特集

「内申書」「内申点」とは?高校受験のプロが解説!

高校入試に影響する中学の「内申書」「内申点」とはどういうものなのか、わかりやすく解説します。
※ここでは調査書などを、「内申書」と表現しています。

「内申書」「内申点」とは?高校受験のプロが解説!

「内申書」(調査書)とは?

「内申書」は正式には「調査書」などと呼ばれ、各教科の成績をはじめ、学級・生徒会の委員経験、学校行事での活動状況、部活動や学校内外での活動実績、出欠日数など、学校生活全般について記録したものです。

高校受験では、合否を判定する際の重要な資料で、公立高校の一般入試、推薦入試、また私立高校入試でも、出願時に必要な書類の一つです。

「内申点」とは?

「内申点」とは、おもに「内申書」に記載された各教科の評定を各都道府県が定めた計算方法で点数化したもので、入試の合否判定では学力検査の点数とともに重視されるものです。

高校入試において「内申点」が重視される割合は、都道府県によって異なりますが、学力検査点と「内申点」の両方で選抜される入試では、できるだけ高い「内申点」を取っておくことが有利になります。

各教科の評定は「観点別学習状況」の評価の合計で決まる

「内申書」(調査書)に記入される各教科評定は、学習成績や意欲などを細かく評価した「観点別学習状況」にもとづいて決まります。

教科ごとに観点が4項目(国語は5項目)あり、それぞれを「A」「B」「C」の3段階で評価したものを点数化し、その合計点により、「5」「4」「3」「2」「1」の5段階の評定が決まります。

「観点別学習状況」の評価と評定(例)
教科観点別学習状況評価評定
国語国語への関心・意欲・態度
話す・聞く能力
書く能力
読む能力
言語についての知識・理解・技能
社会社会的事象への関心・意欲・態度
社会的な思考・判断・表現
資料活用の技能
社会的事象についての知識・理解
数学数学への関心・意欲・態度
数学的な見方や考え方
数学的な技能
数量や図形などについての知識・理解
理科自然事象への関心・意欲・態度
科学的な思考・表現
観察・実験の技能
自然事象についての知識・理解
外国語(英語)関心・意欲・態度
外国語表現の能力
外国語理解の能力
言語や文化についての知識・理解
観点別評価の区分
「十分満足できる」状況と判断されるもの
「おおむね満足できる」状況と判断されるもの
「努力を要する」状況と判断されるもの

「観点別学習状況」の詳細を知って対策につなげる

では、この「観点別学習状況」の評価は、どのようにして決まるのでしょうか。

これは、各観点について、それぞれ何をもとに評価するか(学習シーン)が細かく決まっています。

数学の観点別評価と学習シーンの例
観点学習シーン
定期テスト授業提出物
数学への関心・意欲・態度-
数学的な見方や考え方-
数学的な技能-
数量や図形などについての知識・理解-

※◎、○、△の順に重視することを示します。
※どの観点がどのシーンでより評価されるのかは、学校ごと、教科ごとに異なります。あくまで目安で一例です。

定期テスト以外にも、授業態度や、提出したノート、忘れ物の有無などさまざまな場面が評価されます。教科によって異なるので、漢字テスト、英単語テスト、理科実験後のレポートなど、教科ごとに特色のあるものが、どの観点に含まれるのかも知っておくと役に立ちます。

美術や保健体育技能の観点が重みづけ評価されることもある

「観点別評価」から評定を決める際に、「重みづけ」といって、特定の観点を2倍にするなどして、重視する場合があります。

実技教科で行われることが多く、美術では「創造的な技能」、保健体育では「運動の技能」などで重みづけされる場合があります。

「内申書」に何年生の成績が含まれるのかは都道府県によって異なる

高校入試の合否判定で、「内申書」「内申点」がどのように活用されるかは、都道府県ごとに異なります。 中三になってから頑張るつもりでいると、手遅れになる場合もあります。

以下の点について、お住まいの都道府県ではどうなのか、必ずチェックしておきましょう。

  • 「内申点」には何年生の成績が含まれるか
  • 実技4教科の「内申点」は重視されるか
  • 「各教科の学習の記録」(各教科の評定)以外の項目は点数化されるか

「内申点」が含まれる学年

中一の成績を
内申点に含む県
中二の成績を
内申点に含む県
中三の成績のみを
内申点に含む県
323512

中三の成績と実技教科が重視される県

中三の成績を
重視する県
実技教科を
重視する県
2717

都道府県ごとの「内申書」「内申点」については、進研ゼミ<高校入試情報サイト>入試制度・出題傾向のページで確認しましょう。

この記事を書いた人

高校入試情報担当

高校入試情報担当

進研ゼミ『中学講座』

高校入試を取り巻くさまざまな情報、役立つ情報を「プロの視点」から発信していきます。

この記事は役に立ちましたか?

特集

最新入試情報

無料体験教材のお申し込み ×