最新入試情報

【兵庫県】2021年度公立高校入試 日程をチェックしよう!

兵庫県教育委員会より発表された情報をもとに、2021年度(令和3年度) 公立高校入試に関する情報を紹介します。

兵庫県2021年度(令和3年度) 公立高校入試日程

推薦入学・特色選抜

適性検査、面接等:2021年2月16日(火) ※一部の学校は2月17日(水)も実施
合格者発表:2021年2月21日(日)

推薦入学は、一般選抜よりも約1か月早く行われ、出願には中学校長の推薦が必要。専門学科、総合学科、単位制の普通科、普通科のコースで実施され、募集人員は募集定員の50%以内あるいは100%。
推薦入学では、全員に面接が行われ、学科やコースによっては小論文(作文)、適性検査、実技検査を実施する場合もある。合否の判定は、推薦書、内申書と面接、小論文(作文)、適性検査、実技検査の結果などから総合的に判定される。
普通科(コース)では、英語、数学、理科の中から2教科以内のペーパーテスト形式の適性検査や実技検査、小論文(作文)が実施される場合もある。

特色選抜は、推薦入学と同じ日に行われ、普通科の「特色ある類型」で実施される。中学校長の推薦は不要で、各高校の教育内容を理解し、求める要件を満たす場合に出願できる。各高校の募集定員の20%以内(最大40人)を募集するが、家島高校、生野高校、村岡高校では、募集定員の50%以内を募集する。
特色選抜の合否は、内申書と面接、高校によっては実技検査や小論文(作文)などの結果を総合して判定される。

一般選抜 学力検査

学力検査:2021年3月12日(金)
総合学科の実技検査:2021年3月13日(土)
合格者発表:2021年3月19日(金)

一般選抜では、5教科の学力検査が行われる。5教科の得点を0.5倍したもの(250点満点)と、内申書の中三の評定を換算したもの(250点満点)が同等に扱われる。内申書の中三の評定以外の諸記録や面接、実技検査なども参考にして総合的に判定される。
全日制の普通科(単位制を含む)と総合学科では、複数志願選抜が実施され、1校または2校を志願できる。合否判定の際、第1志望者は、内申点と学力検査点を合わせた総合得点(素点)に「第1志望加算点」を加えた点数で、第2志望者は素点で、すべての受検者を上位から順に並べる。得点が各校の募集定員以内であれば、総合判定を経て合格となる。
複数志願選抜実施校間の志願変更は、第2志望のみ変更可能。ただし、単独選抜実施学科から複数志願選抜実施学科へ志願変更する場合は、同一校内の学科のみ可で、第2志望は認められない。

詳しくは、高校入試情報サイト「兵庫県の高校入試情報」でご確認ください。

進研ゼミ『中学講座』 兵庫県入試分析担当

この記事は役に立ちましたか?

最新入試情報(兵庫県)

特集

過去の高校受験ニュース(兵庫県)

無料体験教材
お申し込み
春の総復習ドリル
無償配布中