受験ニュース

【新潟県】令和2年度/2020年度:公立高校の「学校・学科ごとの募集人数と選抜方法等」を発表

新潟県教育委員会は、令和2年度県立高校および市立高校の「学校・学科ごとの募集人数と選抜方法等」を発表しました。

令和2年度 新潟県公立高校入学者選抜の募集人数等

令和2年3月中学校卒業見込者(中等教育学校前期課程の生徒を含む)は、19,157人で、前年度より559人減少。全日制公立高校の募集人数は13,350人(前年度は13,870人)、募集学級は334学級(前年度は347学級)となります。

募集学級数に変更のある高校や、学科改編のある高校についても発表されています。

令和2年度 学校・学科ごとの募集人数、特色化選抜と一般選抜の選抜方法など

おもに高校・学科ごとの募集学級数と募集人数のほか、次の内容が一覧で発表されています。

特色化選抜

  • 面接以外の検査の有無
  • 分野や種目など
  • 募集人数(以内)

一般選抜

  • 調査書と学力検査の比重
  • 傾斜配点を実施する場合の教科
  • 第2志望の実施有無
  • 学校独自検査(面接・PRシート・実技検査・課題作文・筆答検査など)の実施有無と内容、配点

令和2年度 県立高校と市立高校の求める生徒像

県立高校・市立高校の高校ごとに、求める生徒像が発表されています。

詳しくは、新潟県教育委員会のWebサイトでご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(新潟県)

特集

過去の高校受験ニュース(新潟県)

無料体験教材のお申し込み ×