千葉県 成田国際高校
先輩体験談

i

・ここで紹介している体験談は一人の先輩が自分の体験を通して、先輩の主観をもとにして書いたレポートです。
・表示している内容は、先輩が体験談を書いてくれた時点の情報です。最新の情報は各学校のWebサイトなどでご確認ください。

閉じる

高校生活

  • 大自慢

    成田国際高校のココが自慢!

    英語に力を入れている高校で、特に授業では英語を話す機会がたくさんあるので、入学して5ヶ月ほどで英語を話す能力・聞く能力がグンと上がった気がします! また、冷房完備で快適な環境の中勉強することができます。図書室には広い自習スペースがあるので、テスト期間の時などに利用しやすいと思います。

  • 高校選択の決め手

    中学生の時は英語が得意で、高校に入ってからも伸ばしたいと思っていました。 志望校を決めたのは11月だったので高校説明会には行けず、先輩にも成国に通っている人がいなくてとても不安だったので出願前に一度学校まで行きましたが、思っていた通りの落ち着いていて かつ 全力で楽しむ雰囲気がとても好きでした。

  • 行事

    文化祭

    私は国際科なのですが、国際科の3年生は3クラス合同でミュージカルをやるのが恒例になっています。 冬休みから7月まで、1から作り上げるのは大変ですが、一生の思い出になります!一度も話したことのない人と仲良くなれるのも魅力です!

  • 勉強

    授業など

    どの授業もスピードが速く、復習は必須。宿題は多いかも…。授業内容は難しいけど、その分先生方が丁寧に教えてくださるので、とても分かりやすいです!授業終わりや休み時間でも優しく教えてもらえるので、きちんと内容を理解できる!

  • 制服

    あり

    スカートは膝丈~膝下厳守! 指定されているカーディガンの色は 白 紺 黒 茶 など結構多めです。 靴下はワンポイントまでと決まっているみたいです。

  • 部活動

    茶道部

    週3回作法室でお点前のお稽古をしています。外部から講師の先生をお招きし、ご指導いただいています。様々なお点前やお道具に触れることができて、とても楽しく日本文化やお茶の世界を学ぶことができます。 また先輩後輩の仲も良く、部の雰囲気はとても良いです。 成田空港や成田山でのお茶会のイベントにも出席しています。

  • 校則

    校則

    髪染め、化粧は禁止。ピアスは事前に届け出があれば大丈夫です。 他と比べると緩めかな?とも思います。

  • アクセス

    アクセス

    最寄り駅から徒歩15分! 近めだけど電車の時間に間に合わないことが多いです。

受験対策

  • 入試対策

  • おすすめゼミ教材BEST3

    受験チャレンジ

    自分の志望校に合わせてカリキュラムが作成されていたのでとても安心して勉強することができた。 中学3年生になったばかりの4月から対策ができたのでまだまだ受検の時期ではない4月からしっかり基礎をおさえることで受検間近になっても焦る事なく勉強できた。

  • 合格までの道のり

    中二 1~3月

    受験は意識していたものの、平日はサボりがちで、定期テストの前に一気に取り組んでいました。

  • 必勝アドバイス

    やる気UPアドバイス

    気分転換は、音楽を聴いたり違う環境で勉強したりする。座ってて疲れたら立ちながら勉強してもいいと思う。ストーブが効いた部屋から寒い部屋に行って勉強するとやる気がでる!【知っトク勉強法】タイマーで時間をはかって、簡単な問題を短い時間でとく。頭の体操になる。 後はワークの答えをオレンジペンで書き込む!赤シートで隠して何回でもできるから本当に便利!

入試本番

  • 入試本番 ~試験編~

    「学力検査」の問題

    国語の記述問題が多すぎて凄く焦った。 記述を飛ばそうと思ったらほとんど全部の問題を飛ばしているような気がしてどうしていいかわからなくなった。 社会ではほとんど全ての事柄を暗記していたのですらすら解ける問題ばかりだった。だから知識で解ける問題が多かったのだと思う。

  • 入試本番 ~会場編~

    会場に着くまで

    高校の最寄り駅まで電車で行った。 着いてからは少し歩いた。 他の受験生もたくさんいて道路は混んでいた。 電車の中から緊張した空気だった。

  • 後輩へのアドバイス

    失敗エピソード

    時間配分をしっかり意識してどんな問題が出題されても焦らずに取り組めばうまくいっていたと思う。 どんなに簡単な問題もしっかり見直しをすればもう少し良い点数が取れていた。 見直しはとても大切だとおもう。 わからない問題をいつまでも解くより見直しの時間にした方がいいと思った。

無料体験教材のお申し込み ×