最新入試情報

【愛知県】高校入試 公立2校の組み合わせはこう決めた!

愛知県では、公立高校を2校選んで出願することができますが、第二志望校をどこにするか迷う方も多いようです。自信をもって第一志望校の受験に臨むために、第二志望校の選び方をご紹介します。

【愛知県】高校入試 公立2校の組み合わせはこう決めた!

公立高校2校と、私立高校1~2校に出願するのが一般的

愛知県で公立高校をめざす場合、公立は第一志望校と第二志望校の2校、さらに私立高校にも1~2校に出願するのが一般的です(図1)。

【図1】一般的な組み合わせ例

このとき、公立の第二志望校は、第一志望校よりも難度の低い高校(図1におけるC高校)を選ぶ方が多いようです。

先輩たちの第二志望校をチェック

群・グループのルールで候補が絞られる普通科2校へ出願する場合、同一群内のAグループ・Bグループから1校ずつ選ぶ必要があります。そのため、第一志望校が決まれば、おのずと第二志望校も選択できる群・グループが決まります。実際に進研ゼミの先輩が選んだ第二志望校を、一部ご紹介します。

先輩が選んだ第二志望校の例
グループ第一志望校第二志望校
尾張第1群A旭丘菊里、半田
昭和天白、名古屋西、菊里、半田
名東菊里、天白、豊田西**
B菊里旭丘、名東、昭和
天白昭和、名東、日進西、熱田、松蔭*
半田旭丘、刈谷**、昭和、半田東、松蔭*、熱田
尾張第2群A一宮五条、西春、一宮興道、木曽川*、瑞陵
向陽旭野、桜台、瑞陵、西春、千種
明和旭野、瑞陵、千種、西春
B旭野高蔵寺、向陽、明和、春日井、長久手
五条一宮、新川、津島*、春日井、松蔭*
桜台向陽、松蔭*、名古屋南
瑞陵向陽、明和、名古屋南、春日井、松蔭*
千種春日井、明和、松蔭*
西春一宮、松蔭*、明和、春日井、新川、向陽
横須賀東海南、名古屋南、大府、明和
三河群A岡崎岡崎北、豊田西、時習館、西尾
刈谷刈谷北、豊田西、知立東、半田、岡崎北、西尾
国府小坂井、時習館、豊橋東、岡崎北、蒲郡東
豊田北豊田、豊田西、刈谷北
豊丘時習館、豊橋東、小坂井、成章
B岡崎北岡崎西、岡崎、刈谷、国府、豊田南
刈谷北刈谷、安城、豊田北、豊田南
時習館岡崎、国府、豊丘、豊橋南、刈谷
豊田西岡崎、刈谷、豊田北、名東
西尾西尾東、岡崎、安城、刈谷、豊田南

2023年度から変わる公立高校入試

現在の中学2年生が受験する2023年度入試から愛知県公立高校の入試制度が変更されます。学区(尾張・三河)や群・AとBのグループ分けに変更はなく、2校まで出願可能という点も変更はありません。
学力検査は1回となり、1回の学力検査で第一志望、第二志望の合否判定が行われます。2023年度以降の入試からは1回勝負となるため、第二志望校選びも慎重に行う必要があるでしょう。

いちばん大切なのは、通いたいと思えるかどうか

先輩の選んだ第二志望校はあくまで一例ですし、公立高校1校のみの出願も可能です。高校の特色や進路など、入学後のことまで視野を広げ、お子さまが通いたいと思える高校を見つけましょう。

この記事を書いた人

愛知県入試分析担当

愛知県入試分析担当

進研ゼミ『中学講座』

愛知県の高校入試分析を担当しています。進研ゼミのサービスをフル活用して志望校に合格できるよう、受験生と保護者に役立つ情報を提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(愛知県)

特集

過去の高校受験ニュース(愛知県)

無料体験教材のお申し込み ×