高校受験合格STORY
だふ先輩

東京都
国分寺高校・
普通科卒業

津田塾大・学芸学部

だふ先輩

プロフィール写真

自分が一番行きたい高校へ!
苦手な数学も克服して合格

先輩のプロフィール
高校入試方式
推薦型の入試(主に内申書と面接で判定)
併願校
高校入試での内申点
素内申44/45 換算内申63/65
高校入試での本番点
はっきりとは覚えていませんが、面接と集団討論は満点に近かったです。
高校入試時点で取得していた資格・検定
英検準2級
ニガテ科目
数学
進研ゼミ受講履歴
『中学講座』から『高校講座』まで
部活動
中学は英語部、高校は茶道部とESS部

自分が一番行きたい高校へ!
苦手な数学も克服して合格

内申点対策

苦手な体育は、紙のテストで
高得点を取って評定を上げた
どんな中学校生活を送っていた?
英語部は週2回でしたが、委員会の委員長だったため、そちらの活動で忙しかったです。また、中3のころは校歌の伴奏者も務めていて、ピアノのレッスンのほかにそちらも練習していました。
内申点に不安はあった?
東京都では中3から内申点がみられると聞いて、中3のテストにはかなり力を入れました。私は体育がとても苦手で、とくに技術面の得点が低く、中2までは成績が「3」のこともありました。そのため、私は紙のテストでよい点を取ろうと思い、一生懸命勉強して「4」を取ることができました。また、苦手だった数学と国語は先生に質問しに行って苦手をなくしたため「5」を取ることができました。
内申点対策としてやっていたことは?
授業は毎回まじめに聞き、わからない部分があったらそのままにせずにすぐに先生や友達に質問して、苦手を作らないようにしていました。初めのうちは先生に聞きに行くのに勇気がいりましたが、先生は優しく教えてくれるのでよく聞きに行くようになりました。また、定期テストだけでなく小テストも力を抜かないようにしていました。定期テストでは必ず計画を立てて勉強していました。
中学校(部活・行事)

志望校選び

部活や行事が盛んな
立川高校と国分寺高校で迷った
高校受験を意識し始めたのはいつ?
中1の秋に国分寺高校の文化祭に行き、絶対この高校に入学したいと感じたことがきっかけです。その後ほかの高校も見に行きましたが、国分寺高校に行きたいという気持ちは変わりませんでした。
志望校はどうやって決めた?
中3の夏ごろまで都立立川高校と都立国分寺高校で迷っていました。どちらも部活や行事が盛んで楽しそうだと思っていました。決め手になったのは、国分寺高校が一週間で合唱祭、文化祭、中夜祭、体育祭を行うことでした。1週間に行事が収まっていることでとても楽しめるし、その期間は思いっきり行事に力を入れることができると思ったからです。実際本当に楽しくて最高の思い出になりました。
ズバリ、志望校選びで大切なことは?
中1のころから多くの高校を見ることです。比較することで本当に行きたい高校が見えてきます。高校生活を充実したものにするためにも、自分に合った高校を選ぶことが大事です。

受験勉強

冬休み、時間を測って
数学の演習問題を繰り返し解いた
受験勉強でつまずいた教科は?
私はとくに数学が苦手でした。国分寺高校は自校作成問題を使用するため、私にとっては難しい問題も何問かありました。中3の夏前に過去問を解いたのですが、全然解けなくてとても焦りました。とくに最後の方の図形の問題が苦手で、早く復習しないといけないと気が付きました。
どうやって乗り越えたの?
まず、学校の先生にお願いして、数学の授業のクラスを発展クラスから普通のクラスに変更してもらいました。発展クラスは授業のスピードが速く難易度も高いため、自分にとって理解しやすい授業を受けたいと思ったからです。進研ゼミの教材では、<入試直前FINAL>が一番役に立ちました。冬休みに必ず毎日時間を測って解き、間違えた問題は必ず繰り返し3回は解きました。<入試直前FINAL>は問題数が多すぎなかったので、解くのが嫌にならなかったし、解説がとてもわかりやすかったです。わからなかったらずっと考え続けるのではなく、一定時間を超えたら解説を確認するようにしていました。そのため、入試前には8割以上取れるようになりました。
高校受験を通して身についた力は?
目標を立て、計画を立てて物事に取り組む力がつきました。これは受験勉強に限らないことですが、自分自身の達成したい目標を立て、そのための計画を立てることは大事です。計画を立てることで、今自分が何をしなければならないのかがわかり、だらけずに過ごすことができるからです。私は中学の定期テストのときから計画立てをしていたので、受験が終わるころには簡単に予定を組むこともできました。その力は今でも役に立っています。
受験勉強

高校生活

行事漬けの「一週間」は
本当に楽しかった!
あこがれの高校、入学してみてどうだった?
高校生活は行事漬けでしたが、それが本当に楽しかったです。国分寺高校は一週間で、合唱祭、文化祭、中夜祭、体育祭を行うというハードスケジュールをこなすのですが、その一週間のために、4月からみんなで準備して造り上げたときの達成感はとても大きいです。クラス一丸となって取り組み、よい思い出ができました。勉強も頑張りつつ、思いっきり行事に打ち込めてとても充実した3年間でした。
大学受験に向けて、志望校決定や受験対策としてどんなことをした?
私は合格しても進学しないなら受験する意味がないと考え、受験校を第一志望の国公立大と、私立一般1校、センター利用1校に絞って受験勉強をしました。高1のときからいろんな大学のオープンキャンパスに通い、自分が学びたいと思ったことが学べる大学を選びました。進研ゼミの教材では、<エンカレッジ>で初めて知ったことを自分のノートに書き込んだりして、自分だけのノートを作っていました。
高校生活

将来の夢

教養を身につけて、
周囲があこがれる人になりたい
大学で深めたい学びや、大学卒業後の希望の進路は?
私の将来の夢は、周囲があこがれる人になることです。そのため、大学ではさまざまな教養を身につけたいと考えています。英語英文学科のため、メインは英語なので、英語の科目に重点を置き、大学生のうちに英検1級取得を目指しています。また、第二外国語のフランス語も身につけたいです。大学生のうちに自分磨きをしたいと思っています。

志望校合格へのヒント

これから高校受験を迎える中学生にひと言!
メリハリが大事! 疲れたらしっかり休んでまた勉強しよう! 高校受験の勉強は高校でも絶対役に立ちます、無駄にはなりません! 自分が一番行きたい高校に進学しよう!
合格の秘訣
無料体験教材のお申し込み ×