福島県の入試情報

入試データ

福島県 公立高校入試日程(2020年度)

前期選抜

出願受付日 2020年2月6日(木)〜2020年2月12日(水)
志願変更日 2020年2月13日(木)〜2020年2月17日(月)
検査日 2020年3月4日(水)・2020年3月5日(木)・2020年3月6日(金)
追検査日 2020年3月11日(水)
合格発表日 2020年3月16日(月)
備考 ・面接、小論文、実技等は3/4~3/6実施

公立高校入試 調査書情報(平成32年度)

前期選抜では特色選抜と一般選抜の2種類の選抜を実施。
中一から中三までの9教科の成績が5段階で評定され、特色選抜は135点満点、一般選抜では実技4教科が2倍されて195点満点。「特別活動等の記録」を点数化する高校もある。満点は高校・学科により異なり、特色選抜では高校・学科別、一般選抜では55点満点。

※2020年度より制度変更。

公立高校入試 前期選抜(平成32年度)

前期選抜では受験者全員に5教科の学力検査が課される。学力検査は、1教科50点満点・各50分間の5教科の検査。
特色選抜は各高校別の特色をふまえた選抜で、学力検査、調査書のほかに、面接や作文(小論文)や実技(※実施した場合)の結果を総合して合否を判定。一般選抜は学力検査重視型の選抜で、学力検査、調査書、面接(※実施した場合)の結果で判定。
特色選抜と一般選抜は併願可能。選考は特色選抜→一般選抜の順に行われ、特色選抜と一般選抜の両方に出願し、特色選抜で不合格になった場合は、一般選抜のみの志願者とあわせて合否を判定する。高校・学科によって傾斜配点を実施する場合もある。一般選抜では、学力検査と調査書の比重が同等の場合、両方が高い人が合格。

※2020年度より、制度変更。Ⅰ期選抜とⅡ期選抜が「前期選抜」に一本化。

公立高校入試 学区(平成32年度)

普通科のみ8つの学区があり、学区によって受験できる高校が決まっているが、一部の地域では複数の学区や隣接学区の受験も可。

※2020年度からの新制度でも学区制度は引き続きあり

県立高校学費情報(平成31年度)

課程区分 入学検定料 授業料 入学料
全日制 2,200円 118,800円 5,650円
課程区分 全日制
入学検定料 2,200円
授業料 118,800円
入学料 5,650円

※授業料は就学支援金減額前の金額です。

福島県 公立高校入試 傾向と対策(平成31年度)

英語
傾向1
長文読解が全体の約4割※出る!
対策
問題が多く、長さも約550語の長文が出題されていますので、スピードを意識して解く練習をしていきましょう。福島県の長文読解は、出題形式が毎年ほぼ同じですので、その形式の解き方をおさえることが重要です。
傾向2
日本文の内容を1文で書く英作文が出る!
対策
福島県では「日本文の内容を英文にする問題」が3年間連続で出ています。習った文法・表現を使って書けるようにしておくことが大事です。また、2019年度に出た「対話が成り立つように英文を書く問題」も必ず対策しておきましょう。

※約4割とは、小問数の割合のことです。

数学
傾向1
記述式の「図形の証明問題」が出る!
対策
例年出ている重要問題です。記述式なので、しっかりと書く練習をしましょう。わからなかったら一度答えを見て流れをつかんでから、もう一度自力で証明を書いてみましょう。
傾向2
「方程式の文章題」が出る!
対策
ここ最近毎年出ているので要注意です。文章の読み取りでつまずかないように、問題文に下線を引きながら読むといいです。問題文から等しい数量を見つけて式に表す練習をしましょう。
国語
傾向1
2000字以上の小説が出る!
対策
10分程度で文章全体の内容を正確におさえて解くことが必要になります。長めの小説の問題に取り組んでコツをつかんで、長い文章でも短時間で解けるようになりましょう。
傾向2
200字程度で書く作文が出る!
対策
長い字数を書く必要のある作文は、与えられた素材からどう自分の意見に結び付けるかがポイントです。点を取りきるためのテクニックを身につけましょう。
理科
傾向1
「物体の運動」が出やすい!
対策
特に、「台車を使った実験」や「エネルギーの移り変わり」がよく出題されています。物体にはたらく力と運動のようすを理解して、台車の速さや移動した距離の変化のしかたをおさえておくことが大切です。
傾向2
「地層・岩石」が出やすい!
対策
特に、「柱状図から地層の広がりを考える」問題や「示相化石と示準化石」に関する問題がよく出されています。かぎ層を手がかりとした地層の比較、代表的な示相化石と示準化石をおさえておくことが大切です。
社会
傾向1
表やグラフなど、資料を読みとり、文章で記述する問題が出る!
対策
資料の読みとりや用語記述など、さまざまな形式の問題に対応できるように問題をたくさん解いて慣れることが大切です。答え合わせをして解き方を理解することを繰り返せば、入試本番までに必ず解けるようになります。
傾向2
ただの暗記では解けない、歴史の並べ替え問題が出る!
対策
一つひとつのできごとを、ただ暗記するだけでは並べ替え問題を解くことはできません。なぜそのできごとがおこったのか、理由とあわせて暗記を進めることが重要です。

受験ニュース/コラム

クローズアップ

受験コラム

高校受験ニュース

福島県進路相談Q&A

Twitter LINE はてなブックマーク
ページ上部に戻る
無料体験教材のお申し込み ×