高校受験合格STORY
まよ先輩

東京都
成立学園高校・
難関私大コース卒業

明治大・理工学部

まよ先輩

プロフィール写真

第一志望校ではなかったけれど
私立高校の手厚いサポートで大学受験に臨めた

先輩のプロフィール
高校入試方式
学力検査型の入試(主に学力検査と内申書で合否判定)
併願校
高校入試での内申点
不明
高校入試での本番点
不明
高校入試時点で取得していた資格・検定
英検準2級、漢検3級
ニガテ科目
理科、社会
進研ゼミ受講履歴
『こどもちゃれんじ』から『高校講座』まで
部活動
中学はバレーボール部、高校は吹奏楽部

第一志望校ではなかったけれど
私立高校の手厚いサポートで大学受験に臨めた

内申点対策

苦手対策よりも、
得意教科を「5」にしたい
どんな中学校生活を送っていた?
放課後は週6で部活があり、部活がある日は全く勉強ができない状況でした。テスト前や、部活のない日にまとめて復習をしていました。
内申点に不安はあった?
中3の4月に自分の行きたい高校が決定したので、その時に内申点を意識するようになりました。成績はあまり良くありませんでした。私は、苦手だった社会を伸ばすのではなく、得意だった数学を5にすることを目標に勉強を進めていました。
内申点対策としてやっていたことは?
苦手教科の社会は、定期テストでよい点を取ることが難しく、平均点を取ることで精いっぱいだったので、提出物やノートチェックはしっかり取り組むようにしていました。得意教科の数学は、苦手な分野だけを進研ゼミの<定期テスト予想問題>で対策していました。
中学校(部活・行事)

志望校選び

高校見学をして、自分の送りたい
高校生活をイメージできた
志望校はどうやって決めた?
第一志望校だった豊島高校は自由な校風や家からの距離が近かったこと、自分好みの制服だったことが魅力でした。決め手になったのは、中3の秋に文化祭に行ったとき、偶然同じ中学出身の先輩がいて、相談にのってもらったことです。
ズバリ、志望校選びで大切なことは?
自分の送りたい高校生活がその高校でかなうかどうかを考えて選ぶことが大切だと思います。実際にその高校に行ってみて、イメージするといいと思います。

受験勉強

毎日苦手な問題に触れ、
解ける問題を増やした
受験勉強でつまずいた教科は?
高校受験でつまずいた教科は、理科と社会でした。もともと苦手だったのですが、中3の夏に模試を受けて志望校との差を見てみると、明らかに理科・社会の偏差値が足りなかったのでかなり悩みました。
どうやって乗り越えたの?
部活を引退してからは、毎日苦手な問題に触れるようにしていました。苦手分野は、進研ゼミの教材を使って、できるだけ解ける問題を増やしていきました。進研ゼミの<定期テスト予想問題>はよく当たるので、活用していました。
高校受験を通して身についた力は?
1つのことに全力で挑むことの大切さ、努力して失敗したときの悔しさを学びました。この失敗を糧に大学受験を頑張ることができました。
受験勉強

高校生活

私立高校ならではの手厚いサポート
あこがれの高校、入学してみてどうだった?
合格したのは第一志望の高校ではありませんでしたが、高校に通ってみて、自分にはこの高校が合っていたんだと思いました。私の通った私立高校は手厚いサポートをしてくれるので、すぐ怠けようとする自分にはかなりいい高校でした。塾に行っている人も少なく、自習スペースもたくさんあったので、環境はとてもよかったです。
大学受験に向けて、志望校決定や受験対策としてどんなことをした?
文系科目が苦手だったこともあり、自分の志望大とのギャップを考えたら私立専願が自分には合っていると思いました。高2からは大学受験に必要な科目だけを頑張っていました。成立学園高校には自習スペースが多かったので、高2の秋からは毎日20時まで勉強していました。
高校生活

将来の夢

空間デザインを勉強中
大学で深めたい学びや、大学卒業後の希望の進路は?
これからは空間デザインが学べる研究室で将来に役立つことをしていきたいと思っています。

志望校合格へのヒント

これから高校受験を迎える中学生にひと言!
志望校合格ももちろん大切なのですが、そこまでの過程で計画を立てて実行することや努力することが、必ず自分のためになっていきます! 素敵な未来になるように応援しています!!
無料体験教材のお申し込み ×