最新入試情報

【神奈川県】公立高校の選考基準をチェック!

令和2年度の公立高校入試の選考基準が公表されました。
神奈川県の公立高校入試では、共通選抜・第1次選考の選抜資料(調査書・学力検査・面接・特色検査*)、第2次選考の選抜資料(学力検査・面接・特色検査*)の得点は各高校が決めた比率で扱われます。これが「選考基準」です。
第1次選考において、調査書(内申書)を重視する高校と、当日の学力検査を重視する高校では、事前の対策はかなり違います。まずは気になる高校の基準を確認しておくことが重要です。

*実施した場合

【神奈川県】公立高校の選考基準をチェック!

神奈川県公立高校入試では配点比率が合否を分ける

神奈川県公立高校の募集定員の90%を選抜する共通選抜・第1次選考は、「調査書」+「学力検査の結果」+「面接の結果」(+「特色検査の結果」)の各選抜資料を用い合格者が決められます。
このとき、各選抜資料の得点を100点満点に換算し、高校・学科ごとに合計が10*になる整数の比率をかけて数値を算出します。この比率が合否に大きく影響するのです。
*特色検査の得点は含みません。

たとえば、内申点が高いAさんと学力検査で頑張ったBさん。2人が同じ高校を受検した場合の合計点の違いを比較してみたのが以下の表です。

比率で変わる得点の例

Aさん
(内申点が高い)
Bさん
(学力検査点が高い)
内申点(調査書評定)
135点満点
128 108
学力検査
500点満点
355 425
比率(内申点:学力検査) H30年度入試での実施校例 比率から算出した合計点
2:6 横浜翠嵐 615.6 670.0
3:5 柏陽・湘南など 639.4 665.0

4:4

川和・相模原など 663.2 660.0
5:3 荏田・保土ケ谷など 687.1 655.0

※掲載している比率は、面接の比率を「2」としたときのパターンです。
※教科・学科の重点化は考慮していません。
※面接・特色検査の得点は除いています。
※小数点第二位を四捨五入で計算しています。

内申点が高ければ調査書(内申書)重視型、学力検査点が高ければ学力検査重視型を選ぶと有利に働くことも!

比率が4:4の高校であれば、算出された得点に大きな差はありません。ところが、2:6の学力検査重視型の高校では、学力検査点が高いBさんが合計点ではAさんを約54点も上回ります。逆に、5:3の調査書重視型の高校では、内申点が高いAさんが、Bさんよりも約32点合計点が高くなるという結果になるのです。
もちろん、学力検査と調査書だけで合否が決まるわけではありませんが、比率によって有利・不利に働くことがありますので、志望校選びの参考にしてみてください。

(注)ただし、第2次選考においては、調査書の評定は選抜に用いないため、学力検査、面接、(特色検査)の得点が高い生徒が有利になります。

令和2年度入試の各高校の選考基準は?

気になる高校は内申点と学力検査のどちらを重視するのか、受験勉強の力の入れどころを知るためにも、ぜひ早めに確認しておきましょう。
令和2年度入試から、学力向上進学重点校とエントリー校では、全校で特色検査が実施されますので、志望する方は要確認です。

主な公立高校の共通選抜(第一次選考)における内申点・学力検査・面接・特色検査の比率

高校名学科・コース比率
内申点 学力検査 面接 特色検査
厚木 普通科 3 5 2 2
鎌倉 普通科 3 5 2 1
川和 普通科 4 4 2 1
希望ケ丘 普通科 3 5 2 1
光陵 普通科 3 5 2 1
相模原(県立) 普通科 4 4 2 1
湘南 普通科 3 5 2 1
多摩 普通科 3 5 2 2
茅ケ崎北陵 普通科 3 5 2 1
柏陽 普通科 3 5 2 2
平塚江南 普通科 3 5 2 1
大和 普通科 3 5 2 1
横須賀 普通科 3 5 2 1
横浜翠嵐 普通科 2 6 2 2
横浜平沼 普通科 4 4 2 1
横浜緑ケ丘 普通科 3 5 2 2
小田原 普通科 4 4 2 1
神奈川総合 普通科個性化コース 3 5 2
普通科国際文化コース 3 5 2 2
横浜国際 国際科本体 4 4 2 3
横浜サイエンスフロンティア 理数科 3 5 2 2

(執筆:「進研ゼミ」高校受験総合センター)

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(神奈川県)

特集

過去の高校受験ニュース(神奈川県)

無料体験教材
お申し込み
春の総復習ドリル
無償配布中