最新入試情報

【愛知県】2023年度から公立高校入試制度が変わる!

現中2生が受験する2023年度(令和5年度)入試から、愛知県の公立高校では現行の入試制度からの大きな変更が予定されています。どのような点が変更されるのか、ご紹介いたします。

【愛知県】2023年度から公立高校入試制度が変わる!

変わる点と変わらない点まとめ

変わる点

現行の制度との変更点を下記の表にまとめました。

入試制度比較表
変更後(2023年度入試から) 現行(2022年度入試まで)
①一般選抜の学力検査 1回 2回
※Aグループ、Bグループの2校に出願する場合
②推薦選抜の学力検査 実施なし 実施あり
③推薦選抜の入試日程 一般選抜とは別日程で実施
※一般選抜の出願よりも前に実施
一般選抜と同日程で実施
④一般選抜の面接 実施の有無は高校ごとに決定 志願者全員に実施
⑤特色選抜 高校や学科の特色を生かした内容で実施

変わらない点

現行の入試制度と変わらない点は以下の通りです。

  • 2校まで出願可能
  • 学区(尾張・三河)や群・AとBのグループ分けに変更はなし
  • 学力検査の出題教科は国語、社会、数学、理科、英語。(英語の聞き取り検査あり)
  • 推薦選抜の面接は受験者全員に実施

選抜ごとにはどう変わる?

選抜ごとの変わらない点、変わる点をまとめると以下の通りです。

【推薦選抜】

推薦選抜の変わらない点としては、面接はこれまで通り全員に実施されます。一部の学科では実技試験も実施される予定です。
実技試験の実施校や検査内容の詳細については、今後の愛知県教育委員会からの発表を確認しましょう。

推薦選抜の変わる点は、入試日程と学力検査です。

推薦選抜は一般選抜と別日程で実施

推薦選抜は一般選抜と同日程で実施されていましたが、2023年度入試からは別日程で実施されます。
一般選抜より前に実施され、一般選抜の出願前に推薦選抜の合格者が発表されます。
推薦選抜の合否を確認後、不合格だった場合は、一般選抜に出願することが可能です。

学力検査は行われない

2022年度入試までは推薦選抜でも学力検査は受験生全員に実施されていますが、2023年度入試からは推薦選抜での学力検査は行われません。

【特色選抜】

2023年度入試から高校や学科の特色を生かした「特色選抜」が実施されます。実施日程や実施校・学科など詳細については、今後の愛知県教育委員会からの発表を確認しましょう。

【一般選抜】

一般選抜の変わらない点は、2023年度入試からも学区・群・グループは変更なく、A,Bグループから1校ずつ選び2校まで出願することができます。

学力検査の出題教科

学力検査の出題教科はこれまでと同様、国語、社会、数学、理科、英語です。英語では聞き取り検査も実施されます。

変わる点としては、学力検査の回数と面接の実施校です。

2校出願したとしても、学力検査は1回に

2022年度までの入試はAグループ、Bグループと日程を分けて実施され、Aグループから1校、Bグループから1校、いずれかを第一志望、第二志望とし、2校まで志願することができます。そして、2校に出願した場合は、1グループずつ学力検査を受験し、グループごとに合否判定が行われます。
しかし、2023年度入試からはAグループ、Bグループも同日に実施、1回の学力検査で第一志望、第二志望の合否判定が行われます。

面接の実施が各校判断へ

2022年度入試までは一般選抜の受験生にも面接は全員に実施されていますが、2023年度入試からは高校ごとに実施の有無を決定します。
面接の実施校については今後の県教育委員会からの発表をご確認ください。

志望校を絞り、内申点対策を

一般選抜は学力検査1回で2校分の合否が判定されますので1回の失敗が大きく響くことになり、体力的な負担は減りますが、精神的な不安は大きくなりそうですね。ただ、推薦選抜と一般選抜が別日で実施されることになり、推薦選抜の合否を待ってから、一般選抜に出願できるようになりますし、新たに特色選抜という、高校や学科の特色を生かした選抜が実施されるなど、受験方法も幅が出てきました。お子さまの状況や特性を考えて、志望校を検討していきましょう。

愛知県では内申書に記入される内申点は中3の成績のみです。一般選抜の1回勝負となった場合でも困ることのないよう、内申点対策は行っておきたいところです。中1、中2の段階から定期テストでの得点UPや課題や提出分に取り組むなど少しずつ実力をつけ、中3の成績につなげられるよう、今から内申点対策に力を入れておきましょう。

今後も新しい入試制度についての詳細が県の教育委員会から発表されるので、教育委員会のWebサイトで確認しましょう。

<高校入試情報サイト>でも最新の入試情報をご確認いただけます。

志望校選びのご相談は「保護者サポート 中学講座」の「個別相談」へ!

どの公立高校を目指せばいいのかわからないという方は、ぜひ「保護者向け 個別相談ダイヤル」をお勧めします。
お子さまの中学校の成績や、ご家庭の状況に応じた志望校決定のためのアドバイス。合格に必要な内申点目安などもお伝えします。

この記事を書いた人

愛知県入試分析担当

愛知県入試分析担当

進研ゼミ『中学講座』

愛知県の高校入試分析を担当しています。進研ゼミのサービスをフル活用して志望校に合格できるよう、受験生と保護者に役立つ情報を提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(愛知県)

特集

過去の高校受験ニュース(愛知県)

無料体験教材のお申し込み ×