受験ニュース

【京都府】平成31年度:公立高校「前期選抜」の合格者数(高校・学科別の倍率など)を発表

京都府教育委員会は2月21日、平成31年度公立高校「前期選抜」の高校・学科別の合格者数、倍率などについて発表しました。

平成31年度 前期選抜の実質倍率 最高は洛北高校普通科の6.54倍

前期選抜は、全日制の募集人員合計5,340人に対して10,902人が受検し、5,248人が合格、全体の実質倍率は2.08倍(前年度は2.13倍)となりました。

「前期選抜」で実質倍率の高い高校・学科等(上位5校)は、次のとおりです(全日制)。

高校名 学科など 受検者数(最終) 合格者数 倍率
洛北 普通[単位制]・A方式1型 157 24 6.54
山城 普通・A方式1型 271 48 5.65
北嵯峨 普通・A方式 211 42 5.02
紫野 普通・A方式1型 193 40 4.83
向陽 普通・A方式 141 30 4.70

高校・学科等ごとに、募集定員、選抜方式・型、前期選抜募集割合、前期選抜募集人員、志願者数、受検者数(最終)、合格者数、倍率などが一覧表で発表されています。

詳しくは、京都府教育委員会のWebサイトでご確認ください。

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

高校一覧

最新入試情報(京都府)

特集

過去の高校受験ニュース(京都府)

無料体験教材のお申し込み ×