滋賀県 石山高校
先輩体験談

i

・ここで紹介している体験談は一人の先輩が自分の体験を通して、先輩の主観をもとにして書いたレポートです。
・表示している内容は、先輩が体験談を書いてくれた時点の情報です。最新の情報は各学校のWebサイトなどでご確認ください。

閉じる

高校生活

  • 大自慢

    2015年に新校舎になって気持ち良く勉強ができます。部活では近畿大会に、出場している部活も多く、勉強でも県内で上位の成績です。また、県内では珍しく音楽科がある学校で音楽ホールで音楽の授業を受けることができます。様々な楽器が体験でき、音楽科の人たちによる定期演奏会も聴くことができます。友達と教えあいながら切磋琢磨し自分の実力を伸ばせるのでいいです!

  • 高校選択の決め手

    偏差値が石山高校のレベルに達していたからいきたいと思い、石山高校を選択しました。また、オープンスクールで、先生と生徒の雰囲気がとても良かったのもこの高校に行きたいという理由のひとつです!

  • 行事

    文化祭

    1年は出し物、2年は劇、3年は模擬店をします。それぞれの学年、そしてそのクラスで内容が変わってくるので飽きることなく楽しむことができます。また、何をするのか自分たちで決め、それが終わった時は達成感で泣いてしまう人がいるぐらい最高な文化祭です。

  • 勉強

    授業など

    50分授業で10分休憩でほとんどの中学校と時間は一緒だと思います。でも、授業は難しい内容を速いスピードで行うので黒板を写すだけで終わってしまっている人も多くいます。また、予習はどの教科でもしておく必要がありサボると授業の内容が全く分からなくなります。でも、先生に積極的に質問していき、友達と相談しながら勉強すると勉強に心配する必要はありません。宿題も多いので、家に帰って疲れて眠る前にしておくと良いです。

  • 制服

    あり

    制服の上に他の服を着ることはできないので中に暖かい服を着て冬を過ごしています。

  • 部活動

    男子ソフトテニス部

    部活動はほとんど毎日あり、ストイックな人にオススメです。女子ソフトテニス部の人と1面、2面コートを1日ごとに交代しながら使うので1面の日は、学校の周りを前衛、後衛で分かれて5周ずつタイムを計って走ります。走るのは疲れますが、体力がつくので頑張ることができます。また、ソフトテニスの練習では、前衛、後衛で試合に必要となるプレーは何か考えながら限られた時間を効率的に練習しています。形式練習もしているので、試合のような練習もできます。練習試合も多く、先輩も親しみやすい人がたくさんいるのでぜひ入ってください。

  • 校則

    校則

    校則は緩く10分休憩のときにスマホを使うことができます。でもゲームなどはもちろんしてはいけません。場合によっては先生が授業中にスマホを許可してスマホを使って勉強することもあります。

  • アクセス

    アクセス

    京阪電車とJRの電車を使う人がほとんどでJRの電車からは距離は15分ぐらいで坂は緩やかです。京阪電車からは10分ぐらいで着きますがとても急な心臓破りの坂があります。

受験対策

  • 入試対策

    投稿された体験談はありません。

    まだ、この項目に投稿された体験談はありません。他の項目をご確認ください。

  • おすすめゼミ教材BEST3

    入試によく出る基礎シリーズ

    カバンに収まるサイズで、重要なことが素早く確認できるから、受験当日まで持っていきました。

  • 合格までの道のり

    投稿された体験談はありません。

    まだ、この項目に投稿された体験談はありません。他の項目をご確認ください。

  • 必勝アドバイス

    やる気UPアドバイス

    やる気が出ない日は、1日中何もしない日を作るのも大切だ! そうすると脳から無駄な情報が排出され、翌日脳がリフレッシュした状態で勉強に臨めるよ!【知っトク勉強法】語呂合わせで覚えるのが楽だよ!

入試本番

  • 入試本番 ~試験編~

    「学力検査」の問題

    例年とはガラッと変わった問題構成で、英語は大問1の4が簡単な英作文に、数学は大問4等の証明や図形問題が難化していた。国語は変化無し。社会、理科の記述が増加し時間をとられた。

  • 入試本番 ~会場編~

    会場に着くまで

    石山駅から高校まで行くルートは徒歩と京阪の2つ。徒歩だと30分位かかり、緩やかな坂を登っていくので体力消耗は激しい。京阪は急な坂を登る必要があった。どちらにしろ早めに行く方がいい。

  • 後輩へのアドバイス

    入試直前の心がまえ

    点を取るには小問集合や一問一答を確実に解く力が必要なので、基礎基本を積み重ねる事が大事。応用問題はその後でも遅く無い。もし前日寝られなくても、横になって目を瞑るだけで疲れが取れる。

Twitter LINE はてなブックマーク
ページ上部に戻る
無料体験教材のお申し込み ×