最新入試情報

【大阪府】志望校に合格した先輩が実践した受験勉強法とC問題攻略法をチェック!

大阪府の志望校に合格した先輩たちは、受験生のとき、どんな受験勉強をしていたのでしょうか。
大阪府の公立高校入試の学力検査で、とくに対策が必要な発展的問題(C)(以降「C問題」と表記)を実施する高校に合格した先輩3人の体験談を紹介します。

【大阪府】志望校に合格した先輩が実践した受験勉強法とC問題攻略法をチェック!

過去問や似た形式の難問に取り組む!英語の攻略法として長文問題やリスニング対策を強化!

【北野高校に合格 ぱるにゃ先輩】過去問5年間分を2回解き、似た形式の問題にも取り組んだ!

中三の9月~12月は、受験チャレンジや教材などを解けるだけ解いたよ。この頃になると少し緊張してきて、自分のできなさに気づくこともあるけど、ここからやっても全然大丈夫!この時期から頑張ってもできるようになったよ。

冬休みには、緊張する自分に「自分なら大丈夫」とずっと言い聞かせていたよ。過去問や似た形式の問題を解いたよ。

受験直前期には、毎日緊張しすぎちゃうけど、「自分じゃなきゃ誰が受かるんだ!」って思いながら頑張ったよ。過去問5年間分を2回といたよ。点数が取れるようになっていることに気づけたよ。
(北野高校 ぱるにゃ先輩 2020年度)

【茨木高校に合格 Y先輩】 苦手な英語対策として毎日6題の長文を解いた!

中三の9月~12月は、部活を10月までやっていたので、勉強は平日2時間、休日5時間くらい。
秋から国語の勉強を本格的に始めました。理科と社会はもう一度暗記をして、数学と英語は問題演習をしていきました。過去問もこの時期から!

冬休みには、過去問をやりながら、5教科とも問題演習を中心に勉強しました。苦手もそのつど潰すようにしました。
併願する私立の過去問対策はこの時期から!毎日8~10時間目標に勉強!疲れたけどやりがいがありました!

受験直前期には、予定表を作ってできることだけを書きました。英語が苦手だったので毎日6題の長文を解いていました!自分が納得のいく量と質の勉強をすることで不安を和らげました!
(茨木高校 Y先輩 2020年度)

「進研ゼミ」高校受験総合情報センター補足:C問題対策として取り組むほかの都道府県の難問の例としては、東京都立高校の日比谷高校、西高校、国立高校などの「自校作成問題」(各高校のWebサイトに掲載)がおすすめです。

【春日丘高校に合格 しゅんちゃん先輩】 リスニングの練習のために、毎日リスニングルームなどで英語を聞いていた

中三の9月~12月は、受験チャレンジを使って勉強した。特に数学が難しく、理解するまで解説を読んだ。コツやポイントなども書かれてあったので、わかる問題が増えていった。平日は3時間、休日は6時間勉強したよ。

冬休みには、とにかく過去問の答えを完全に覚えてしまうくらい繰り返して解いた。時間配分を考え、入試当日の作戦も少し決めていたよ。1日6時間は勉強したよ。

受験直前期には、今までやってきたことの復習をした。もう一度受験チャレンジを使ったり、過去問を解いたりしたよ。毎日リスニングの練習のために、リスニングルームなどで英語を聞いていたよ。
(春日丘高校 しゅんちゃん先輩 2020年度)

大阪府の高校に合格した先輩の受験対策ノウハウが満載の「先輩体験談」をチェック!

進研ゼミ<高校入試情報サイト>の先輩体験談には、ここで紹介したほかにも、大阪府の高校に合格した先輩の受験勉強法がたくさん掲載されています。
ぜひチェックして、受験対策にお役立てください。

この記事を書いた人

大阪府入試分析担当

大阪府入試分析担当

進研ゼミ『中学講座』

大阪府の高校入試分析を担当しています。進研ゼミのサービスをフル活用して志望校に合格できるよう、受験生と保護者に役立つ情報を提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(大阪府)

特集

過去の高校受験ニュース(大阪府)

無料体験教材のお申し込み ×