大阪府の入試情報

入試データ

大阪府 高校入試日程(平成31年度)

特別選抜

出願受付日 平成31年2月13日(水)〜平成31年2月14日(木)
検査日 平成31年2月19日(火)・平成31年2月20日(水)
合格発表日 平成31年2月27日(水)
備考 ・音楽科の出願は2/5、2/6
・音楽科の検査は、視唱・専攻実技が2/17、聴音が2/19

一般選抜

出願受付日 平成31年3月1日(金)〜平成31年3月5日(火)
検査日 平成31年3月11日(月)
合格発表日 平成31年3月19日(火)

公立高校入試 内申書情報(平成31年度)

中一~中三の9教科の成績が5段階で記載される。内申点に換算する際は中三の成績が重視され、中一:中二:中三の比率は1:1:3。また、9教科の成績はすべて同等に扱われる。

公立高校入試 一般選抜(平成31年度)

普通科や文理学科など、多くの学科で定員の全てを募集。内申点と5教科の学力検査点を合計した総合点をもとに合否判定が行われる。
内申点と学力検査点の比率は3:7、4:6、5:5、6:4、7:3などのパターンの中から各高校が選択する。ボーダーゾーンの合否判定に自己申告書や内申書の「活動/行動の記録」の記載内容も資料として用いられる。募集人員を学科ごとに設定している高校では、第1志望・第2志望など、複数の学科を志望することができる。

公立高校入試 特別選抜(平成31年度)

美術科、体育に関する学科など一部の専門学科と総合学科(エンパワメントスクール)で定員の全てを募集する。実技検査を実施する学科の合否判定は、内申点と5教科の学力検査点、実技検査の得点の合計をもとに行われる。面接を実施する学科では、学力検査が一定基準に達した人の中から面接・自己申告書・内申書の「活動/行動の記録」で募集人員の50%を上限に合否が決まり、残りは総合点で合否が決まる。

府立高校学費情報(平成31年度)

課程区分 入学検定料 授業料 入学料
全日制 2,200円 118,800円 5,650円
課程区分 全日制
入学検定料 2,200円
授業料 118,800円
入学料 5,650円

※授業料は就学支援金減額前の金額です。

大阪府 公立高校入試 傾向と対策(平成30年度)

英語
傾向1
長文読解が全体の約4割※出る!
対策
毎年、内容をしっかり把握しないと解けない難しめの長文読解が出ています。2018年度入試では各問題20~100語程度英文が長くなっていて、B問題では約570語もある長文読解問題が出題されました。速く正確に長文を読み解く力が必要です。
傾向2
20語~30語程度で書く英作文が出る!
対策
2017・2018年度入試では、Eメールに対する返事を書く英作文が出ました。<条件>が日本語で与えられていて、その内容を英文にする問題です。習った文法・表現を使いこなせるようにしておくことが大事です。

※約4割とは、小問数の割合のことです。

数学
傾向1
数と式、関数、資料の活用などから基本的な問題が「小問集合」 として出る!
対策
「小問集合」では、複数の分野の基本的な問題が出題されます。「数と式」の分野について解き方を押さえたうえで、速く、正確に解けるようにどんどん演習していきましょう。
傾向2
図形分野では、「図形の証明問題」 が出る!
対策
「図形の証明問題」は、例年出ている重要問題です。問題文からわかることを図にかいて見通しを立てるという流れを練習しましょう。証明問題を解くときや書くときのポイントを押さえながら、本番で得点できる力をつけていきましょう。
国語
傾向1
説明的文章(随筆などを含む)の大問が2問出る!
対策
説明的文章で安定した点数を取るためには、論理的に文章を読み取るテクニックをつかむことが大切です。随筆・説明的文章の対策をしっかりしましょう。
傾向2
A問題では160字程度、B問題では260字程度で書く作文が出る!
対策
記述する文字数の多い作文は、与えられた素材からどう自分の意見に結び付けるかがポイントです。様々な素材で繰り返し対策して、点を取りきるためのテクニックを身につけましょう。
理科
傾向1
「水溶液・気体」が出やすい!
対策
特に、「水溶液の実験」や「気体の性質」の問題がよく出題されています。質量パーセント濃度の求め方や溶解度のグラフの読み取り方、主な気体の性質をしっかりおさえておくことが大切です。
傾向2
「光合成・呼吸・蒸散」が出やすい!
対策
特に、「光合成・呼吸による気体の出入り」や「蒸散量を調べる実験」がよく出題されています。植物のはたらきによって出入りする気体をおさえ、蒸散量を計算で求めることができるようにしておくことが大切です。
社会
傾向1
分野が融合した大問が出る!
対策
分野があわさっているので一見難しそうですが、実は基礎的な知識で十分解けます。ニガテな分野が残っていたら、大阪府で出やすいテーマを優先的に復習しておきましょう。
傾向2
ニガテな人が多い、複数の資料を読みとる問題が出る!
対策
資料を読みとる問題をたくさん解いて慣れることがいちばんの近道です。答え合わせをして理解することを繰り返せば、入試本番までに必ず解けるようになります。

受験ニュース/コラム

クローズアップ

受験コラム

高校受験ニュース

大阪府進路相談Q&A

Twitter LINE はてなブックマーク
ページ上部に戻る
無料体験教材のお申し込み ×