受験ニュース

【奈良県】平成31年度:県立高校一般選抜 学力検査時間の拡充、「追検査」の新たな設定などを発表

奈良県教育委員会は5月24日、「平成31年度県立高校入学者選抜のお知らせ」を発表しました。一般選抜の学力検査時間の拡充、「追検査」を新たに設定、二次募集の検査内容・応募資格の変更、の3つの変更点について掲載されています。

平成31年度 奈良県立高校入学者選抜 変更点

一般選抜の学力検査時間を40分から50分に延長

一般選抜の5教科の学力検査は、平成30年度入試までは各教科40分で実施されていましたが、平成31年入試からは思考力、判断力、表現力などをより適切に測ることができるように、検査時間が各教科50分に拡充されます。

特色選抜や一般選抜に、新たに「追検査」を設定

「追検査」は、インフルエンザなどのやむを得ない理由により検査を欠席した人を対象に実施されます。

  • 特色選抜や一般選抜をやむを得ない理由により欠席した人は、3月下旬に実施する「追検査」を受検することができる
  • 特色選抜における追検査対象者は、一般選抜に出願することができる
  • 一般選抜における追検査対象者は、追検査を受検することで二次募集に出願することができる
  • 追検査は「国語、数学、英語」の学力検査、調査書の成績、調査書のその他の記載事項を資料として、総合的に合否を判定する
  • 追検査で合格した場合、他の合格は無効とする

二次募集の検査内容・募集資格を変更

合否の判定に一般選抜の学力検査の得点を用いるなど、新たな変更点が発表されています。

詳しくは、奈良県教育委員会Webサイトの「平成31年度奈良県立高等学校入学者選抜のお知らせ」でご確認ください。

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(奈良県)

特集

過去の高校受験ニュース(奈良県)

無料体験教材のお申し込み ×