広島県の高校入試情報
入試日程 入試制度 内申書 学区 出題傾向分析と対策

広島県 入試データ

広島県 公立高校入試日程 (2022年度/令和4年度)

選抜(I)

出願受付日 2022年1月20日(木)〜1月25日(火)正午
検査日 2022年2月3日(木)
内定通知日 2022年2月8日(火)
合格発表日 2022年3月15日(火)

選抜(Ⅱ)

出願受付日 2022年2月15日(火)〜2月18日(金)正午
志願変更日 2022年2月21日(月)〜2月24日(木)正午
検査日 2022年3月7日(月)・3月8日(火)
追検査日 2022年3月11日(金)
合格発表日 2022年3月15日(火)
備考 ・調査書等提出:2/21~2/25正午

広島県 公立高校 調査書(内申書) (2022年度/令和4年度)

選抜(Ⅰ)、選抜(Ⅱ)ともに、中一から中三までの各学年の9教科の成績が5段階評定で記入されます。選抜(Ⅱ)では、各学年の実技4教科の5段階評定を2倍し、全学年の合計に195分の130をかけた130点満点が、合計評点として調査書(内申書)に記入されます。

広島県 選抜(Ⅱ) 調査書の学習の記録の評点の内訳
中一中二中三
5教科×5段階評定
+実技4教科×5段階評定×2倍
=65点満点
5教科×5段階評定
+実技4教科×5段階評定×2倍
=65点満点
5教科×5段階評定
+実技4教科×5段階評定×2倍
=65点満点

※併設型高校を除きます。

広島県 公立高校入試 選抜(Ⅰ)(推薦入試) (2022年度/令和4年度)

選抜(Ⅰ)推薦入試は、多くの高校・学科(コース)が実施し、各学科(コース)の定員は、多くの普通科が入学定員の20%以内、専門学科、総合学科および普通科のコースが募集定員の50%以内です。中学校長の推薦が必要で、高校が定める推薦基準を満たすことが条件となります。学力検査は行わず、選考は、推薦書、志望理由書、調査書(内申書)、面接(全員)と、高校・学科(コース)ごとに小論文・作文・実技検査なども行い、それらの結果も合わせて判定します。選抜(Ⅰ)で合格とならなかった場合は、選抜(Ⅱ)に出願できます。

広島県 公立高校入試 選抜(Ⅱ)(一般入試) (2022年度/令和4年度)

選抜(Ⅱ)一般入試は、すべての高校・学科(コース)で実施し、全員が5教科の一般学力検査を受けます。選考は、一般学力検査点(125点満点※)と合計評点(内申点)(130点満点)をほぼ同等に扱い、高校によっては、入学定員の一部(20%以内)を学力検査点と合計評点(内申点)のどちらかを重視して選考します。また、一部の高校・学科(コース)では一般学力検査で特定の教科の配点に比重をかける傾斜配点を実施します。面接や実技検査、自校作成問題による学力検査を行う場合は、それらの結果も選抜資料となります。2022年度は福山誠之館高校のみ自校作成問題を実施します。

※一般学力検査は各教科50点満点合計250点満点に2分の1をかけた125点満点を合否判定に使用します。

新しい広島県公立高校入学者選抜制度 (2023年度/令和5年度)

2023年度(令和5年度)入試から、広島県の公立高校の入試制度が変わります。「一次選抜」では、すべての高校・学科(コース)が実施する「一般枠」と、高校・学科(コース)の特色に応じて実施する「特色枠」の2通りの選抜を行います。「一般枠」も「特色枠」も、受検者全員に学力検査と個人ごとに面談形式で行う「自己表現」を実施します。学力検査:調査書(内申書):自己表現の比重は6:2:2を基本として、これらの3つの得点の合計点により合否を判定します。学校独自検査(自校作成問題による学力検査、面接、作文、小論文、実技検査)を実施する場合には、比重は「1」または「2」となります。5教科の学力検査の配点は各教科50点満点で合計250点満点、2倍を超えない範囲で傾斜配点も実施されます。調査書(内申書)の評定は、中一:中二は、評定のまま、中三の評定は3倍され、3学年の9教科の評定合計は、225点満点となります。

※新入試制度の内容は広島県教育委員会「新しい広島県公立高等学校入学者選抜制度による 入学者選抜実施内容の策定に係る基本的な事項について(案)」(令和2年11月)から作成。

広島県 公立高校入試 出題傾向分析と対策 (2021年度/令和3年度)

英語
傾向1
長文読解が全体の約5割※出る!
対策
問題が多く、長さも約490語の長文が出ますから、スピードを意識して解く練習をしていきましょう。広島県の長文読解は、出る形式が毎年ほぼ同じです。その形式の解き方をおさえることが重要です。
傾向2
長文を読んで25語程度で書く英作文が出る!
対策
広島県では、長文を読んで英文を書く英作文が3年間連続で出ています。また、絵の中のセリフを書く英作文も2年間連続で出ていますから、必ず対策をしておきましょう。

※全体の約5割とは、小問数の割合です。

数学
傾向1
記述式の「図形の証明問題」が出る!
対策
例年出ている重要問題です。記述式なので、しっかりと書く練習をしましょう。わからなかったら一度答えを見て流れをつかんでから、もう一度自力で証明を書いてみましょう。
傾向2
配点の3割以上が小問集合として出るから落とせない!
対策
「小問集合」では、複数の分野の基本的な問題が出題されます。得点源なので、各分野の基本問題を復習して、速く、正確に解けるように演習しておきましょう。
国語
傾向1
2500字程度の小説が出る!
対策
15分程度で文章全体の内容を正確におさえて解くことが必要になります。内容を説明することができるように、長い文章でも短時間で解けるコツをおさえましょう。
傾向2
200~250字程度の、文章や資料を読んで作文を書く問題が出る!
対策
長い字数を書く必要のある作文は、与えられた素材からどう自分の意見に結び付けるかがポイントです。点を取りきるためのテクニックを身につけましょう。
理科
傾向1
化学変化と物質の質量に関する問題が出やすい!
対策
特に、化合する物質の、質量の変化を調べる実験の問題が出やすいです。反応する物質の質量の比や酸化・還元によってできる物質の特徴、化学反応式を合わせておさえましょう。
傾向2
地震や火山に関する問題が出やすい!
対策
特に、地震の波のグラフの読み取りの問題や火山の種類とその特徴を問う問題が出やすいです。初期微動継続時間や地震の波の速さ、震源からの距離の求め方をおさえましょう。
社会
傾向1
差がつきやすい、資料を読み取り文章で記述する問題が出やすい!
対策
資料の読み取りや記述する問題をたくさん解いて慣れることが大切です。答え合わせをして解き方を理解することを繰り返せば、入試本番までに必ず解けるようになります。
傾向2
分野が融合した大問が出やすい!
対策
複数の分野があわさった大問も、各分野の基本事項がしっかり理解できていれば解けます。まずは、地理・歴史・公民の基本事項をしっかり復習しましょう。

最新入試情報(広島県)

特集

過去の高校受験ニュース(広島県)

無料体験教材のお申し込み ×