受験ニュース

【北海道】令和2年度以降:公立高校配置計画案(令和2年度~4年度)で、学級増減や新設校について発表

北海道教育委員会は、令和2年度~4年度の公立高校配置計画案を発表しました。学級増減、学科転換、再編整備(募集停止、新設校)、普通科単位制の導入、地域連携特例校の導入などの最新情報が発表されています。

令和2年度~4年度の公立高校配置計画案

令和2年度~3年度 高校配置計画の変更内容

  • 学級減(検討中だった減学科を発表)
    ・苫小牧総合経済高校:流通経済科を学級減
    ・旭川商業高校:情報処理科を学級減
  • 学級減・学科転換(検討中だった減学科を発表)
    ・中標津高校:商業科(1学級)と事務情報科(1学級)を、総合ビジネス科(1学級)に学級減・学科転換
  • 再編整備・単位制の導入(1学級減から、再編整備の新設校設置を発表)
    ・伊達高校(3学級)と伊達緑丘高校(4学級)を募集停止し、普通科単位制の新設校(6学級)に再編
  • 地域連携特例校の導入
    ・羅臼高校(協力校:中標津高校)に、地域連携特例校を導入

令和4年度の高校配置計画案

  • 学級増(各1学級)
    ・札幌月寒高校、札幌北陵高校、札幌手稲高校、札幌丘珠高校、恵庭北高校
  • 単位制の導入
    ・釧路北陽高校

地域連携特例校の再編整備の留保

・福島商業高校:再編整備を留保

公立高校配置計画案(令和2年度~4年度)策定の考え方、公立高校配置計画案(令和2年度~4年度)の内容、公立高校配置計画案(令和2年度~4年度)学区別個表も発表されています。

詳しくは、北海道教育委員会のWebサイトでご確認ください。

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(北海道)

特集

過去の高校受験ニュース(北海道)

無料体験教材のお申し込み ×