最新入試情報

【千葉県】高校受験成功のカギ! 三者面談までに親がすべきこと

中三の11月から12月にかけて行われる三者面談。
面談までに「何を・どの程度まで」お子さまと話し合って決めなければならないのかをご紹介します。

【千葉県】高校受験成功のカギ! 三者面談までに親がすべきこと

三者面談で聞かれることを知っておく

中三の三者面談では以下のようなことが聞かれます。

  • 第1志望はどの高校か
  • 私立の併願校はどの高校を受けるのか
  • それぞれの高校をどの入試方法で受けるのか(推薦、一般など)
  • 公立の第1志望を変更しなければならなくなったときにどうするか、など

三者面談は、家庭の「受験方針」を先生に伝え、それに対し、先生が内申点やテストの成績などをもとに意見をくれる場と考えるとよいでしょう。
そのため、面談の前に、保護者の方がお子さまをうまくリードして、よく話し合い、家庭内での結論を出しておくことが大切です。

どの私立高校を推薦で受験したいのかを決めておく

千葉県の多くの私立高校では、12月以降、中学校の先生と私立高校とで「入試相談」が行われ、推薦で出願する生徒について話し合います。
そのため中学校は、「どの生徒が、どの私立高校を、推薦で受験するのか」を把握する必要があるのです。
面談では、私立高校の推薦を希望するかどうかを確認されますので、ご家庭でよく話し合って決めておきましょう。

以下のコラムもご覧ください。

面談では、私立推薦の出願基準を満たしているかを教えてもらえる

三者面談では、内申点が推薦入試の出願基準を満たすかどうかや、中学校で受ける実力テストなどの結果を見て、その高校への合格の可能性をアドバイスしてくれます。

私立高校の候補は3校程度考えておく

志望する私立高校を推薦(単願・併願)で受けるのに内申点が足りない場合、もしくは家庭で想定していたよりも上位の高校を狙える場合など、面談の中で志望校を変更する必要がでてくることがあります。そのため、受験する私立高校は本命のほかに、チャレンジ校、おさえ校(案全校)など3校程度は考えておくと、面談をスムーズに進めることができます。

公立第1志望の場合は、複数の候補を準備しておく

公立高校についても、本命校以外に「ここなら行きたい(行かせたい)と思う高校を1~2校程度は考えておくことをおすすめします。

公立の受験校は、じつは出願ギリギリまで考えられる

三者面談までに受験校を決められるのがベストですが、もし迷って決められないとしても大丈夫。公立高校の出願は年明けなので、それまでに決めればよいのです。その場合は、「冬休みの模試で判定が安全圏になったらA高校、出なければB高校」など、条件をつけて最終決定するとよいでしょう。

大好評!「三者面談用 受験校絞り込みシート」を活用しよう!

複数の高校で迷っている場合は、下図の「三者面談用 受験校絞り込みシート」をご活用ください。お子さまと保護者の方の高校選びの観点を整理し、それぞれの高校を俯瞰(ふかん)できるので、絞り込みやすくなります。

三者面談用 受験校絞り込みシート

※PDFをプリントアウトして、ご活用ください。

受験校選びで迷ったら<進路個別相談ダイヤル>へ

「あの高校の併願推薦の出願基準が知りたい」、「受験校と併願校の組み合わせに自信がない」など、受験校決定に関してお困りの際は<進路個別相談ダイヤル>へご相談ください。
千葉県の進路専門アドバイザーが、受験校決定のアドバイスをいたします。進研ゼミ会員の保護者の方のみご利用できます。

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(千葉県)

特集

過去の高校受験ニュース(千葉県)

無料体験教材
お申し込み
春の総復習ドリル
無償配布中