最新入試情報

【東京都】都立高校 自己PRカードの書き方のポイントは?

都立高校入試では、推薦選抜を受ける場合、また一般選抜で面接を実施する高校・学科を受ける場合に、自己PRカードを提出する必要があります。自己PRカードは、点数化はされませんが、面接の資料や、合否判定の際の参考資料などになります。また、競争の厳しい都立高校入試では、面接も合否を分けるポイントになってきます。面接で自分を十分にアピールできるように、自己PRカードの書き方のポイントを見ていきましょう。

【東京都】都立高校 自己PRカードの書き方のポイントは?

自己PRカードは志望校が発表している「本校の期待する生徒の姿」を踏まえて書く

自己PRカードには面接官にアピールするつもりで、各高校が発表している「本校の期待する生徒の姿」を踏まえ、できるだけ具体的なエピソードを交えて記入しましょう。「本校の期待する生徒の姿」は各高校のWebサイトなどで発表されています。また、記入した自己PRカードは、内容を忘れないようにコピーを取っておきましょう。そこからどのような質問がされるか想定して、答えを準備しておくことが大切です。

都立高校入試 自己PRカード

①志望理由について

各高校が発表している「本校の期待する生徒の姿」を踏まえて、高校見学や高校のWebサイトやパンフレットでわかったことなども参考に、他の学校ではなく、なぜこの学校がよいのか、自分の長所が志望校の特色とどのように合っているのかということを具体的に書きましょう。

②中学校生活の中で得たことについて

学級活動、生徒会活動、部活動、ボランティア活動、資格や検定の取得体験など、中学校3年間の体験からとくに伝えたいと思うものを選び、そこから得られたこと、成長したことなどを具体的なエピソードを交えて書きましょう。

③高等学校卒業後の進路について

将来の夢や目標、将来なりたい職業など、高校卒業後の進路について自分が考えていることやそのために努力していること、始めようとしていることなどを具体的に書きましょう。

各高校の「面接の評価の観点」は必ず事前に確認を!

自己PRカードを記入する際にも、そして当日の面接の際にも、事前に確認しておきたいのが、各高校の「面接の評価の観点」です。面接では、この観点に沿って評価をされます。

例えば、令和2年度入試の国立高校の推薦選抜では「集団討論・個人面接の評価の観点」として以下の5点が挙げられています。

■コミュニケーション能力
他者の意見を正確に理解し、それに対する自己の意見を相手に的確に伝える力
■思考力・判断力・表現力
課題に対して論理的に考察し、その結果をわかりやすく説明する力
■協調性・リーダーシップ
他者の考えを受け止めるなど、他者に対する配慮が適切か
周囲への配慮をした上で、討論や集団を統率することができるか
■出願の動機・進路に対する目的意識
本校出願への動機は明確か
進路に対する目的意識をもち、その実現に向ける努力ができるか
■ 社会性
集団の中で学習、生活していくことができる人物であるか
(「令和2年度 国立高校受検案内」 国立高校Webサイトより)

面接は時間が限られていますので、当日はゆっくり答えを考える時間は取れません。質問されそうな事柄については、ある程度答えを用意しておくと安心です。

過去の面接の様子は<高校入試情報サイト>「先輩体験談」でチェックできます!

「面接はどんな雰囲気で行われるのだろう」
「先輩たちは、どんなふうに面接で答えたのだろう」

入試直前になると多くの方から不安の声が寄せられます。
そこでオススメなのが<高校入試情報サイト>の「先輩体験談」。合格した先輩たちが、入試当日の様子を高校別にレポートしてくれています。
先輩体験談の一例を紹介します。

受検者1名に対し、面接官複数人だった。
最初に、自己PRを1分話した。その後、頑張りたいことをいくつかきかれた。1つの質問に対して、3つ答えを要求されたり、詳しくきかれたりしたからしっかり準備しておくといいと思う。また、集団討論の感想や、中学校生活で一番ピンチだったこととその解決方法などもきかれた。一人一人質問は違うようだった。
(国立高校 トイマニ先輩)

このほかの体験談や、ほかの高校の体験談はこちらから見られます。

先輩体験談を見る > 入試本番~試験編~面接

入試まであと少し! 体調に気をつけて、万全の状態で本番に臨めるよう、頑張っていきましょう!

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(東京都)

特集

過去の高校受験ニュース(東京都)

無料体験教材のお申し込み ×