最新入試情報

【千葉県】私立高校入試のキホン「併願推薦」とは?

千葉県で公立高校を第一志望とした先輩の多くが、「併願推薦」という制度をつかって私立高校を受験しています。しくみの基本を理解しておきましょう

【千葉県】私立高校入試のキホン「併願推薦」とは?

【千葉県】私立高校入試のキホン「併願推薦」とは?

千葉県私立高校入試の募集区分一覧

千葉県の私立高校は、前期選抜がメイン

千葉県の私立高校入試には、前期選抜(1月中旬~2月上旬)と後期選抜(2月上旬~下旬)があります。ほとんどの高校で前期選抜の募集枠が大きく、後期選抜を行わない高校も増えていますので注意が必要です。

推薦入試には内申点の基準などの推薦条件がある

選抜には、「推薦入試」と「一般入試」があります。
推薦入試では、高校が推薦条件(出願の基準など)を設定し、それを満たしていないと出願できません。

(推薦条件例)

  • 3学年前期、または2学期の5段階5教科合計値が20以上(単願)、22以上(併願)
  • 各学年の欠席日数が10日以内

※なお、一部、推薦入試を実施しない高校もあります。

単願と併願のうち、公立が第一志望なら「併願」で受験

「推薦入試」と一部の「一般入試」には、「単願」と「併願」があります。

  • 単願…推薦条件を満たせば、ほとんどの場合、合格できます。その高校を第一志望として受験し、合格したら入学することが条件です。
  • 併願…推薦条件は単願よりも高めに設定されます。公立高校やほかの私立高校との併願が可能です。推薦入試の併願が、いわゆる「併願推薦」です。

とにかく、内申点を1点でも高くとっておきましょう

希望に合う私立高校の併願推薦を勝ちとるには、内申点を1点でも多くとっておくことが大切です。受験直前になって「推薦条件に内申点が1点足りなかった」と悔しい思いをしないためにも、今から、日々の学習をがんばりましょう。

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(千葉県)

特集

過去の高校受験ニュース(千葉県)

無料体験教材のお申し込み ×