定期テストの勉強はいつから始める? 効率のよい計画の立て方・進め方

受験対策

定期テストの勉強は2週間前に始められるように計画を立てるのが理想です。計画倒れにならないような効率のよい計画の立て方や進め方も知っておくとよいでしょう。直前になって慌てないように、ゆとりをもってコツコツ進める方法を紹介します。

定期テスト対策はいつから始める?

定期テスト対策は一般的に2週間前から始めるとよいといわれています。実際に定期テストの範囲が発表になるのがこのくらいの時期なので、範囲が出たらすぐに勉強に取りかかれるようにしておきましょう。

定期テスト対策は2週間前から

3週間前には何をする?

3週間前に勉強を始めている人は少ないはずなので、この時点で少しずつ準備をしておくとライバルに差をつけることができます。テスト直前に慌てることもなくなるので、できることから始めておきましょう。

この時期にできることは「年間予定表でテスト日程を確認しておく」ということです。テスト日程を確認しておくと、「いつがテスト2週間前なのか」がわかり、スタートを切りやすくなります。また、前回のテスト範囲の続きを勉強し始めておくのも効果的です。学校のワークや問題集の続きをやっておけば、テスト前に提出するときにも慌てずにすみます

2週間前から始めるのが一般的

テスト範囲が発表される2週間前には定期テストの勉強を始めましょう。学校によっては2週間前ではなく10日前にテスト範囲が発表されることがありますが、それでも2週間前に始めておくことが大切です。テスト範囲の発表前であっても、「前回のテスト範囲の続き」と「今授業で勉強していること」は確実にテストに出ますから、計画を立ててどんどん進めてしまいましょう。

直前1週間は追い込みの時期

定期テスト直前の1週間は部活が休みになることが多いため、テスト勉強にかけられる時間が増える、追い込みの時期です。早めに勉強を始めた人はこの時期に余裕をもって勉強できます。どうしてもわからない問題や単元をしっかり解けるようにしましょう。
また、テスト3日前までに学校から出ている課題をすべて終わらせましょう。残り2日で、苦手な科目やわからない単元・問題を集中的に対策することができます。テスト前日は、翌日のテスト科目の対策に集中するのがベストです。

中3は定期テストの結果が受験に直結します。中3の方向けの定期テスト勉強法は、以下のコラムで紹介しています。

定期テスト対策の計画の立て方

定期テスト対策の計画を立てるときには、効率よく勉強する順番や、やる気が出やすい予定の立て方があります。

計画の立て方

やる気が出る計画の立て方のポイント

勉強の計画を立てるときには、勉強する量にゆとりをもたせておくようにしましょう。「全科目1日10ページずつワークを進める!」など気合いの入りすぎた予定を立てる人がいますが、実際に自分ができる量を考えて無理のない量にしておきましょう。急に予定が入ることも想定し、あらかじめ「調整日」を設けておくのもよいでしょう。

やってはいけない計画の立て方

勉強の計画を立てるときに分刻みでみっちりと予定を立てる人がいますが、余裕のない計画は立てないようにしましょう。各科目1時間ずつにするなどざっくりとした計画で十分です。また部活・休憩・食事・お風呂などの時間も無理なくとりましょう。

目標点を設定するとよい

計画を立てるときに、テストの目標点を設定すると効果的です。目標点はどれだけ力を入れて勉強すればいいかという目安になります。目標点は前回のテストよりも少し高めに設定するとよいでしょう。そして、前回よりも時間を割いて、より多く勉強することを心がけましょう。

勉強する順番は?

勉強するときには優先順位をつけておくとよいでしょう。「範囲が広い科目」「苦手な科目」から始めるのがおすすめです。誰でも好きな科目や得意科目から勉強を始めたくなりますが、好きな科目はいつまでも勉強し続けてしまうものです。そうすると苦手科目の勉強に手がまわらなくなってしまいます。
苦手からだとやる気が起きない場合は得意→苦手→得意など、交互に勉強をする方法もあります。得意をやりすぎないように、時間やページをあらかじめ区切っておくとよいでしょう。

定期テスト対策のスケジュール表

定期テスト対策のスケジュール表の書き方や、使うスケジュール表の種類・アプリなども知っておくと便利です。

定期テスト対策のスケジュール表

学校からスケジュール表が配られる場合がある

テスト範囲が発表されるときに、学校からスケジュール表が配られることがあります。スケジュールどおりに勉強できたかどうかをチェックして学校に提出し、評価の一部にされることも多いです。その場合は勉強する内容を細かく書かなければいけませんが、途中で予定変更をしてはいけないということはありませんので、勉強の進み具合によって柔軟に微調整をしていきましょう。

自分の好きなスケジュール表を使おう!

学校でスケジュール表が配られない場合は、自分の好きなスケジュール表を使いましょう。ネットで検索するとさまざまなスケジュール表が出てきますし、自分の好きなノートや手帳にスケジュールを書いてもよいでしょう。気に入ったスケジュール表を使うとやる気が出てきます。

スケジュール表の書き方

スケジュール表を書くときには、帰宅時間・食事・お風呂・寝る時間といった動かせない時間を先に考えておきましょう。残った時間が勉強時間です。毎日5科目勉強することは難しいですから、部活がある日は1日1~2科目、部活が無い日は3~4科目と科目数をしぼって書きましょう。
1科目は15分、30分のような短時間で区切るのではなく、1時間程度の大まかな時間で区切る方が勉強もしやすくスケジュールも立てやすいです。

また、「50分勉強して10分休憩」というサイクルがおすすめです。休憩まで含めて1時間で完結できます。また2科目をセットと考えて「55分勉強して10分休憩」にすると2時間ちょうどで2科目が終わり、キリがよくなります。

アプリを使ってスケジュール管理

ついついスマホを触ってしまって勉強に取りかかれないという人はカレンダーアプリなどを使って「勉強開始だよ!」などの通知が出るようにしましょう。1科目の終わりの時間になったら「よく頑張ったね!」などの通知を自分で入れておくと、達成感が得られます。また学習管理アプリを使うと自分がどの科目をどれだけ進められたかが目で見えるようになるのでおすすめです。

定期テスト対策の進め方

定期テスト対策のスケジュールを進めるときには、効果的に進めていくことが大切です。以下のようなポイントに注目して勉強を進めましょう。

定期テスト 計画の進め方

「今日やること」を書き出す

勉強を始めるときに「今日やること」を書き出しておきましょう。科目名・問題集のページなど、パッと見て何をやるかわかるようにしておくことが大切です。一つ終えたらマジックなどで消してしまえば、「終わった!」という満足感が強く得られます。その日終わらなかったものは消さずに残しておき、翌日に終わらせてしまいましょう。

苦手科目を先にこなす

先ほども書いた通り、苦手科目を先にやってしまいましょう。苦手科目と好きな科目はセットにして勉強しましょう。

まとめて終わらせない

勉強を進めるときに、一つの科目の問題集などを一気にやってしまう人がいますが、これは避けた方がよいです。勉強は短期間で集中して終わらせてしまうよりも、長期間に渡って少しずつ進めていった方が記憶に残りやすいことがわかっています。嫌いな科目だからといって1~2日で終わらせてしまうと、テストのときには解き方が頭から抜けているということもよくあります。じっくりコツコツと、科目のバランスを考えて勉強しましょう。

定期テスト対策はゆとりをもって進めよう!

定期テスト対策ゆとりをもって進めよう

テスト対策は2週間前から余裕をもってスタートし、計画的にコツコツと勉強することが大切です。2週間という期間をしっかりとフル活用して、テストで最高の結果が得られるように頑張りましょう。計画は途中で柔軟に変更しても大丈夫ですが、あまりに予定通りに行かない場合は少しペースを上げていくことも考えましょう。目標点に向かい、無理のない計画を立てて一生懸命に努力することで最高の結果を得られるといいですね。

『進研ゼミ中学講座』には、定期テスト対策のための教材が豊富に準備されています。全国の定期テストを研究して作成された<定期テスト厳選予想問題>(ハイブリッドスタイルではデジタル教材でお届け)、暗記対策の<定期テスト暗記BOOK>など、これまで多くの先輩たちにも大好評の教材です。
ぜひ、『進研ゼミ中学講座』をテスト対策に活用してみてくださいね。

この記事を書いた人

編集プロダクション

編集プロダクション

co-step inc. 編集プロダクション

中学・高校・大学受験における教科・進路指導を経験したスタッフが在籍しています。元教員、塾講師、学校営業など。

この記事は役に立ちましたか?

新着勉強法

おすすめの勉強法

無料体験教材のお申し込み ×