

本命校でも併願校でも、過去問の取り組み方は同じです。1回目に解くときはノートに、2回目からはコピーした問題用紙に解くやり方がオススメ。1回目に解いて間違えた問題は、何回も解き直して確実に解けるようにしておきましょう。

先輩の併願校過去問体験談

併願私立校の入試が1月だったので、冬休みはお正月返上で過去問を繰り返し解きました。数学の応用問題が意外に難しくて、「やってよかった!」と思いました。
(鳥取県・米子西高校 KBT先輩)

併願私立校の入試が1月だったので、冬休みはお正月返上で過去問を繰り返し解きました。数学の応用問題が意外に難しくて、「やってよかった!」と思いました。
(鳥取県・米子西高校 KBT先輩)

併願校受験だけでなく第一志望校対策にも役立つ

第一志望校の対策で手一杯という人や、自分の学力レベルからみて安全圏の高校を併願する人は、「あくまでも併願だし、過去問を解く必要はないんじゃないの?」と考えるかもしれません。特に、併願優遇制度などを利用するならなおさらでしょう。
しかし、併願校の過去問とはいっても、出題形式・傾向は第一志望校とある程度は似ているもの。つまり、併願校の対策をすることでニガテをつぶしたり、実戦に慣れたりできるので、志望校の対策に直結することになるのです。さらに、私立校や国立校の場合、公立と違って出題範囲の削減が行われない場合もあり、高校学習に必要な内容を復習できるメリットもあります。積極的に取り組んで、併願対策と本命校対策をバランスよく進めていきましょう。

この記事を書いた人

高校入試情報担当

高校入試情報担当

進研ゼミ『中学講座』

高校入試を取り巻くさまざまな情報、役立つ情報を「プロの視点」から発信していきます。

この記事は役に立ちましたか?

特集

最新入試情報

無料体験教材のお申し込み ×