受験ニュース

【大阪府】令和2年度:公立高校入試の各高校の学力検査問題の種類などを発表

大阪府教育委員会は、令和2年度大阪府公立高校入学者選抜における各高校のアドミッションポリシー(求める生徒像)、学力検査問題の種類、学力検査の成績および調査書の評定にかける倍率のタイプを発表しました。

令和2年度 公立高校一般入試の学力検査問題の種類、学力検査成績と調査書評定にかける倍率のタイプなど

大阪府公立高校の各高校のアドミッションポリシー(求める生徒像)

アドミッションポリシーとは、学校が求める生徒像、期待する生徒の姿を示したものであり、受験生にとって志望校を決定する大きな判断材料の一つになるとともに、受験生が出願時に自己申告書を作成する際に参照するものになります。
高校においては、総合点(学力検査の成績等+調査書中の評定)等とともに、このアドミッションポリシーに基づいて受験生の合否を判定することになります。

学力検査問題の種類、学力検査の成績と調査書の評定にかける倍率のタイプ

特別入学者選抜等の国語、数学、英語の学力検査問題には、A(基礎的問題)、B(標準的問題)の2種類、一般入学者選抜には、A(基礎的問題)、B(標準的問題)、C(発展的問題)の3種類があり、各高校が実施する問題の種類が一覧表に発表されています。
学力検査の成績にかける倍率と調査書にかける倍率は、府立高校は5タイプ、市立高校は9タイプあり、各高校が実施するタイプも一覧表で発表されています。

なお、C問題の選択状況は3校で前年度から変更になりました。
寝屋川高校は国数英すべてB問題に、鳳高校は国数英すべてC問題に、今宮高校では英語がC問題からB問題に変更になりC問題は国語のみになりました。そのほかのC問題選択校については、前年度からの変更はありませんでした。

詳しくは、大阪府教育委員会のWebサイトでご確認ください。

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(大阪府)

特集

過去の高校受験ニュース(大阪府)

無料体験教材
お申し込み
春の総復習ドリル
無償配布中