山口県の高校入試情報
入試日程 入試制度 内申書 学区 出題傾向分析と対策

山口県 入試データ

山口県 公立高校入試日程 (2023年度/令和5年度)

推薦入学

出願受付日 2023年1月26日(木)〜1月31日(火)
※郵送の場合は1/31午前10 時必着
検査日 2023年2月7日(火) ※
内定通知日 2023年2月14日(火)
合格発表日 2023年3月15日(水)
備考 ※1日で実施できない高校は、2/8も実施

第一次募集

出願受付日 2023年2月20日(月)〜2月24日(金)
※郵送の場合は2/24(金)午前10時必着
検査日 2023年3月7日(火) ※
合格発表日 2023年3月15日(水)
備考 ・志願登録:2/9~2/14
※面接は学力検査の前日、当日、翌日のいずれかで実施(実施校のみ)
※小論文・実技検査は学力検査の当日、翌日のいずれかで実施(実施校のみ)

山口県 公立高校 調査書 (2023年度/令和5年度)

調査書には中一から中三の評定が9教科5段階で記載されます。第一次募集では、調査書の「学習の記録」以外の記載事項も選抜の資料となります。

山口県 調査書の評定の方法
中一の成績中二の成績中三の成績
9教科を
5段階で評定
9教科を
5段階で評定
9教科を
5段階で評定

山口県 公立高校入試 推薦入学 (2023年度/令和5年度)

推薦入学は、多くの高校・学科・コースで実施します。推薦枠は、普通科体育コースが入学定員の75%以内、それ以外のすべての学科・コースが50%以内を募集します。
学力検査は行わず、選考は、中学校長の推薦書、調査書、志願理由書、面接(全員)と、高校・学科ごとに行われる小論文や実技検査の結果をあわせて判定します。面接の中で「自己表現」を実施する高校・学科もあり、教科学習、部活動、生徒会活動などについて発表し、その内容をもとに面接が行われます。

山口県 公立高校入試 第一次募集 (2023年度/令和5年度)

第一次募集は、すべての高校・学科・コースで実施します。推薦入学を行わず第一次募集で募集定員の100%を募集する普通科もあります。県共通の学力検査の成績(5教科250点満点)と調査書の「学習の記録」を同等に扱い、面接などの結果もあわせて選考資料となります。多くの高校・学科・コースでは、入学定員の5~20%の範囲で、学力検査の成績が一定以上であれば、「調査書等による選抜」を実施します。学力検査で傾斜配点を実施する高校・学科もあります。

山口県 公立高校入試 出題傾向分析と対策 (2022年度/令和4年度)

英語
傾向1
長文読解が大問6問中4問も出る!
対策
問題が多く、長さも約410語の長文が出ますから、スピードを意識して解く練習をしていきましょう。山口県の長文読解の問題でよく出る形式の解き方をおさえることが重要です。
傾向2
与えられたテーマについて20語~30語書く英作文が出る!
対策
2022年度は英作文が独立した大問で出題されました。「与えられたテーマについて書く問題」が出て、今後も出る可能性が高いです。長い英文を書くコツは、自分の知っている表現で答えることです。
数学
傾向1
記述式の 「図形の証明問題」 が出る!
対策
例年出ている重要問題です。記述式ですから、しっかりと書く練習をしましょう。わからなかったら一度答えを見て流れをつかんでから、もう一度自力で証明を書いてみましょう。
傾向2
配点の3割近くが小問集合として出るから落とせない!
対策
「小問集合」では、複数の分野の基本的な問題が出題されます。得点源ですから、各分野の基本問題を復習して、速く、正確に解けるように演習しておきましょう。
国語
傾向1
とにかくたくさんの国語知識・文法が出る!
対策
基本問題で点を取りこぼさないことが大切です。国語知識・文法でよく出る問題にしっかり取り組みましょう。
傾向2
240字程度の「テーマを与えられて書く作文」が出る!
対策
長い字数を書く必要のある作文は、与えられた素材からどう自分の意見に結び付けるかがポイントです。点を取りきるためのテクニックを身につけましょう。
理科
傾向1
「物体の運動」が出やすい!
対策
特に、「台車を使った実験」や「エネルギーの移り変わり」の問題が出やすいです。物体にはたらく力と運動のようすを理解して、台車の速さや距離の変化のしかたを考えましょう。
傾向2
「飽和水蒸気量・雲のでき方」が出やすい!
対策
特に、「飽和水蒸気量」に関する問題や「雲ができるしくみ」の問題が出やすいです。湿度の計算は、まず条件を整理することが大切です。露点と湿度の関係を合わせておさえましょう。
社会
傾向1
得点差がつきやすい、複数の資料を読みとり文章で記述する問題が出る!
対策
資料の読みとりや記述する問題をたくさん解いて慣れることが大切です。答え合わせをして解き方を理解することを繰り返せば、入試本番までに必ず解けるようになります。
傾向2
地形図を読みとる問題が出る!
対策
縮尺や、地図記号について、必ず復習をしておきましょう。しっかり覚えることができれば得点源にできます。

最新入試情報(山口県)

特集

過去の高校受験ニュース(山口県)

無料体験教材のお申し込み ×