最新入試情報

【千葉県】知っておきたい!千葉県私立高校入試の基礎知識

公立高校を第一志望としている受験生でも、併願として私立高校を受験する人がほとんどです。私立高校の入試制度は、公立高校の入試制度とは違うので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

【千葉県】知っておきたい!千葉県私立高校入試の基礎知識

千葉県私立高校入試日程

千葉県の私立高校入試は、一般的に日程を「前期選抜」と「後期選抜」に分けて実施されます。
例年私立高校入試は公立高校入試の前(1月中旬から)から行われています。

千葉県と隣接都県の私立高校入試日程

私立高校の入試概要 「推薦」と「一般」

千葉県の多くの私立高校は「前期選抜」の募集定員枠が大きく、「後期選抜」があったとしても、定員枠が10~20名程度と小規模の募集がほとんどです。中には暁星国際高校や千葉学芸高校のように30~40名程度の募集枠を持つ高校もありますが、近年では「後期選抜」を取りやめる高校も出ています。「前期選抜」の場合は1月17、18、19日に集中しています。また「後期選抜」は2月15日に実施する高校が多数となりますが高校によって実施日はさまざまです。
募集の方法としては、「推薦」「一般」や「単願」「併願」といった方法で生徒募集を行っています。詳細は下の表でご確認ください。

千葉県私立高校入試の募集区分一覧

第一志望を公立高校とする受験生向けの私立高校受験

公立高校を第1志望として私立高校を受験する場合、多くの受験生は「推薦」の「併願」という方法で受験をすることになります。
推薦条件として出願基準があります。この出願基準は多くの高校で中学校の成績を目安として設定していますが、これを満たしているかを中学校の先生と、中3の秋の面談で確認します。
もしこの目安を満たしていない場合は、一般入試のオープンという仕組みで受験することもできます。

当日の試験で合否が決まるオープン入試

オープン入試では、内申書などの提出書類による合否判定は行われず、入試当日の試験(おもに学力試験)の成績によって合否が決定します。

「単願」と「併願」と「オープン」

単願とは、合格したら必ず入学することが前提で受験するもので、出願校以外は原則受験できません。
一方、併願とオープンは他の私立高校や公立高校の受験も可能です。
公立高校が第一志望の場合、前期の「併願推薦」や一般入試(併願またはオープン)で挑戦しましょう。

千葉県の私立高校入試の特徴(例)

推薦入試には出願基準がある

推薦入試は原則として中学校長の推薦が必要です。各高校で成績などの出願基準が設定されていることが多く、基準を満たしていれば、合格する可能性が高いです。

私立高校入試の検査内容と合否判定

私立高校の入試では、国語・英語・数学の3教科または5教科の学力検査と面接を実施する高校が多くなっています。
合否の判定は、おもに内申書と学力試験を資料として選抜されます。また、当日の試験の得点でコースが決定する高校も多いため、より上位のコースでの合格を希望する場合は過去問の対策が必要です。

私立高校の学費延納措置

私立高校における入学手続きの際に、公立高校の合格発表まで、入学金や学費の納入の全部または一部を待ってくれる制度を「延納制度」と言います。
千葉県の私立高校の多くは、延納手続きをして前納金を納めれば、公立高校合格発表まで延納が可能です。
前納金の金額は2~5万円の高校がほとんど。中には延納手続きをすれば前納金不要な高校や、延納手続きも必要ない高校もあります。

<高校入試情報サイト>では、千葉県の私立高校の高校・学科ごとに「入学手続き時納入金」の延納制度の内容や「入学金」「授業料」の金額などを一覧で掲載しています。

千葉県の入試情報は、千葉県私立中学高等学校協会のWebサイトにも掲載されています。

東京都の私立高校の入試制度

千葉県の受験生が、公立高校のおさえとして東京都の私立高校を受験することもできます。千葉県の生徒が東京の私立高校を受験する際には、一般的に「併願推薦」は「B推薦」などで受験することになります。この場合の試験日は1月22日、23日に行われることが多いです。

詳しくは下記をご参照ください。

この記事を書いた人

千葉県入試分析担当

千葉県入試分析担当

進研ゼミ『中学講座』

千葉県の高校入試分析を担当しています。進研ゼミのサービスをフル活用して志望校に合格できるよう、受験生と保護者に役立つ情報を提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(千葉県)

特集

過去の高校受験ニュース(千葉県)

無料体験教材のお申し込み ×