特集

新しい観点別評価について【前編】

新しい観点別評価について【前編】

令和3年度から中学校において新しい学習指導要領が全面実施となりました。これにより学習評価のしくみも変更になり、「観点別学習状況の評価(以下、観点別評価)」の観点が「知識・技能」、「思考・判断・表現」、「主体的に学習に取り組む態度」の3つに整理されています。新しい学習指導要領においては、各教科の目標や内容を「知識・技能」、「思考・判断・表現」、「学びに向かう力、人間性等」といった資質・能力についての三つの柱で再整理しており、構造的には、資質・能力の三つの柱を3つの観点で評価するといったわかりやすい形になったといえるでしょう。(ただし、「学びに向かう力、人間性等」については、「主体的に学習に取り組む態度」として観点別評価で見取ることができる部分と、例えば感性や思いやりのように観点別評価や評定にはなじまない部分があるため、後者は個人内評価として一人一人のよい点や可能性などが評価されることになります。)
今回は新しい観点別評価について、【前編】では考え方を、【後編】では具体的な実践方法について述べていきたいと思います。

新しい3つの「観点」とは?

資料-1の(A)はこれまでの観点と比較したものです。「知識・技能」と「思考・判断・表現」はこれまでの観点の中にも存在していた語ですが、「主体的に学習に取り組む態度」についてはまったく新しい語が使われているため、「これまでは存在しなかった何か新しい観点が登場したのか?」と思われる保護者の方もいらっしゃるかもしれません。まずは「主体的に学習に取り組む態度」とは何か、についてご説明したいと思います。

資料-1 観点別評価・・令和3年度からの変更点

「主体的に学習に取り組む態度」とは何か?

まず押さえておきたいのは、「主体的に学習に取り組む態度」の観点は、従来の「関心・意欲・態度」の観点と本来の趣旨は同じ、ということです。ただし、これまでの「関心・意欲・態度」の観点については、授業における挙手の回数や毎時間ノートをとっているかなど、性格や行動面の傾向が一時的に表出された場面をとらえる評価であるような誤解も(一部では)あったことが指摘されており、こういった誤解を払拭するためにも、今一度趣旨を明確にするという意味も込めて「主体的に学習に取り組む態度」と改められたわけです。

資料-1の(B)は、「主体的に学習に取り組む態度」の評価について述べられたものですが、ここでは中学生が知識や技能を獲得したり、思考力,判断力,表現力等を身に付けたりすることに向けて粘り強い取り組みを行おうとする側面と、自らの学習を調整しようとする側面の二つの側面から評価することを求めています。
ここでいう「学習を調整する」とは、子供たちが自分の学習の目標を持ち、進め方を見直しながら学習を進め、その過程を評価して新たな学習につなげるということです。要するに、自分の学習をより良くする(改善する)ために、さまざまな試行錯誤を繰り返していく取り組みが大切であるということですね。このことは従来から重視されてきたものですが、今回の「主体的に学習に取り組む態度」は、こういった趣旨をより強調したものとなるわけです。

3つの観点は相互に関連している

さて、ここまで「主体的に学習に取り組む態度」についての趣旨についてお伝えしてきましたが、ここで大事なポイントがあります。それは「主体的に学習に取り組む態度」の評価は、「知識・技能」の評価や「思考・判断・表現」の評価と無関係ではないということです。
前述の通り「粘り強い取り組み」やその中での「学習の調整」は、「知識・技能」や「思考力・判断力・表現力」を身に付けることを目的にしています。つまり、「主体的に学習に取り組む態度」は、ある特定の事象(例:ノートがきれいだ)だけを取り上げて評価するものではなく、その取り組みが「知識・技能」の獲得や「思考力・判断力・表現力」を身に付けることにどう関わっているのかということが重要になってくるわけです。
教科学習の基礎である「知識・技能」がベースになり、それを活用した「思考・判断・表現」、そしてこれらの力をしっかり身に付けるための学習を進化させる取り組みが「主体的に学習に取り組む態度」といった具合に、3つの観点は相互に関わりあっています。
学習活動を主体にしても同じことが言えます。中学校では毎日さまざまな学習活動が行われていますが、一つの活動が一つの観点だけの評価になるとは限りません。

資料-2は学習活動と観点との関係を例示したものですが、定期テストで高得点を取ったから、即どこかの観点がAになるといった単純なものでもないということがわかると思います。(教科や先生によって評価方法や配点は異なります。)

資料-2 3つの箱に貯金をためていくイメージ

3つの観点は社会に出て必要とされる力をまとめたもの

確かに「学習の調整」は中学生にとってはなかなか難しいことかもしれません。しかし社会で生きていく上ではとても大切な本質であることも事実です。
3つの観点は、社会に出て必要となる力をまとめたものですから、私はよく子どもたちの評価の観点を仕事に置き換えて考えるようにしています。
どんな仕事でもその仕事で必要な「知識・技能」は存在します。しかし、知識だけ、技能だけで仕事が成り立つわけではない。業務の知識をもとにたくさんの資料やデータから真に必要なことを考えたり、時期やターゲットから優先順位を判断したり、それをメールや文書、あるいはプレゼンという場を使って顧客や上司にわかりやすく表現したりすること、つまり「思考・判断・表現」の力が求められているわけです。

しかし、仕事も常にうまくいくとは限らず、時には失敗することもあることでしょう。なぜあの仕事は失敗したのか、どうすれば良かったのか、を明らかにし、次の行動を確実に変えていくこと。つまり、自分の「仕事」をより良い状態にしていくこと、そして、試行錯誤を繰り返しながら成功に向けて粘り強く取り組むこと、これが「主体的に『仕事』に取り組む態度」と私はとらえています。ただ、こういった力はすぐに身に付くものではないので、小学生・中学生のうちから少しずつ鍛えていく…ととらえるとわかりやすくなると思います。
もちろん、一人で考えていてもなかなか前に進まないこともあるので、中学校の先生の助言をしっかり聞くことや、ご家庭でもときどき「自分の学習をより良くしていく取り組みは何か」確認をしてあげることが必要です。

次回は【後編】として、具体的な実践方法についていくつかの例を挙げながらお伝えしていきたいと思います。

この記事を書いた人

浅野 剛

あさの たけし

浅野 剛

進研ゼミ 高校受験総合情報センター センター長

元大手進学塾高校入試担当部長、入試情報統括を歴任。30年以上にわたって受験指導を行い、多数の生徒を志望校に合格させてきた高校受験のエキスパート。現在は、中学生・保護者向け入試説明会の講演をはじめ、中学校での進路講演なども担当。

この記事は役に立ちましたか?

特集

最新入試情報

無料体験教材のお申し込み ×