知っておきたいポイントを解説
受験コラム
島根県

【島根県】知っておきたい!私立高校の学費と就学支援金制度

進研ゼミ 高校受験総合情報センター

この夏、高校見学に出かける方も多いと思いますが、併願したいと思う私立高校が見つかった場合、授業料などの学費も気になりますね。私立高校に合格した場合の納入金や学費はいくらぐらいかかるのか、事前に調べておきましょう。

【島根県】知っておきたい!私立高校の学費と就学支援金制度

私立高校の学費

私立高校の学費のうち、おもなものは授業料と施設整備費等ですが、初年度には入学金も必要になります。

島根県内私立高校の授業料・入学金

平成30年度、文部科学省の調査(*)によれば、島根県の私立高校の授業料などの平均額は以下の通りでした。

島根県内の私立高校の授業料などの初年度納付金平均額
入学料授業料施設整備費等
86,000円393,600円23,867円

<高校入試情報サイト>では、島根県をはじめとした全国の私立高校の授業料・入学金などの学費、延納制度の内容について掲載しています。

また、私立高校を受験する場合、「入学手続き時納入金」の支払いを、公立高校の合格発表後まで待ってもらえる延納制度があるかないかも、重要です。

気になる高校の学費、延納制度を確認しておきましょう。

私立高校生は世帯の所得によって就学支援金が加算される

私立高校生にも、公立高校生と同様、年収910万円未満(程度)の世帯を対象に、国からの就学支援金制度があります。私立高校生の場合には、保護者の所得によって、基準額の2.5倍まで支援金が加算される仕組みになっています。

私立高校生への国の就学支援金制度(年額)

詳細な条件などは、文部科学省のWebサイトでご確認ください。

2020年度からは実質無償化に

2020年度からは、私立高校の修学支援金の上限額が引き上げられ、実質無償化が実現される予定です。詳しくは、文部科学省のWebサイトでご確認ください。

授業料以外にかかる費用にも注意

高校では、制服代、教科書代、PTA会費、修学旅行のための積立金、部活動などの費用もかさみます。これらについても、高校のWebサイトや募集要項、学校説明会などでしっかり確認しておきたいポイントです。

授業料以外の費用も、保護者の所得によっては、奨学給付金の支給を受けられる場合があります。詳細条件などは、文部科学省のWebサイトでご確認ください。

特待生制度や奨学金の活用も

さらに、私立高校には、特待生制度や独自の奨学金制度を設けている高校もあります。成績の条件などが前提になる場合がありますので、事前に調べて、賢く利用しましょう。

この記事は役に立ちましたか?

Twitter LINE はてなブックマーク

クローズアップ

受験コラム

高校受験ニュース

ページ上部に戻る
無料体験教材のお申し込み ×