愛知県の高校入試情報
入試日程 入試制度 内申書 学区 出題傾向分析と対策

愛知県 入試データ

愛知県 公立高校入試日程 (2023年度/令和5年度)

推薦選抜

出願受付日 2023年2月1日(水)、2月2日(木)
検査日 2023年2月6日(月)※
合格発表日 2023年2月8日(水)
備考 ※面接と特別検査を2/6に実施。音楽科のみ2/7も特別検査を実施。特別検査は実施する学科のみ。

特色選抜

出願受付日 2023年2月1日(水)、2月2日(木)
検査日 2023年2月6日(月)※
合格発表日 2023年2月8日(水)
備考 ※入学検査と面接を2/6に実施。2/7も実施される場合がある。

一般選抜

出願受付日 2023年2月10日(金)、2月13日(月)
志願変更日 2023年2月14日(火)
検査日 2023年2月22日(水) ・2月24日(金) ・2月27日(月)
合格発表日 2023年3月9日(木)
備考 学力検査は2/22に実施。面接と特別検査は、Aグループが2/24、Bグループは2/27に実施。
※面接と特別検査の実施の有無は高校・学科によって異なる。

愛知県 公立高校 調査書(内申書) (2022年度/令和4年度)

調査書(内申書)に記入される評定得点(内申点)は中三の成績のみが対象です。一般選抜では、9教科の5段階評定で記入された評定合計を2倍したもの(90点満点)が評定得点(内申点)となります。また、美術科では美術、音楽科では音楽など、学科によって特定教科の評定を1.5倍する傾斜配点を行います。
推薦選抜では、推薦書に中二の成績が記入され、合否判定において中二の成績も参考にします。

愛知県 一般選抜の評定得点(内申点)
中一中二中三
9教科×5段階評定
×2倍
=90点満点

愛知県 公立高校 学区・群・グループ分け (2022年度/令和4年度)

普通科は尾張学区と三河学区の2つの通学区域(学区)があり、居住する学区の高校に進学できます。尾張学区は尾張第1群と尾張第2群に分かれており、尾張学区では受検したい高校がある群を選んで出願します(1・2群共通校もあります)。また、愛知県の公立高校は、AグループとBグループにグループ分けがされており、グループごとに入試日程が異なります。こうした学区・群・グループ分けなどの規則をふまえ、2校まで受検することができます。2校出願する場合は、同じ群内のAグループとBグループからそれぞれ1校を選び、一方を第一志望、もう一方を第二志望とします(第一志望の1校だけに出願することも可能)。普通科2校への出願は、同じ群の別グループの普通科の組み合わせに限られます。普通科と、専門学科や総合学科を組み合わせて出願することもできます。なお、専門学科、総合学科は学区がなく県内のどの高校でも受検できます。

※2023年(令和5年度)より、新しい入学者選抜が実施され、A・Bのグループ分けがなくなり、試験日は1日になります。
愛知県の学区・群・グループ分け(2022年度)
愛知県の学区
普通科
尾張学区
名古屋市・一宮市・瀬戸市・半田市・春日井市・津島市・犬山市・常滑市・江南市・小牧市・稲沢市・東海市・大府市・知多市・尾張旭市・岩倉市・豊明市・日進市・愛西市・清須市・北名古屋市・弥富市・あま市・長久手市・愛知郡・西春日井郡・丹羽郡・海部郡・知多郡
三河学区
豊橋市・岡崎市・豊川市・碧南市・刈谷市・豊田市・安城市・西尾市・蒲郡市・新城市・知立市・高浜市・田原市・みよし市・額田郡・北設楽郡
専門学科・総合学科
県内全域
普通科の群・グループ分け
尾張第1群
AグループBグループ
旭丘、惟信、昭和、熱田、豊明、日進西、犬山南、江南、小牧、一宮南、半田東、緑、名東

[1・2群共通校]
松蔭、一宮北、尾西、津島、海翔、常滑、内海
名古屋西、中村、鳴海、天白、日進、東郷、尾北、丹羽、一宮西、半田、菊里、富田

[1・2群共通校]
春日井東、犬山、小牧南、木曽川、美和、大府東、阿久比、東浦、武豊
尾張第2群
AグループBグループ
明和、名古屋南、瀬戸西、春日井、春日井西、高蔵寺、長久手、新川、一宮、津島北、稲沢東、東海南、大府、向陽、山田

[1・2群共通校]
松蔭、一宮北、尾西、津島、海翔、常滑、内海
千種、守山、瑞陵、瀬戸、春日井南、旭野、西春、一宮興道、津島東、五条、横須賀、桜台、北

[1・2群共通校]
春日井東、犬山、小牧南、木曽川、美和、大府東、阿久比、東浦、武豊
三河群
AグループBグループ
衣台、豊田北、豊田南、加茂丘、足助、岡崎、岡崎西、岩津、刈谷、安城、西尾東、一色、高浜、豊丘、豊橋南、福江、国府、御津豊田西、豊田、豊野、松平、三好、岡崎北、幸田、碧南、刈谷北、安城東、安城南、西尾、吉良、知立東、時習館、豊橋東、成章、小坂井、蒲郡東、田口
※尾張学区では、学区内の尾張第1・2群のいずれの高校とも組み合わせることのできる共通校があります。
※2校の組み合わせは、同一群内で別グループの普通科、または別グループの専門学科・総合学科に限ります。

愛知県 公立高校入試 入学検査 (2022年度/令和4年度)

愛知県の入学者選抜では、推薦選抜、一般選抜にかかわらず、志願者全員が学力検査と面接を受けます(一部の学科では特別検査も実施)。推薦選抜では学力検査の結果は選抜資料としませんが、推薦選抜で合格とならなかった場合は、一般選抜の対象となり、学力検査の結果が選抜資料となります。推薦選抜の受検者の面接と、一般選抜のみの受検者の面接は別べつに行われ、推薦選抜の面接は一般選抜の面接を兼ねます。

※2023年(令和5年度)入試から実施される新しい推薦選抜では、学力検査は行われません。また、一般選抜での面接実施の有無は、高校により異なります。

愛知県 公立高校入試 推薦選抜 (2022年度/令和4年度)

推薦選抜に出願できるのは、志願先の一般選抜に第一志望として出願し、志願先の高校の示す条件を満たして中学校長の推薦を得た人です。推薦選抜に出願した人も、一般選抜において第二志望へ出願することができます。推薦選抜の募集定員枠は、普通科が募集人員の10~15%程度、専門学科・総合学科が30~45%程度です。
選考は、調査書(内申書)や推薦書などの内容、面接、特別検査(実施する学科のみ)の結果などを資料として、各高校・学科が示す選抜基準に基づいて総合した成績で行います。その際、学力検査の成績は判定資料に使用しません。また、推薦書には中二の成績が記入され、調査書(内申書)の中三の成績に加えて選考の参考資料とします。推薦選抜で合格とならなかった場合は一般選抜の対象となります。

※特別検査はデザイン科、スポーツ科学科、音楽科、美術科で実施。2022年度の実施詳細は愛知県教育委員会のWebサイトでご確認ください。
※2023年(令和5年度)入試から実施される新しい推薦選抜は、これまでよりも早い時期に実施され、学力検査は行われなくなります。また、中学校の推薦が不要な特色選抜も新たに導入される予定です。

愛知県 公立高校入試 一般選抜 (2022年度/令和4年度)

一般選抜は、受検した高校・学科内での校内順位によって合格者が決まります。評定得点(内申点)(90点満点)と学力検査点(各22点満点の5教科合計110点満点)の両方の順位が基準人数内にある人について、その他の選抜資料(面接、特別検査の結果など)も総合的に判断したうえで「A」、それ以外の人を「B」として、「A」→「B」の順で校内順位を決定します。2校受検者が第一志望校・第二志望校のどちらも合格圏内にあるときは、第一志望校の合格候補者とし、第二志望校の合格候補者からは外れます。第二志望校ではその人数分を校内順位にしたがって繰り上げ、合格候補者を決定します。

※2023年(令和5年度)入試から実施される新しい一般選抜では、A・Bのグループ分けがなくなり、学力検査は1回になる予定です。

愛知県 公立高校入試 出題傾向分析と対策 (2022年度/令和4年度)

英語
傾向1
長文読解が全体の約6割※出る!
対策
Aグループ入試では約410語、Bグループ入試では約400語の長文が出るうえに、大問2の語い・文法問題も読む英文の量が多いです。マークシート式になることも想定して、スピードを意識した練習をしていきましょう。愛知県の長文読解は、これまでも選択式問題が中心です。解き方をおさえることが重要です。
傾向2
対話が成り立つように英文を書く英作文が出る!
対策
2022年に「対話が成り立つように英文を書く問題」が出て、次も出る可能性が高いです。マークシート式でも英文を組み立てる力が求められることには変わりはありません。過去問でしっかり演習しておきましょう。

※全体の約6割とは、小問数の割合です。

数学
傾向1
基本~標準問題が約7割分※出る!
対策
愛知県の「小問集合」では、計算問題などの基本問題が出題されています。また、次の入試はマークシートでの解答形式になります。数と式・関数・図形・データの活用の全分野の基本問題を、確実に得点できるようにしていきましょう。
傾向2
難度の高い「図形の問題」 が出る!
対策
愛知県の「図形の問題」は、難度が高く、図形分野の知識が幅広く問われる問題が出題されています。図形の問題では、条件などを図にかき込み、定理を使うために何をいえばよいかを見つける練習をしていきましょう。

※約7割分とは、配点に占める割合です。

国語
傾向1
約3000字の説明的文章が出る!
対策
10分~13分程度で文章全体の内容を正確におさえて解くことが必要になります。「主張・要旨をとらえる問題」で長い文章でも短時間で解けるコツをおさえましょう。
傾向2
マークシート形式となり、選択式問題の攻略がカギとなる!
対策
選択肢のちょっとした違いまで見つけ出す必要のある選択式の問題は、選択肢を正確に読み取るテクニックを身につけましょう。
理科
傾向1
「水溶液・気体」が出やすい!
対策
特に、「水溶液の実験」や「気体の性質」の問題が出やすいです。質量パーセント濃度の求め方や溶解度のグラフの読み取り方、主な気体の性質をしっかりと覚えておきましょう。
傾向2
「遺伝・細胞分裂」が出やすい!
対策
特に、「メンデルの遺伝の法則」や「植物の根の成長を調べる実験」の問題が出やすいです。遺伝の規則性、実験操作の理由や根の成長のしくみ、細胞分裂の順序をおさえましょう。
社会
傾向1
地図や統計資料など、複数の資料を読みとる問題が出る!
対策
愛知県は地図と統計資料など、複数の資料を読みとる問題が多いのが特徴です。多くの資料を読みとるためには、スピードが求められます。読みとりのコツを身につけて、速く解く練習をしていきましょう。
傾向2
記号を選択して、基本的な知識事項を答える問題が多く出る!
対策
2023年度入試からは、マークシート形式になる予定ですから、とにかく基本的な知識事項をコツコツと復習することが重要です。愛知県で過去に出題された問題などで出やすいテーマに取り組み、復習を進めていけば効率的です。

最新入試情報(愛知県)

特集

過去の高校受験ニュース(愛知県)

無料体験教材のお申し込み ×