最新入試情報

【東京都】2020年度:都立高校入試分析(1)-入試結果はどうだった?

2020年度の都立高校入試の結果の振り返りや学力検査の傾向と対策についてお伝えします。
第1回目の今回は、入試結果について解説します。

【東京都】2020年度:都立高校入試分析(1)-入試結果はどうだった?

全体倍率は昨年度と変わらないが全日制普通科女子で二極化傾向が強まる

受検倍率(全日制全体)の1.32倍、普通科(コース・単位制・島しょ除く)の1.42倍は前年度と変わりませんでした。普通科(コース・単位制・島しょ除く)は、2017年度から毎年下がっていましたが、いったん落ちついた状況と言えます。

ただし、全日制普通科の女子は、50名以上の不合格者が出た高校数が前年度の39校から43校と増えた一方、倍率が1倍に満たなかった高校も昨年度の10校から13校と増えており、前年よりもさらに二極化傾向が強まったと言えます。

大学進学など特色ある取り組みをしている高校が高倍率に

進学指導重点校(青山高校、戸山高校など)や、進学指導推進校(三田高校、豊多摩高校、竹早高校、城東高校、江戸川高校など)、さらに特進クラスの設置などをしている田園調布高校や石神井高校など、大学進学に対する取り組みに力を入れている高校が高倍率になっています。この傾向は例年変わらず、大学進学までを視野に入れ、高校を選んでいる人が多いと言えます。

また、都立高校は大学進学に向けての取り組み以外にも、第二外国語が選択できるなど、特色ある取り組みをしている高校がたくさんあるので、お子さまのやりたいことが実現できる高校をぜひ見つけていきましょう。

2020年度一般選抜で受検倍率が高かった高校(全日制・普通科)
男子受検倍率女子受検倍率
田園調布2.01三田2.21
青山1.97青山2.13
戸山1.95田園調布2.06
上野1.82広尾2.04
江戸川1.78向丘1.96
石神井1.77竹早1.95
紅葉川1.76豊島1.93
城東1.73小平1.91
雪谷1.72本所1.89
東村山1.72戸山1.87
三田1.69目黒1.86
大崎1.68松原1.86
深川1.67神代1.85
豊多摩1.67上野1.82
広尾1.65日本橋1.82

この記事を書いた人

東京都入試分析担当

東京都入試分析担当

進研ゼミ『中学講座』

東京都の高校入試分析を担当しています。進研ゼミのサービスをフル活用して志望校に合格できるよう、受験生と保護者に役立つ情報を提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(東京都)

特集

過去の高校受験ニュース(東京都)

無料体験教材のお申し込み ×