最新入試情報

【福井県】2020年度から年収910万円未満の世帯で私立高校授業料は実質無償に!

私立高校には「お金がかかる」というイメージがありますが、2020年度より、私立高校の授業料に対する国の就学支援金が大幅に引き上げられ、年収目安590万円未満の世帯では、実質無償になることが発表されています。さらに、上乗せ部分にあたる福井県独自の授業料無償化制度について、概要が発表されました。

【福井県】2020年度から年収910万円未満の世帯で私立高校授業料は実質無償に!

福井県独自の制度により授業料33.5万円まで支援

福井県では、これまでは年収目安590万円未満の世帯までが授業料無償化の対象でしたが、国の就学支援金制度が大幅に拡充されることに伴い、2020年度より独自の授業料無償化制度を年収目安910万円未満の世帯まで拡大することになりました。
これにより、共働き世帯などでも無償化の対象になる世帯が増えることになります。

2020年4月からの国の就学支援金制度と福井県独自の授業料無償化制度

国の就学支援金は、全国私学の平均授業料を勘案した額(39万6千円)が上限で、在学校の授業料がそれよりも低額の場合は、その額が上限となります。年収目安590万円以上で910万円未満の場合は、福井県独自の授業料無償化制度の適用となり、県内の平均授業料額を勘案した額(33万5千円)が支給の上限となります。

詳細は、福井県大学私学課のWebサイトでご確認ください。

さらに入学金も県立高校並みに引き下げ

福井県では、2020年度4月から、私立高校の入学金も県立高校並みの5,000円~5,650円に大幅に引き下げられます。すべての世帯に適用されるので、年収が910万以上の世帯にも適用されます。

授業料以外にかかる費用にも補助がある

私立高校では、授業料が無償になっても、施設費などさまざまな費用がかかります。これらの授業料以外の費用も、福井県独自の制度によって、年収目安590万円未満の場合には減免補助が受けられます。

福井県独自の施設設備費等の減免補助

詳細は、福井県大学私学課のWebサイトでご確認ください。

福井県内私立高校の授業料・入学金・施設費

2019年度の福井県内私立高校の授業料や入学金、施設費などの額は以下の通りです。

福井県内私立高校(全日制)の初年度費用の平均
授業料入学金施設整備費等
282,720円98,000円106,068円

県内にある多くの私立高校の授業料は、国の就学支援金、または福井県独自の就学支援金の上限額よりも低額なので、世帯年収目安が910万円未満であれば、実質無償となります。

<高校入試情報サイト>では、福井県をはじめとした全国の私立高校の授業料・入学金などの学費、延納制度の内容について掲載しています。

また、私立高校を受験する場合、「入学手続き時納入金」の支払いを、公立高校の合格発表後まで待ってもらえる延納制度の有無も重要です。
気になる高校の学費、延納制度を確認しておきましょう。

この記事を書いた人

福井県<br>入試分析担当

福井県
入試分析担当

進研ゼミ『中学講座』

福井県の高校入試分析を担当しています。進研ゼミのサービスをフル活用して志望校に合格できるよう、受験生と保護者に役立つ情報を提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(福井県)

特集

過去の高校受験ニュース(福井県)

無料体験教材のお申し込み ×