中3で内申点がアップした先輩がやっていた「王道」と「裏技」

受験対策 先輩おすすめ

中3の内申点は入試への影響も大きくとても大切です。でも中3はみんなが必死に勉強する時期なのでちょっと頑張っただけでは内申点を上げるのは難しい、とも言われています。そこで今回は、中3で内申点アップできた先輩たちのアンケートをもとに、実際にした内申点対策を王道と裏技に分けて整理しました。

中3から内申点アップのためにやっていた王道対策

内申点を上げる王道は、定期テストと提出物と授業の3つを日頃からコツコツ頑張ることです。特に、自分が十分取り組めていないと思うものに力を入れることが、内申点アップの近道になります。

王道1 定期テストで高得点をめざす

最も多くの先輩が内申点をアップさせるためにやっていたことは、「定期テストで高得点を取る」でした。とくに5教科は定期テストが重視されます。中3で「5」をもらうために定期テストは90点以上をめざして勉強していた先輩もいました。

王道2 提出物の期限を守る

そのほか多かったのは、「提出物の期限を守る」。とはいえ宿題やレポートや課題、作品などの提出期限を毎回守ることはあくまでも基本。評定を上げた先輩たちは、ただ期限内に提出するだけでなく、提出物に自分なりの工夫を加えたり、丁寧に書いたりして学習意欲を先生に伝えていました。また体育などの実技教科で書く「学習シート」や「振り返りシート」などは、細かく、自分なりの視点を加えて書くことで評価アップした先輩もいました。

王道3 授業に積極的に参加

王道の3つめは、「授業に積極的に参加」すること。積極的な態度で先生の話を聞き、きちんと仲間の意見に耳を傾けてグループワークに参加していた先輩が多数いました。とくに実技教科では、苦手でもあきらめず、まじめに取り組む姿勢を見せて評価がアップしたという声が寄せられていました。

さらに「小テストでしっかり得点する」「副教科を捨てない」といったことも多くの先輩が意識しており、手を抜かず「全力で頑張る」という声が多数あがっていました。

先輩体験談

定期テストは90点以上を取りました。提出物は付せんにポイントを書いたりして「頑張っている姿勢」を先生に伝えました。(愛知県 豊田西高校 カルボナーラ先輩)

提出物は必ず出す。ノートはしっかり丁寧に取る。基本的なことだけど、いちばん大事。(佐賀県 佐賀北高校 李尹先輩)

体育がずっと4だったけど、学習カードの記入を頑張った。そしたら5になりました!(神奈川県  多摩高校 ひー先輩)

副教科は意外と周りが手を抜きがちですが、頑張りました。(埼玉県 松山女子高校 わか先輩)

ほかにもある!内申点をアップさせるための裏技

王道の対策以外にも実は「裏技?」 とも思える内申点アップのためにやっていたこともありました。

裏技1 先生に相談する

裏技といいながら、意外とやっている人が多かったのが「教科の先生に評定の上げ方をズバリ相談」。先生にそんなこと聞いていいの? と驚いた人もいるかもしれません。でも先生も積極的に相談されるのは歓迎なのです。同じ「4」でも5に近い4の人と、3に近い4の人では、何をしたら5になるかの対策は異なります。自分に足りないところを先生に率直に相談してアドバイスをもらうことで、気づいていない部分を伸ばすことができます。

裏技2 いろいろ頑張る!

そのほかの声として、「志望校のレベルを上げる」「今やらないと未来はないと暗示をかける」という先輩も。油断しがちな人はこのように自分を追い込むのも効果的かもしれません。また、「授業中寝ないように睡眠をしっかりとる」「体育ではとにかくボールを追いかける!」「声をしっかり出す」という先輩もいました。やり方はいろいろですが、自分に合った方法で一生懸命努力して内申点をアップさせていたようです。

先輩体験談

社会の先生にわからないところを質問し、内申点を上げるコツも質問しました。(埼玉県 春日部女子高校 M.W先輩)

今やらんと明るい未来はないぞ! って、とにかく自分に暗示をかけました。(広島県 広高校 けろっとアマガエル先輩)

4から5に上げようと授業を頑張りました。授業に集中するために、睡眠もしっかりとりました! (埼玉県 川越女子高校 えだむぎ先輩)

体育はもともと苦手だったのですが、声だけはしっかり出していました。(兵庫県 姫路飾西高校 ミーム先輩)

いかがでしたか。中3になると1点でも内申点をアップしたいとだれもが思っています。周囲の仲間やライバルも必死で頑張る中できちんと評価されるには、やみくもな努力より、効果の出る努力が必要です。中3で内申点を上げた実績のある先輩たちの王道技や裏技を参考に、あなたも本気を出していきましょう。

この記事を書いた人

長谷川ヨスコ

長谷川ヨスコ

ライター

進研ゼミの中高生向け情報誌で勉強法や進路に関する記事を多数執筆。やる気アップをテーマした心理学分野が得意。スティーブン・R・コヴィー博士の「7つの習慣」が愛読書。中高生にもジュニア版「7つの習慣ティーンズ」をおすすめしたい。

この記事は役に立ちましたか?

新着勉強法

おすすめの勉強法

無料体験教材のお申し込み ×