最新入試情報

【東京都】私立高校の授業料無償化で学費はいくらになる?

国や東京都で私立高校の授業料への支援が手厚くなっていますが、私立高校に納入するのは、授業料だけではありません。授業料が軽減されても、納入しなくてはいけない費用についても確認し、学費の準備をしておきましょう。

【東京都】私立高校の授業料無償化で学費はいくらになる?

東京都の授業料負担軽減助成金制度とは?

東京都では、国の就学支援金にプラスして、世帯年収(目安)が約760万円までの世帯には、東京都の私立高校の平均授業料相当(2019年度は456,000円)までが軽減される制度があります。
東京都の授業料負担軽減助成金制度についてはこちらで確認しておきましょう。

2020年度(令和2年度)の私立高校の平均授業料は?

都内にある私立高校231校(休校中等の学校を除く)の平均授業料は、466,708円です。
2020年度の東京都の授業料負担軽減助成金制度がどうなるかはまだ発表がありませんが、もし、この平均授業料までが軽減の対象と仮定すると、約7割の高校(学科・コース)が平均以下の授業料となり、多くの高校で授業料の負担は実質0円となります。

授業料以外に納める私立高校の学費は?

各高校により項目は異なりますが、主に高校1年時に納めるものは、入学金や施設費などです。これらの金額と授業料を合わせて初年度納付金として合計された金額の平均は以下です。

2020年度の授業料と初年度納付金の平均額
授業料 初年度納付金(総額)
466,708円 934,038円

もし2020年度の東京都の授業料負担軽減助成金制度がこの平均授業料466,708円まで軽減の対象となったとしても、初年度納付金から授業料を引いた額(平均額で言うと467,330円)を負担する必要があります。

学費の高い私立高校、低い私立高校は?

初年度納付金(総額)の高い高校と低い高校を以下にまとめました。

初年度納付金(総額)が高い高校(普通科のみ)
  高校名 初年度納付金(総額)
1 玉川学園高等部(IBクラス) 1,906,500円
2 文化学園大学杉並(ダブルディプロマコース) 1,470,000円
3 玉川学園高等部(一般クラス) 1,416,500円
4 立教池袋 1,302,000円
5 成城学園 1,260,000円
初年度納付金(総額)が低い高校(普通科のみ)
  高校名 初年度納付金(総額)
1 鶴川 639,800円
2 淑徳(留学類系) 732,250円
3 東洋女子 752,000円
4 東京実業 754,000円
5 日本女子体育大学附属二階堂 762,000円

国の就学支援金や東京都の授業料負担軽減助成金制度により軽減されたとはいえ、負担が大きい私立高校の学費。事前にしっかりと準備しておきたいものです。

東京都入試分析担当

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(東京都)

特集

過去の高校受験ニュース(東京都)

無料体験教材のお申し込み ×