最新入試情報

【島根県】公立高校入試での内申点の計算の仕方

高校入試における内申点とはどんなものなのでしょうか。内申書(調査書)と内申点は、高校入試の合否に大きく影響します。ここでは島根県の内申点の計算の仕方や、高校入試で内申点がどのように扱われるかについて解説します。

※ここでは調査書などを、「内申書」と表現しています。

【島根県】公立高校入試での内申点の計算の仕方

「各教科の学習の記録」が内申点のもとになる

受験生一人ひとりの中学校の成績や学校生活をまとめたものが、内申書(調査書)です。中学校の先生が作成して、受験する高校に提出します。この内申書の、おもに「各教科の学習の記録」の欄に記載される成績が「内申点」になり、高校入試の合否の判定資料になります。

学力検査が実施される「英語、数学、国語、理科、社会」の5教科だけでなく、「音楽、美術、保健体育、技術・家庭」の実技4教科も内申点の対象となります。

内申書(調査書)の見本

島根県では中1から3年間の成績が高校入試に影響する

島根県の一般選抜では、「学習の記録」が、中一[45点満点]+中二[45点満点]+中三[90点満点]で合計180点満点となります。内申点のもとになる「学習の記録」の評点を算出する際には、この180点満点の点数に180分の51を掛けて(180点満点÷180×51)、51点満点となります。
さらに中三の「特別活動の記録」が、学習活動3点満点+生徒会活動3点満点+学校行事3点満点で合計9点満点となります。
「学習の記録」の評点51点に「特別活動の記録」の評点9点を加えた合計60点が内申点となります。

内申書の評定の内訳
中一の成績中二の成績中三の成績
9教科5段階の評定
9×5
=45点満点
9教科5段階の評定
9×5
=45点満点
9教科5段階の評定
を2倍
9×5×2
=90点満点

内申点を上げるにはどうすればいいか

内申点は定期テストの点数だけでなく、授業中の取り組みや提出物などについても評価に影響します。

定期テスト(中間テスト、期末テスト)の点数

定期テストで高得点を取ることは、もちろん大切です。1点でも多く取ることが、内申点アップにつながります。テスト前にしっかりテスト勉強の時間を確保し、遅くとも2週間前から勉強するなど計画的に進めるようにしましょう。

進研ゼミでは、定期テスト対策が効率よく進められる教材をお届け・配信しています。

課題の提出

各教科の宿題やレポート、作品などの課題は、提出期限内に、丁寧に仕上げたものを出すようにしましょう。

授業態度・学習態度

先生の話をしっかり聞いて、積極的に授業に取り組んでいるかなど、授業態度も大切です。実技教科は、上手下手よりも、まじめに一生懸命取り組む姿が評価されます。

その他

定期テスト以外にも評価の対象となりえる学習活動は、
・ノート提出
・ワーク提出
・レポート提出
・作品の提出
・定期テストのやり直し
・実技のテスト(歌唱、運動など)
・授業中に使ったプリント
・授業中の小テスト
・発表・発言
・調べ学習
・グループ学習・発表
・自己評価(ふりかえり)カード
などです。

学習活動すべてについて、先生はご覧になっています。テスト対策だけではなく、ふだんの授業、すべての教科に対して、しっかりと対策していくことが重要です。

この記事を書いた人

島根県入試分析担当

島根県入試分析担当

進研ゼミ『中学講座』

島根県の高校入試分析を担当しています。進研ゼミのサービスをフル活用して志望校に合格できるよう、受験生と保護者に役立つ情報を提供していきます。

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(島根県)

特集

過去の高校受験ニュース(島根県)

無料体験教材のお申し込み ×