受験ニュース

【宮城県】平成32年度:新しい県立高校入試制度の内容を発表

宮城県教育委員会は、平成32年度入試(現在の中学1年生が受検)から実施予定の新しい県立高校入試制度について発表しました。

宮城県 平成32年度入試から「第一次募集」の実質1回型に

平成32年度入試から実施される新しい県立高校入試「第一次募集」のおもな内容は次のとおりです。

(1)出願および学力検査について

イ出願

  • 2月中旬
  • 入学願書、写真票、調査書等を提出
  • ただし志願理由書の提出は不要

ロ学力検査の実施

  • 3月上旬
  • 全員に5教科(国語、社会、数学、理科、英語)の学力検査を実施
  • 各教科50分

ハ面接・実技・作文の実施

  • 各高校が高校の特色に応じて、面接、実技、作文の中から1つまたは複数の検査を実施できる。

(2)選抜方法について

受験生全員を「共通選抜」および「特色選抜」の対象とし、2つの選抜の選抜順序、募集割合、選抜資料の配点等については各高校が定め、あらかじめ公表する。

イ「共通選抜」

  • 学力検査の結果および調査書に基づいて選抜する。

ロ「特色選抜」

  • 選抜資料の配点等を共通選抜と別に定め、各高校および学科等の求める生徒像に照らして総合的に審査し、選抜する。

(3)「共通選抜」と「特色選抜」の募集割合について

  • 「特色選抜」の募集割合は、募集定員の10%から50%の範囲内で、各高校・学科の特色に応じて設定する。ただし体育および美術に関する学科・定時制課程は募集定員の10%から90%の範囲内で設定する。

(4)合格者の発表について

  • 「共通選抜」と「特色選抜」の区別なく、合格者を発表する。

「調査書」、「新しい県立高校入学者選抜制度と現行制度との比較」、「平成32年度春までの日程」、「求める生徒像(例:普通科と商業科を併置する高校)」などの資料も掲載されています。

詳しくは、宮城県教育委員会のWebサイトの「新しい県立高等学校入学者選抜制度について」でご確認ください。

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(宮城県)

特集

過去の高校受験ニュース(宮城県)

無料体験教材
お申し込み
春の総復習ドリル
無償配布中