【自宅学習にも!】数学が苦手な人こそ意識すべきこととは?

受験対策 定期テスト

多くの中学生が苦手に感じる数学。
点数を伸ばすためのポイントを、都立高校の数学の入試問題を例に、わかりやすく解説します。
とくに自宅での学習では、ポイントをおさえながら効果的に進めましょう。

【高校入試】数学に効果的!自宅学習で意識したいポイント

【高校入試】数学に効果的!自宅学習で意識したいポイント

2次元コードもご利用ください。

【参考】解説動画のサマリ

【参考】解説動画のサマリ

とくに大切なのは自分の手で「書く」こと

数学では「書く」ことが非常に重要!

例えば以下のようなことです。

  • 問題文からわかっていること、解いていくうちにわかったことを、図やグラフに書き込む。
  • 大小2つのサイコロを投げる確率の問題などは、表に書いて確認する。

書くのが面倒くさいと思う人も多いかもしれませんが、中1・中2のうちから、「書く」ことを習慣づけておきましょう。

いろいろな考え方を身につけること

1つの問題を解くときに、「Aのやり方でも、Bのやり方でも解ける」と、複数の解き方を考えるようにすることがおすすめです。
どういう考え方を使って解くのがよいのかは、問題によって異なります。
だからこそ、中1・中2のうちから、たくさんの考え方を知っておくことが、この先の力の伸びにつながります。

「Benesse教育情報サイト」のYouTube公式アカウントをチェック!

高校受験に役立つ情報を配信中!

高校入試で得点アップにつながる学習のポイント(※)のほか、入試制度をわかりやすくご説明します。

ベネッセ教育情報サイト

この記事は役に立ちましたか?

新着勉強法

おすすめの勉強法

無料体験教材のお申し込み ×