千葉県の高校入試情報
入試日程 入試制度 内申書 学区 出題傾向分析と対策

千葉県 入試データ

千葉県 公立高校入試日程 (2020年度/令和2年度)

前期選抜

出願受付日 2020年2月3日(月)〜2020年2月4日(火)
検査日 2020年2月12日(水)・2020年2月13日(木)
合格発表日 2020年2月19日(水)

後期選抜

出願受付日 2020年2月25日(火)
志願変更日 2020年2月26日(水)〜2020年2月27日(木)
検査日 2020年3月2日(月)
合格発表日 2020年3月6日(金)

千葉県 公立高校 内申書・調査書 (2020年度/令和2年度)

内申点は中一から中三の学習成績によって決まる。各学年とも9教科の成績を5段階で評定し、その合計点(135点満点)が内申点となる。この内申点を千葉県独自の算式に当てはめて合否の判定に使用する。
※制度が変更される2021年度入試より、千葉県独自の算式による補正は廃止。

千葉県 内申書の評定合計値
中一中二中三
9教科×5段階評定
=45点満点
9教科×5段階評定
=45点満点
9教科×5段階評定
=45点満点

千葉県 公立高校入試 前期選抜 (2020年度/令和2年度)

前期の選抜枠は普通科および(普通科を改編した)総合学科は、募集定員の30~60%で、ほとんどが60%。専門学科と総合学科は募集定員の50~100%で、多くの高校・学科で100%とし、前期選抜のみで合格者を決めるところも多い。
1日目は1教科50分・5教科の学力検査、2日目は各高校・学科が、面接、集団討論、自己表現、作文、小論文、適性検査などから1つ以上の検査を選択し実施。
選抜は「学力検査の成績」「各高校が実施した検査の結果」「内申書」などの資料をすべて得点化し、(原則として)それらの総得点で判定される。

千葉県 公立高校入試 後期選抜 (2020年度/令和2年度)

後期の選抜枠は、募集定員から前期選抜などの合格者を除いた人数。
普通科および(普通科を改編した)総合学科では、ほとんどの高校で募集定員の40%。専門学科などでは後期選抜を実施しないケースもある。
1教科40分・5教科の学力検査が行われる。また、各高校が必要に応じて面接などを実施する。
合否判定は2段階で行われる。
まず学力検査点と内申点の両方が高い人から順に募集枠の80%までが合格。
あとの20%は内申点に1以上の整数(K値)をかけた数と学力検査点、その他の検査結果によって総合的に判定される。K値は高校・学科ごとに設定され、多くが「1」。

千葉県 公立高校入試 学区 (2020年度/令和2年度)

県立高校の普通科の学区は9学区に分けられていて、自分の住んでいる学区と、隣り合う学区にある高校を受験できる。なお、普通科以外の学科と、千葉女子高校、木更津東高校は、県内全域から受験可能。
市立高校には別途規定がある。
一部の地域では、茨城県や埼玉県の公立高校も受験できる。

千葉県 県立高校普通科の学区
学区名所属市町村名志願可能な高校所在学区
第1学区千葉市1,2,4,6,7,9
第2学区市川市、船橋市、松戸市、習志野市、八千代市、浦安市1,2,3,4
第3学区野田市、柏市、流山市、我孫子市、鎌ケ谷市2,3,4
第4学区成田市、佐倉市、四街道市、八街市、印西市、白井市、富里市、印旛郡内全町1,2,3,4,5,6
第5学区銚子市、旭市、匝瑳市、香取市、香取郡内全町4,5,6
第6学区東金市、山武市、大網白里市、山武郡内全町1,4,5,6,7
第7学区茂原市、勝浦市、いすみ市、長生郡内全町村、夷隅郡内全町1,6,7,8,9
第8学区館山市、鴨川市、南房総市、安房郡内全町7,8,9
第9学区木更津市、市原市、君津市、富津市、袖ケ浦市1,7,8,9

千葉県 公立高校入試 一般入学者選抜 (2021年度/令和3年度)

2021年度入試から、現在2回に分けて選抜されている入試が一本化される。入試の回数を減らし、入試期間を短縮することで、中学と高校の授業時間の確保や、受験生の負担を減らすことが目的。
おもな変更点は、以下のとおり。

  • 選抜回数(2回→1回の「本検査」のみ)
    ただし、インフルエンザ罹患などで本検査をまったく受験できなかった場合は、「追検査」を受験可能
  • 入試時期(2月中旬~3月上旬→2月下旬)
  • 検査スケジュール(5教科を1日で実施→2日間で実施)
  • 内申点(千葉県独自の算式で補正→廃止)

※2019年9月末時点の最新情報

千葉県 県立高校学費情報(平成31年度)

課程区分 入学検査料 授業料 入学料
全日制 2,200円 118,800円 5,650円
課程区分 全日制
入学検査料 2,200円
授業料 118,800円
入学料 5,650円

※授業料は就学支援金減額前の金額です。

千葉県 公立高校入試 出題傾向分析と対策 (2019年度/平成31年度)

英語
傾向1
長文読解が全体の約5割※出る!
対策
大問数が9つと多く、約110語から約420語の長文が5つ出題されていますので、解くスピードが大事です。たとえば、短めの長文が3つ出題される大問7はどんどん読み進めることがコツです。出題形式は毎年ほぼ同じですので、形式ごとの解き方を練習していきましょう。
傾向2
配点が8点の20語程度書く英作文が出る!
対策
千葉県では、絵の中のセリフを20語程度で書く英作文が毎年出ています。絵から情報を読みとる方法や、語数の多い英文の書き方などを身につけていきましょう。

※約5割とは、小問数の割合のことです。

数学
傾向1
大問1、2で、基礎的な問題が約5割分※出る!
対策
大問1の計算問題、大問2の標準的な問題をしっかり解けるよう対策しましょう。教科書レベルの問題は確実に得点できるよう、繰り返し練習していきましょう。
傾向2
穴埋め(選択式)+記述式の「図形の証明問題」が出る!
対策
千葉県では、証明の前半は穴埋め形式で、後半は証明の続きを記述するという構成が特徴的です。2段階の証明の問題に取り組んでしっかり対策しましょう。

※約5割分とは、配点に占める割合です。

国語
傾向1
約2000字の小説が出る!
対策
7分程度で文章全体の内容を正確におさえて解くことが必要になります。長めの小説の問題に取り組んでコツをつかんで、長い文章でも短時間で解けるようになりましょう。
傾向2
放送を聞いて解く問題が出る!
対策
普段あまり取り組んだことのない問題はコツをおさえていないと間違えやすいです。放送を聞いて答える問題に取り組んで、コツをおさえて解けるようになりましょう。
理科
傾向1
「電池とイオン・中和」が出やすい!
対策
特に、「電解質の水溶液に金属板を入れ電流をとり出す実験」や「塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の中和」がよく出題されています。電池になる条件としくみ、中和のしくみをおさえておくことが大切です。
傾向2
「地震・火山」が出やすい!
対策
特に、「地震の波のグラフの読み取り」や「火山の種類とその特徴」がよく出題されています。初期微動継続時間や地震の波の速さ、震源からの距離の求め方をおさえておくことが大切です。
社会
傾向1
表やグラフなど、複数の資料を読みとる問題が出る!
対策
千葉県は一度に複数の資料を読みとる問題が出るのが特徴です。資料を読みとるスピードが求められるので、読みとりのコツを身につけて解くスピードを上げられるようにしていきましょう。
傾向2
複雑な近・現代の歴史を問う問題が多く出る!
対策
近代・現代は覚えることが多いので、時代の流れを整理しながら暗記を進めることが重要です。大きくみるとどのような変化があったのかを気にしながら学習を進めましょう。

受験ニュース/コラム

クローズアップ

受験コラム

高校受験ニュース

千葉県進路相談Q&A

Twitter LINE はてなブックマーク
ページ上部に戻る
無料体験教材のお申し込み ×