受験ニュース

【栃木県】2019年度:中学校等生徒の進路希望調査(第2回)の結果を発表

栃木県は、令和元年度中学校等生徒の進路希望状況(第2回:令和元(2019)年12月1日現在)について、結果を発表しました。

令和元年度 進路希望調査結果 普通科の最高は宇都宮北高校の1.65倍

令和2年3月の中学校等生徒の卒業予定者数17,869人のうち、県内の全日制県立高校への進学希望者は13,007人(73.6%)となりました。募集定員11,675人に対して進学希望者は13,011人で、進学希望倍率は1.11倍(前年同期より0.03ポイント減)となっています。

普通科の最高倍率は、宇都宮北高校の1.65倍でした。

学校・学科(系・科)ごとに、男女別、募集定員、希望者数、倍率などが一覧表で掲載されています。

詳しくは、栃木県総合教育センターのWebサイトでご確認ください。

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(栃木県)

特集

過去の高校受験ニュース(栃木県)

無料体験教材のお申し込み ×