受験ニュース

【広島県】平成31年度:公立高校入学者選抜(I)の受検状況(高校・学科別の受検倍率など)を発表

広島県教育委員会は、公立高校入学者選抜(I)などの受検状況、高校・学科(コース)別の受検倍率などを発表しました。

平成31年度 広島県公立高校 選抜(I)普通科の受検倍率は1.71倍

平成31年度の全日制本校における選抜(I)の定員は4,442人。これに対し6,670人が志願し、6,666人が受検、受検倍率は1.50倍となりました。
このうち、普通科(コース含)の受検倍率は1.71倍となっています。

全日制普通科で受検倍率が高かった高校・学科(上位5校)

高校名学科【コース】選抜(Ⅰ)定員受検者数受検倍率
加計普通3124.00
広島市立舟入普通561723.07
広島市立舟入普通【国際コミュニケーション】20613.05
広島市立基町普通641692.64
広島市立基町普通【創造表現】20512.55

高校・学科・コースごとに、定員、志願者数、志願倍率、受検者数、受検倍率が一覧表で発表されています。

詳しくは、広島県教育委員会Webサイトの「選抜(I)・連携型中高一貫教育に関する選抜・併設型高等学校入学者選抜・併設型高等学校の帰国生徒等の特別入学に関する選抜」の「受検状況」でご確認ください。

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(広島県)

特集

過去の高校受験ニュース(広島県)

無料体験教材のお申し込み ×