最新入試情報

【秋田県】2023年度(令和5年度)より公立高校入試制度を変更

秋田県教育委員会は、現在の中学1年生が受験する令和5年度(2023年度)入試より、公立高校の入学者選抜制度を変更することを発表しました。特色選抜と一般選抜を1次募集として1回の入試に統合し、同一日に実施します。

【秋田県】2023年度(令和5年度)より公立高校入試制度を変更

令和5年度(2023年度)秋田県公立高校入学者選抜 変更内容

1次募集

特色選抜、一般選抜ともに3月上旬の同一日に実施。志願者は、特色選抜か一般選抜のいずれかに出願します。特色選抜に出願する場合は、一般選抜を併願することができます。

現行の入学者選抜制度と新しい入学者制度比較一覧
現行の入学者選抜制度新しい入学者選抜制度
選抜名前期選抜一般選抜特色選抜一般選抜
実施時期1月下旬3月上旬3月上旬 同一日に実施
募集人員募集定員の10~30%募集定員の70%~90%募集定員の10~50%募集定員から特色選抜の募集人員を除いた人数
選抜方法学力検査3教科(国語・数学・英語)学力検査5教科(国語・社会・数学・理科・英語)学力検査5教科(国語・社会・数学・理科・英語)
調査書調査書
面接など面接など
志願理由書志願理由書
学校独自の提出書類学校独自の提出書類
上記の選抜資料をもとに総合的に判断して選抜上記の選抜資料をもとに総合的に判断して選抜

<特色選抜>

現行の前期選抜の趣旨を踏まえ、特色選抜を実施。現行の前期選抜は、国・数・英の3教科の学力検査を実施しますが、特色選抜では国・社・数・理・英の5教科、一般選抜と共通の学力検査が実施されます。現行の前期選抜と同様、中学校長の推薦は不要で、具体的に示された各高校の「出願の条件」を満たすことによって、出願することができます。

  1. 実施時期
    3月上旬(一般選抜と同一日に実施)
  2. 募集人員
    募集定員の10~50%
  3. 選抜資料
    以下の①~⑤の総合評価
    ①学力検査(検査問題は国語、社会、数学、理科、英語)
    ②調査書
    ③志願理由書
    ④学校独自の提出書類
    ⑤面接など
  4. 配点基準
    調査書の「各教科の学習の記録」は、原則195点満点。学科の特性に応じて各高校が配点を変える場合があります。調査書の「各教科の学習の記録」以外の記載項目や学校独自の提出書類について、各高校が基準を定めて点数化する場合があります。面接は点数化が原則となりますが、段階評価(A・B・Cなど)も可能になります。
    学力検査の配点は、原則各教科100点満点の合計500点満点。学科の特性に応じて各高校が配点を変える場合があります。

<一般選抜>

現行の一般選抜と同様に実施されます。

  1. 実施時期
    3月上旬(特色選抜と同一日に実施)
  2. 募集人員
    募集定員から特色選抜の募集人員を除いた人数。特色選抜の合格者が募集人員に満たない場合、募集定員から特色選抜の合格者数を除いた人数となります。
  3. 選抜
    以下の①~③の総合評価
    ①学力検査(検査問題は国語、社会、数学、理科、英語)
    ②調査書
    ③面接など
  4. 配点基準
    調査書の「各教科の学習の記録」は、原則195点満点。面接は段階評価(A・B・Cなど)が原則となります。
    学力検査の配点は、原則各教科100点満点の合計500点満点です。

詳しくは、秋田県教育委員会のWebサイトでご確認ください。

進研ゼミ『中学講座』 秋田県入試分析担当

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(秋田県)

特集

過去の高校受験ニュース(秋田県)

無料体験教材のお申し込み ×