高校受験合格STORY
ろん先輩

東京都
清瀬高校・
普通科卒業

立教大・法学部

ろん先輩

プロフィール写真

塾に行かず進研ゼミだけで高校受験
自分に合う方法を模索しながら勉強した

先輩のプロフィール
高校入試方式
学力検査型の入試(主に学力検査と内申書で合否判定)
併願校
東洋高等学校
高校入試での内申点
36/45
高校入試での本番点
380/500
高校入試時点で取得していた資格・検定
英検3級
ニガテ科目
数学
進研ゼミ受講履歴
『小学講座』から『高校講座』まで
部活動
中高ともに女子バスケットボール部

塾に行かず進研ゼミだけで高校受験
自分に合う方法を模索しながら勉強した

内申点対策

「必ず巻き返す」と心に決めた
中2の三者面談
どんな中学校生活を送っていた?
部活を引退する中3の6月までは部活中心の生活で、勉強時間がなかなかとれませんでした。中2のときはとくに勉強時間が確保出来ない上に、勉強内容も難しくなるので大変でした。
内申点に不安はあった?
中2の秋に、三者面談で先生から言われた「このままの成績だと、志望するレベルにはちょっと……」という一言がきっかけで、内申をとても気にするようになりました。行きたい高校はしっかり決めていませんでしたが、行きたいレベルの高校には当時の内申点では到底届く見込みが見えず、不安に感じていました。しかし、都立高校は中3の成績が内申点に影響する制度だったので、巻き返そうという思いに燃えました。
内申点対策としてやっていたことは?
提出物と、テスト勉強を頑張りました。中2まで、この当たり前のことができておらず、提出物も出さないで怒られることがよくありました。提出物は忘れないように学校でやるなど工夫しました。定期テストは高得点を狙うため、ワークの隅々までやりました。時間があれば2周したりすることもありました。また、一夜漬けはしたくなかったので、苦手な教科と得意な教科の時間配分に気をつけて、限られた時間の中で効率よく勉強しました。
中学校(部活・行事)

志望校選び

出願直前まで迷った志望校は、
校風が合う方に決めた
高校受験を意識し始めたのはいつ?
中2の秋の三者面談で、高校受験の話が出てきてから、意識するようになりました。中2の秋からいろんな高校について調べるようになり、中3の夏まで授業体験や部活体験にたくさん行きました。
志望校はどうやって決めた?
出願の直前まで、井草高校と清瀬高校で迷っていました。井草高校は明るい校風で、清瀬高校は自然に囲まれた落ち着いた校風でした。最終的には、清瀬高校の方が校風が自分に合っていて、気の合う生徒が多そうだということと、部活が盛んということが決め手となりました。この高校は自分にとても合ってると感じ、とても楽しい高校生活を送ることができました。
ズバリ、志望校選びで大切なことは?
実際に行ってみることが重要です。実際に行き、生徒を見ることで高校の校風がわかると言っても過言ではありません。自分に合う校風が1番だと思います。

受験勉強

数学はまず基礎固めに徹し、
後半は図形に取りかかった
受験勉強でつまずいた教科は?
数学は、中2の夏に5段階で「2」を取るほど苦手だったので、中3になり、都立高校の過去問を解くときにとても苦労しました。最初の基本的な小問集合でさえもケアレスミスをよくしていました。また後半の文章問題は図形の出題率が高く、図形が苦手だった私にとっては大変でした。
どうやって乗り越えたの?
都立高校の数学は、基本的な問題だけで約半分が取れるというものだったので、とにかく基礎固めに徹しました。簡単な問題は絶対落とさないよう、進研ゼミのあらゆる教材を利用しました。ある程度解けてきたところで、後半の図形に取りかかりました。進研ゼミには、類似問題もたくさん載っていたので、必死にやりました。解説だけでもわかりやすいので、参考書として使うこともできました。数学は解く順序を流れで覚えるのが大事だと思うので、わからない問題もヒントや解説を見ながら解きました。
高校受験を通して身についた力は?
自分で計画して継続的に努力し続ける力が身についたと思います。塾に行かず、進研ゼミだけで高校受験をしたので、自分に合う方法を模索しながら勉強したことは今にも活かされています。私の場合、出願直前まで志望校がはっきりと決まっていなかったので、モチベーションが下がるときもありましたが、忍耐強く走りきることができたことは自分にとってとてもプラスとなりました。
受験勉強

高校生活

高2の冬には志望大を決め、
受験3教科を毎日対策
あこがれの高校、入学してみてどうだった?
部活に入り、毎日打ち込むことができました。よい先生、仲間、友達、先輩後輩に恵まれ、毎日がとても楽しくて充実した3年間でした。クラスでも仲のよい友達がたくさんできました。今でも関わる多くの先生や先輩後輩、仲間や友達がいることは大きな財産です。
大学受験に向けて、志望校決定や受験対策としてどんなことをした?
高2から志望大について考え始め、冬にだいたい決めることができたので、受験に対する意識が高まりました。志望大の受験科目は3教科でしたが、苦手な教科ばかりだったので、少しの時間も無駄にしないように気をつけました。3教科とも『高校講座』をとり、朝早起きして毎日のように取り組みました。
高校生活

将来の夢

公務員や教育に関わる仕事がしたい
大学で深めたい学びや、大学卒業後の希望の進路は?
現在は日本や外国の政治学を専攻としています。それに加えて、副専攻で韓国語も履修しています。教職課程も取っているため、心理学にも興味があります。卒業後はまだ決まっていませんが、公務員や教育に関わる仕事を考えています。

志望校合格へのヒント

これから高校受験を迎える中学生にひと言!
君なら大丈夫! 頑張る君には楽しい高校生活が待ってるよ!
無料体験教材のお申し込み ×