高校受験合格STORY
じゅり先輩

大阪府
好文学園女子高校・
普通科(特別進学コース)卒業

武庫川女子大・文学部

じゅり先輩

プロフィール写真

中3の秋まで
吹奏楽部に集中。
切り替えて追い上げ合格

先輩のプロフィール
高校入試方式
学力検査型の入試(主に学力検査と内申書で合否判定)
併願校
高校入試での内申点
不明
高校入試での本番点
不明(得点開示なし)
高校入試時点で取得していた資格・検定
英検3級、日本語検定4級
ニガテ科目
社会
進研ゼミ受講履歴
『こどもちゃれんじ』から『高校講座』まで
部活動
中学は吹奏楽部、高校は合唱部

中3の秋まで吹奏楽部に集中。
切り替えて追い上げ合格

内申点対策

定期テスト対策と、授業には
意欲的に参加
どんな中学校生活を送っていた?
放課後は週5で部活があり、中2の秋からは部長とパートリーダーをしていました。平日の勉強といえば宿題をやること。進研ゼミは休日に使用していました。
内申点に不安はあった?
内申点の上げ方がいまいちわからず不安に思ったことがありますが、定期テストで少しでもよい点数を取ることが評定UPに繋がる可能性があるはず! と考えて、テスト対策を頑張りました。
内申点対策としてやっていたことは?
定期テスト対策以外には、やはり授業態度です。授業にきちんと参加していると伝わるように、先生の目を見て授業を聞いたり、ノートをきれいにまとめたりするよう心がけていました。
中学校(部活・行事)

志望校選び

大学進学まで考えて、
私立専願受験に挑戦
志望校はどうやって決めた?
当初は自分の偏差値に見合った公立高校を受験しようと考えていましたが、当時から大学進学を希望していた私の目には好文学園の特進コースの大学合格実績が魅力的に映り、勉強が大変なことは覚悟の上で「可能性に賭けて、チャレンジしたい!」と考えて私立専願受験をしました。また、通学時間がかなり短いことも決め手になりました。
ズバリ、志望校選びで大切なことは?
「その高校に通っている自分」を想像することです。偏差値だけで判断するのではなく、例えば、制服があるのか、通学時間はどれくらいか、などまで具体的に。実際に高校へ行って、疑問を解消することが大切だと思います。

受験勉強

用語は完ぺきに覚え、疑問点は
時代背景から理解を深めた
受験勉強でつまずいた教科は?
中3になってすぐ、日本史の実力テストでつまずいてしまいました。それまでの定期テストでは限られた範囲のみから出題されていた問題が、範囲が一気に広がったことで忘れてしまった用語がたくさん…。自分の記憶力の低さに焦りました。
どうやって乗り越えたの?
実力テストや入試にも、進研ゼミの定期テスト対策教材はとても役立ちました。なぜなら、重要な箇所だけが厳選されて載っているから。英単語を覚えるように<暗記BOOK>を活用していました。わからなければチェックや付箋をつけて、全てのチェックと付箋がなくなるまでひたすら熟読していました。そして、日本史は流れを覚えることも重要です。少しでも疑問に思うことがあれば進研ゼミのテキストに戻って、時代背景を捉え直して理解できるよう頑張りました。
高校受験を通して身についた力は?
今やるべきことを判断する力と、切り替えをする力。夏に部活を引退する子がほとんどの中、吹奏楽部の部長として、秋は部活がこれまで以上にとても忙しくなりました。どんどん受験モードに入る周囲に焦ることもありましたが、「今は3年間の集大成だから」と部活に集中。おかげで悔いなく頑張ることができ、今でも大切な思い出ができました。もちろん、引退の公演が終わったら勉強に集中! 切り替えが大切だと実感しました。
受験勉強

高校生活

20人弱のクラスメートと過ごした
濃い3年間
あこがれの高校、入学してみてどうだった?
私が入学したコースは、なんとクラスメートが20人弱と少人数でした。女子校だったこともあり、3年間同じクラスメート、同じ担任の先生と過ごした時間は想像以上に濃く、今でもよい思い出です。大切な友人がたくさんでき、人に恵まれた高校生活を過ごすことができました! また、クラスメートと切磋琢磨して大学受験を乗り越えたこともよい経験になりました。
大学受験に向けて、志望校決定や受験対策としてどんなことをした?
高1のころから毎日1時間以上は勉強することを決め、実行していました。また、志望大はギリギリまで決めきらず、科目を絞りこまずにセンター対策として5教科7科目の勉強も頑張っていました。結局センター試験の結果を受験に使うことはありませんでしたが、受験生としてこれらの科目の勉強を頑張った経験は、今でも活きています。(大学の英語のクラス分け、一般教養の成績など)
高校生活

将来の夢

教員免許取得をめざして
勉強中!
大学で深めたい学びや、大学卒業後の希望の進路は?
小学校から高校までの教員免許取得をめざして頑張っています。今はまだ採用試験を受験する校種までは決めていませんが、中高なら担当科目である国語の専門性をより高めること、小学校なら他科目の授業スキルの向上をめざして、これからも一つひとつの授業を大切に勉強していきたいと思っています。

志望校合格へのヒント

これから高校受験を迎える中学生にひと言!
「志望校に通っている自分」をイメージして、毎日できることをできるだけやろう! 頑張ってください!
無料体験教材のお申し込み ×