最新入試情報

【愛知県】高校入試 私立併願校はどうやって決めるの?

高校入試において、志望校選びと同じくらい重要なのが、併願校選び。「この高校なら通いたい」と思える併願校を押さえておくことで、自信をもって志望校の受験に臨むことができます。併願校の選び方を確認しましょう。

【愛知県】高校入試 私立併願校はどうやって決めるの?

私立の併願校も、通うつもりで検討しましょう

愛知県では、公立高校を2校まで選んで出願することができ、公立志願者の8割は2校へ出願します。しかし、2校出願できるからといって必ず公立高校に合格できるわけではありません。毎年、2校とも不合格の生徒が約3千人出ています。

愛知県 公立高校入試の結果(2020年度入試)

公立高校の第二志望校にも出願するからといって油断せず、私立の併願校も、万が一の場合に備えて、通うつもりで検討することが重要です。

私立高校は、最大3校の受験が可能。入試日程は毎年変わる可能性もあるので注意!

愛知県の私立高校入試には、推薦入試と一般入試がありますが、推薦入試では合格したら入学することが前提とされており、その私立高校1校にしか志願できません。そのため、公立高校が第一志望の場合、私立高校は一般入試で受験することになります。
一般入試は、例年2月上旬に3日間にわたって行われ、入試日程の異なる最大3校に出願することができます。

私立高校入試日程 (2022年度一般入試)
1日目
(2022/2/1)
2日目
(2022/2/2)
3日目
(2022/2/3)
尾張地区 愛知、桜花学園、星城、滝、東海、名城大学附属 など 大成、中部大学春日丘、東邦、名古屋 など 愛知啓成、愛知工業大学名電、中京大学附属中京 など
三河地区 岡崎城西、桜丘、杜若、豊川 など 安城学園、岡崎学園 など 光ケ丘女子、藤ノ花女子 など

詳しくは、愛知県私学協会のWebサイトや各高校のWebサイトなどでご確認ください。

<高校入試情報サイト>では、進研ゼミの先輩が実際に併願受験した高校を掲載しています。

ここなら通いたいと思える私立高校に合格できれば、公立高校は第一志望校のみ出願という選択肢も

公立2校志願者が多いとはいえ、第二志望校選びに迷った先輩保護者も多かったようです。そんな先輩保護者の体験談を、いくつかご紹介します。

保護者体験談
愛知県 (保護者)
nyさん

「公立高校の第一志望校と第二志望校では、指導方針や学校のカラーが違うこともあり、希望しないほうに決まった場合に本人が戸惑うこともあったり、同じタイプの学校にするにはレベルを下げないといけなかったりして、最後まで第二志望校が決まりませんでした。私立高校に合格していたので、公立高校は1校のみの受験でもよかったかもしれません」

愛知県 (保護者)
アークホームズさん

「近隣の公立高校は、併願校としてのレベルが違い過ぎて、最後まで決められませんでしたが、子どもに合った私立高校の合格が決まったので、最終的には、公立高校は1校のみの受験にしました」

私立高校の一般入試は、2月上旬に合否結果が出ます。公立高校への出願前に、「私立高校ならここに通いたい」と思える高校に合格が決まっていれば、自信をもって第一志望校の受験に臨むことができます。
私立高校の学校説明会は秋が多いため、秋になってもまだ見学に行っていないという方も多いようです。今年もコロナ禍のため、いつ説明会等が中止になるかわかりません。行ける時に見学に行く。早めに動く。ということが大切になりますので気になる学校のHPをこまめにチェックし、説明会へ参加してみましょう。

併願校選びで迷った時は「保護者サポート 中学講座」の「個別相談」にご相談を!

どの私立高校がおすすめなのか、公立高校もどこを目指せばいいのかわからないという方は、ぜひ「保護者向け 個別相談ダイヤル」をお勧めします。
お子さまの中学校の成績や、ご家庭の状況に応じた志望校決定のためのアドバイス。合格に必要な内申点目安などもお伝えします。

この記事を書いた人

愛知県入試分析担当

愛知県入試分析担当

進研ゼミ『中学講座』

愛知県の高校入試分析を担当しています。進研ゼミのサービスをフル活用して志望校に合格できるよう、受験生と保護者に役立つ情報を提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(愛知県)

特集

過去の高校受験ニュース(愛知県)

無料体験教材のお申し込み ×