最新入試情報

【愛知県】公立高校入試で合格を左右する面接のポイントはこれ!

愛知県の公立高校入試では、推薦選抜と特色選抜では受検者全員が、一般選抜では一部の高校の受検者が受ける面接。合格した先輩たちの体験談を通して、面接のポイントをお伝えします。

【愛知県】公立高校入試で合格を左右する面接のポイントはこれ!

愛知県公立高校入試の面接とは?

愛知県の公立高校(全日制)入試制度の一部が2023年度から変更になります。
2023年度入試からは、一般選抜において面接を実施するかしないかを各高校が学科ごとに決めます。今まではすべての高校・学科が実施していたので、面接で差をつけていない高校もあったかもしれませんが、2023年度入試に実施すると決めた高校は、面接を合否判断に使いたいと明確に思っている高校・学科になります。志望する高校が面接を実施する場合は必ず練習をして、自分の考えを述べられるようにしておきましょう。
推薦選抜ではこれまでどおり志願者全員に面接が実施されますが、「自己の特性などを1分間程度で答えさせる質問」は行われません。
2023年度入試から新たに導入される特色選抜も志願者全員に面接が実施されます。
いずれの選抜においても、面接官はその受検者が何を考え、これからどう成長していきたいと思っているのかを面接を通して見ています。
合格した先輩たちは、面接でどのように自分の考えを伝え、アピールできたのか、ぜひ参考にしてください。

一般選抜の面接実施校は愛知県教育委員会のWebサイトでご確認ください。

面接の攻略ポイントは事前準備にあり!

<出題内容>
「最近の気になっている社会問題をコロナウイルス以外で教えてください。」
「この高校を選んだのはなぜですか?」

<先輩の攻略法>
一言一句を決めて覚えると、緊張して忘れてしまうときに答えが止まってしまうといけないので、事前に質問の大体の答えを何パターンも用意して、そのときの自分の言葉で言うようにしました。
(一色高校/TF先輩/一般選抜)

<出題内容>
「志望動機」「入りたい部活」「どこでこの高校を知ったのか」「高校卒業後の進路」「高校生活で頑張りたいこと」

<先輩の攻略法>
先輩方の過去の面接体験談を参考にし、どんな質問がくるか事前に分析しました。
(杏和高校/椎茸先輩/推薦選抜)

面接攻略のポイント
面接ではどんな質問をされるのかあらかじめ予想しておきましょう。「志望動機」や「中学校生活で頑張ったこと」など基本的な内容や新聞やニュースで取り上げられる社会問題など、自分だったらどのように答えるか、事前に考えておきましょう。先輩の攻略法にもあるように、用意した回答を丸暗記するよりも、緊張しても落ち着いて答えられるよう、考えをまとめておくことが大切です。

話し方を工夫して面接を攻略!

<出題内容>
「志願理由」「最近気になったニュース」「好きな言葉」「コロナをどうやって乗り越えてきたか」「家で一番楽しい時間」「高校ではどのように過ごしたいか」「中学校で一番頑張ったこと(印象に残ったこと)」「10年後はどのようになっていたいか」

<先輩の攻略法>
相手に伝わるようにゆっくり話すことを意識しました。一緒のグループだった2人の生徒がとても早口だったので、自分のペースを保つのが少し大変だったけど練習どおりにうまく話すことができました。
(旭野高校/ミカヅキ先輩/推薦選抜)

<出題内容>
「志望理由」

<先輩の攻略法>
面接中は姿勢正しくハキハキと。噛んでしまってもはぐらかさずに、間違えたことを正直に伝えるといいです。自分がこれまでやってきたことに自信をもって、落ち着いて答えることが大切です。
(鶴城丘高校/#鯖の缶詰先輩/一般選抜)

面接攻略のポイント
面接で緊張すると回答するときの声が小さくなりがちですが、自分が思った事、考えていることをはっきりと伝えることが一番大切なことです。集団面接では他の受検生の意見を聞いていると自分の考えが間違っていると思いがちですが、自信をもって落ち着いて答えましょう。もし、間違った回答をしてしまっても、先輩のように面接官に誤りを伝え、正確な内容を言い直すとよいでしょう。

想定外の質問への攻略法は?

<出題内容>
「志望動機」「自分の長所」「学ぶとは何か」「中学校生活で印象に残っていること」

<先輩の攻略法>
「学ぶとは何か」と聞かれたときに一瞬慌ててしまい、数秒間沈黙してしまいました。しかし、面接官も即答を求めてはいないと考え、落ち着いてうまく答えられました。慌てて何を言っているのかわからないよりは、断然よかったと思います。
(岡崎高校/デジマ先輩/推薦選抜)

面接攻略のポイント
まったく予想していなかった質問をされる場合もあります。面接官は意表をついた質問にどう反応するか見ています。あえて答えを準備しにくい質問を投げかけて、ふだんの受験生の姿を探っているのです。もし答えに詰まったら、素直に「少しお時間をください」と伝え、自分の考えを頭の中でまとめてから答えるようにしましょう。

まとめ:面接は自分の言葉で想いを伝える

愛知県公立高校の面接の質問や先輩の攻略法をもとにポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか。面接の本番は、誰もが緊張するものです。「すべて答えられるように準備しておこう」などと気負わずに、素直に自分の言葉で想いを伝えることが大切です。

ご紹介した先輩の体験談以外にも、<高校入試情報サイト>「先輩体験談」では、高校別の体験談をチェックいただけます。ぜひ参考にしてみましょう。

<高校入試情報サイト>愛知県の先輩体験談

※調べかた:見たい高校の「先輩体験談を見る」→入試本番→入試本番~試験編~
(体験談がない高校もあります)

入試本番まであと数ヶ月となりました。あれもこれもやること満載ですが、やることを絞って効率的に準備を行うことが大切です。寒い時期、体調に気をつけて頑張っていきましょう!

この記事を書いた人

愛知県入試分析担当

愛知県入試分析担当

進研ゼミ『中学講座』

愛知県の高校入試分析を担当しています。進研ゼミのサービスをフル活用して志望校に合格できるよう、受験生と保護者に役立つ情報を提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(愛知県)

特集

過去の高校受験ニュース(愛知県)

無料体験教材のお申し込み ×