最新入試情報

【愛知県】私立高校入試の基礎知識 日程・選抜方法を押さえよう!

公立高校を第一志望としている受験生でも、併願として私立高校を受験する人も多いでしょう。私立高校の入試制度は、公立高校の入試制度とは違うので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

【愛知県】私立高校入試の基礎知識 日程・選抜方法を押さえよう!

私立高校入試は、1月下旬から2月上旬に行われる

愛知県の私立高校入試は、おもに推薦入試と一般入試に分けて実施されます。2021年度(令和3年度)は、推薦入試は2021年1月27日から、一般入試は2月2日・3日・4日の3日間で行われる予定です。

愛知県の高校入試の流れ

私立高校入試は、「推薦入試」と「一般入試」の二本立て

私立高校の入試形態は、推薦入試と一般入試に大きく分けられます。募集定員は高校ごとに異なりますが、推薦入試で定員の大部分を募集する高校もあります。志望校の入試情報は早めにチェックしておきましょう。

愛知県私立高校の入試のしくみ

推薦入試の出願は1人1校のみ

推薦入試は、合格したら必ず入学することが前提で受験するため、1人1校しか出願できません。原則として、推薦入試で合格した場合、必ず入学手続きをすることが必要です。

一般入試の試験日は3日間

一般入試の試験日は、3日間に分かれています。そのため、入試日程の異なる最大3校まで受験が可能です。

一般入試は、他の私立高校や公立高校への出願も可能です。公立高校が第一志望の場合、私立高校は一般入試で挑戦しましょう。私立併願校の選び方について、以下のコラムで先輩の体験談を紹介しています。

私立高校入試の検査内容と合否判定

推薦入試では、英語・数学・国語の3教科の学力試験を受けるのが一般的です。高校によって、面接や作文が課される場合もあります。
一般入試は、多くの高校で5教科の学力試験が課されます。3教科や、3教科のうち1~2教科を選択して受ける場合もあります。 一般入試における5教科の学力試験は、公立高校の入試問題に準じた形式やレベルで出題される高校が多いものの、マークシート方式であったり、応用問題を含んでいたりと、高校によって傾向は様々です。また、当日の点数によって、コース等の合格が異なる高校もありますので、私立高校の過去問対策も行うようにしましょう。

私立高校に通う生徒のための就学支援制度

2020年度より、私立高校の授業料に対する国の就学支援金が大幅に引き上げられることが発表されました。
愛知県では、県内の私立高校へ通う生徒のために、その上乗せ分として愛知県独自の授業料軽減補助制度を設けています。気になる方は事前に確認しておきましょう。

高校・学科の特徴などを調べて、志望校選択の幅を広げましょう

私立高校入試の概要をつかんだら、気になる高校・学科の特徴を調べてみましょう。

愛知県では、例年6月から12月ごろにかけて、私立高校の公開見学・体験入学が行われています。
2020年度は、休校などの影響で日程が変更になっている可能性もあります。必ず、各高校のWebサイトで、日程や申し込み方法などを確認しましょう。

ぜひ、複数の私立高校を比較して、志望校選択の幅を広げましょう。

この記事を書いた人

愛知県入試分析担当

愛知県入試分析担当

進研ゼミ『中学講座』

愛知県の高校入試分析を担当しています。進研ゼミのサービスをフル活用して志望校に合格できるよう、受験生と保護者に役立つ情報を提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(愛知県)

特集

過去の高校受験ニュース(愛知県)

無料体験教材のお申し込み ×