高校受験合格STORY
すず先輩

京都府
嵯峨野高校・
普通科卒業

龍谷大・法学部

すず先輩

プロフィール写真

嵯峨野高校に、
絶対行きたい。
問題を繰り返し解いて
合格!

先輩のプロフィール
高校入試方式
学力検査型の入試(おもに学力検査と内申書で合否判定)
併願校
(私立)大谷高校
高校入試での内申点
128/135(9教科×5段階)
高校入試での本番点
不明
高校入試時点で取得していた資格・検定
ニガテ科目
数学
進研ゼミ受講履歴
『こどもちゃれんじ』から『高校講座』まで
部活動
中学は吹奏楽部、高校は無所属

嵯峨野高校に、絶対行きたい。
問題を繰り返し解いて合格!

内申点対策

期末テストは
「3週間前から苦手つぶし」

どんな中学校生活を送っていた?
週6で吹奏楽部の活動がありました。しかし、中1の冬ごろから、毎日予習復習をするように心がけ、定期テストも気を抜かずコツコツ頑張っていました。
内申点に不安はあった?
内申点に不安はありませんでした。自分は本番に弱いタイプだとわかっていたので、コツコツ頑張っていました。しかし、内申点がよくても、本番で実力が発揮できなかったらどうしようと不安でした。
内申点対策としてやっていたことは?
授業中にわからなかったことや、覚えるのが大変そうだと感じたことは、常に復習していました。期末テストでは、どの学年においても1週間前からテスト勉強をするというよりも、「3週間前くらいから苦手をつぶしていこう」というふうに勉強していました。
中学校(部活・行事)

志望校選び

嵯峨野高校に絶対行きたい!
中期で合格

高校受験を意識し始めたのはいつ?
中3の4月ごろです。まわりの友達が志望校を考え始めているのを見て、自分もそろそろ考えなければと思い始めました。そして、学校から配られるパンフレットでオープンキャンパスの日などを調べていました。
志望校はどうやって決めた?
この高校と迷っていた!というのはなく、嵯峨野高校に絶対行きたいと思っていました。嵯峨野高校は学校行事も一生懸命頑張り、普段の勉強も切磋琢磨しながら頑張っているということを魅力的に思いました。前期試験で不合格でしたが、コツコツ「進研ゼミ」の問題を解いて、確実に自分の力がついていることを実感。中期試験で合格することができました。
ズバリ、志望校選びで大切なことは?
高校の雰囲気が自分に合っているかどうか知ることだと思います。そのために、オープンキャンパスに積極的に参加したり、文化祭に行ったりしてみるといいと思います。

受験勉強

京都の入試問題に特化した
教材を、何度も繰り返した

受験勉強でつまずいた教科は?
数学です。普段の定期テストでは出てこないような問題があり、対策に困りました。規則性の問題です。これは、問題集を買って徹底的に勉強していました。こういった独自の問題は、難しいけれども、毎年必ず出題されていて、みんな点が取りにくい問題だとわかってから、とくに力を注いでいました。
どうやって乗り越えたの?
入試直前に解いた、<FINAL>という問題集はとても役立ちました。京都の高校入試の問題を徹底的に分析しており、規則性の問題なども掲載されていたので、何回も問題を解いて力をつけました。どの教科も、細かく分析されていたので、何冊も教材を買うよりも1冊を何回も勉強する方がよいと思います。
高校受験を通して身についた力は?
最後まで諦めないことです。私は、毎月模試を受けていたのですが、いい結果が出たことがなく不安になりました、けれど、ただ結果を見るだけでなく、何ができていないかを考え、次に生かせるよう頑張っていました。自分が頑張っていることを自分自身で受け止めて最後まで諦めないことができて、今でもよかったと思います。
受験勉強

高校生活

大学受験科目以外の学習も、
知識になった

あこがれの高校、入学してみてどうだった?
嵯峨野高校では、予習復習に追われる日々でした。しかし、一生懸命頑張っている仲間を見て、自分も頑張ろうと思える、そんな毎日を送ることができました。学校行事でも、夜遅くまで高校に残って一生懸命練習したりして、クラスのみんなと仲が深まったり、高校生でしか味わえないと思えるような体験をたくさんできたと思えます。それは、嵯峨野高校じゃないとできなかったことだと今でも思います。
大学受験に向けて、志望校決定や受験対策としてどんなことをした?
嵯峨野高校は、国公立大志願者が多かったので、自分に必要のない科目もたくさんあり、力を抜くべきなのか迷っていたことがありました。しかし、どの授業の内容も他の科目に通じることがあるということがわかり始めました。倫理の授業中に日本史の授業に通じる問題が出てきたりして、日本史で大学受験する私にとっては、このような見方もあるのかと新しい切り口を見つけ出すことができました。
高校生活

将来の夢

地域発展や人とのつながりに
関する事業に携わりたい

大学で深めたい学びや、大学卒業後の希望の進路は?
現在は法学部で、民法と憲法の基礎を学んでいます。私は、地域発展や人とのつながりなど、自分自身に身近なことに興味を持っているので、卒業後にそういった事業に参加できればいいなと思っています。

志望校合格へのヒント

これから高校受験を迎える中学生にひと言!
高校受験を通して、自分自身を見つめ直すことができます。手を抜けば自分に返ってくるし、一生懸命やると自分に返ってきます。自分自身を成長させることができるのは自分です!
無料体験教材のお申し込み ×